HOME > 政治・社会 > 産廃処分場問題、嘉麻市で住民らが決起集会

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年06月06日 14:14

産廃処分場問題、嘉麻市で住民らが決起集会

熊ヶ畑産廃訴訟原告団団長・笹尾正氏は「四半世紀にわたっていい加減な産廃処分がなされてきた。がんばっていきたい」と決意を述べた

熊ヶ畑産廃訴訟原告団団長・笹尾正氏は
「四半世紀にわたっていい加減な産廃処分がなされてきた。がんばっていきたい」と決意を述べた

 5日、嘉麻市「生命の水を守る会」(以下、守る会)が嘉麻市内の山田市民センターで「『熊ヶ畑』産廃訴訟決起集会」を開催した。守る会は、嘉麻市内にある産業廃棄物の最終処分場が雨水を汚染して水道の原水となる地下水に流れ込んでいると指摘し、将来にわたって地域住民の環境と生命、健康が侵される可能性があると主張。最終処分場の所有会社(以下、処理業者)と許認可権を持つ県を相手取り、それぞれ訴訟を起こしている。処理業者は現在の処分場の周辺の土地も所有しており、今後、拡張がなされる予定であるとして、その阻止に向けて一致団結して立ち向かうために、決起集会を開いた。

 守る会は決起集会のなかで、処理業者が安定型処分場に許可されていない品目の産業廃棄物を埋め立てる法や決まりを逸脱した会社であるとし、処理業者の操業中止、県への拡張許可取り消しを求める決議文の採択を行った。また、守る会の訴訟代理人を務める弁護団の1人、高橋謙一弁護士は「最大の目標は処分場が皆さまの未来を侵害することがないようにすること。裁判所は処分場が安全という立場をとったうえで和解案を提示したが、処分場が危険という立場をとる皆さまは『この程度の和解では手を打つことはできない』と判断した。皆さんががんばっている限り、今より悪くなることはない。大変とは思うが、戦っていこう」と述べた。

 決起集会には、多くの嘉麻市民が田植えの時期という多忙な合間を縫って参加。守る会の主張に耳を傾けていた。

弁護団の1人・高橋謙一弁護士

弁護団の1人・高橋謙一弁護士

決起集会には多くの嘉麻市民が集まった

決起集会には多くの嘉麻市民が集まった

【柳 茂嘉】

▼関連リンク
・嘉麻・産廃拡張許可取り消し訴訟で弁論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年07月26日 15:38
NEW!

九州北部豪雨 ボランティアは熱中症に注意

 7月26日の朝倉市は、同市で避難所・ボランティア活動にかかわっている人の救急搬送が15件発生したと発表した。そのうち、ボランティア活動中の熱中症は12件。  福岡県、大 ...

2017年07月26日 15:21
NEW!

九州北部豪雨、データ・マックスも義援金を送る

 26日、データ・マックスは朝倉市に義援金として30万円を贈った。弊社の鹿島譲二執行役員が同市役所を訪れ、朝倉市福祉保健部・福祉事務所の田中一孝所長に手渡した。なお、弊社 ...

2017年07月26日 15:04
NEW!

空き家対策モデル事業 27団体に決定

 全国には820万戸の空き家がある(市場流通分を含む)。今後、世帯数の減少にともない、空き家が増加するとの予測もある。深刻さが増しつつある空き家問題の対策のために国交省は ...

2017年07月26日 14:21
NEW!

新築物件情報 祇園のホテルと住吉のマンション

 福岡市博多区エリアで新築予定の物件から、主なものを紹介する。  博多区祇園町、「ダイワロイネットホテル博多祇園」そばで建設予定となっているのが、「(仮称)祇園町-149 ...

腑抜けの集団の自民党、勢力とはいえない野党(前)

SNSI・副島国家戦略研究所 中田安彦 2017年7月25日  安倍政権の支持率が急低下を続ける中、24日、25日の2日にかけて、安倍晋三総理大臣を交えての国会の閉会中審 ...

pagetop