HOME > 政治・社会 > 障がい者支援ピンチ 10月より給付金10%以上カットも

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年09月29日 09:51

障がい者支援ピンチ 10月より給付金10%以上カットも

(一社)障害者自立支援協会 荒牧 功一 理事長

(一社)障害者自立支援協会
荒牧 功一 理事長

 2015年10月より障がい福祉サービスの報酬が改定される。障がい者支援施設を運営する事業者には非常に深刻な事態となるようだ。改定は多岐にわたるが、就労継続支援A型事業所(以降、A型事業所)について言えば、利用者が5時間以上勤務できない場合は10%以上の減算となる。つまり、国からの給付が10%以上カットされるということだ。外部収入が少ないA型事業所の多くは給付金で運営されており、採算ぎりぎりでやりくりしているのが現状だ。社会保険の加入もあり、多くの事業所が5時間未満の短時間雇用契約を結んでいる。稼げる事業所でなければ、生き残れないともいえる。

 (一社)障害者自立支援協会の荒牧功一理事長は「国が基準を厳しくした背景には、障がい者支援が貧困ビジネス化していることにある」と言う。運営を給付金に頼りきり、障がい者が働かなくとも事業者が利を得るケースが多いためだ。「名ばかり事業所も多く、理事長がベンツを乗り回している。そんな話も耳にする」と荒牧氏。給付金は国民の血税である。企業努力なしの給付に頼りきった運営ではいけないだろう。しかし、そういった本来目的にはそぐわない事業所を先に閉鎖させるべきだ。

 さらに同氏はこう続けた。「現在の国の方針では、「障がい者の賃金は外部収入で賄うように」となっている。しかし、必死でアイデアをひねり出して外部収入を増やそうと努力しているところでさえ、まともに外部収入を増やせないのに一般の事業所はどうなるのか。また、この状況に行政は外部収入を増やす指導、助言をしていない。それをせずに、一律に事業所の運営を圧迫する条件の締め付けを行うのはおかしいのでは。」

 とにもかくにも、10月には報酬改定が行われる。A型事業所の閉鎖・廃業が相次ぎ、働きたくても働けない障がい者が増えるのではないか。そう危惧される。

【東城 洋平】

▼関連リンク
・平成27年度報酬改定等について(福岡市保健福祉局障がい者部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年04月29日 07:00
NEW!

29日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 29日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「SAPPHIRE PRINCESS」(定員3,286人)で、午前8時に入港し、午後10時に上海へ向け出港する予定となっている。 ...

2017年04月28日 14:30

東京ディズニーリゾート、初の3,000万人割れ。その原因は

 東京ディズニーリゾート(TDR。東京ディズニーランドと東京ディズニーシー)を運営する(株)オリエンタルランドは、2018年3月期の見込み入場者数が2,950万人に留まる ...

2017年04月28日 11:41

戻ってきた「てるちゃん」、中央区赤坂に店舗でオープン!

約1,300名が存続を望んだ憩いの場  福岡市の屋台基本条例で3月末に廃業を余儀なくされた屋台のうち、中央区赤坂で営業していた屋台「てるちゃん」が4月27日に店舗「赤坂屋 ...

2017年04月28日 10:52

トイレ空間を守る「住まいるリフォーム隊」がWEBに出動!~メディアクロス(株)

老舗電気工事業者の新サービス  創業45年の電気工事業者、第一電建(株)(福岡市博多区)が新たに手がけるトイレリフォーム専門の新サービス「住まいるリフォーム隊」。その専用 ...

2017年04月28日 10:04

商工中金の不正融資、行政処分へ

 政府系金融機関の商工組合中央金庫(以下、商工中金)が、国の制度融資で不正な貸付を行った問題で、経済産業省と財務省は商工中金に対し、行政処分を科す検討に入ったことがわかっ ...

イベント情報

開催日:2017年5月3日(水・祝)~5月7日(日)

糸島便り、白糸の滝で涼とやまめをGET

開催日:2017年6月23日(金) 午後6時30分

世界を駆ける芸術家の融合

pagetop