HOME > 企業・経済 > 一般 > 数量間違え、落札辞退 指名停止に

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月16日 14:10

数量間違え、落札辞退 指名停止に

 福岡市の競争入札において、数量を間違えたことで落札した業者が契約を辞退し、指名停止となった事例が発生した。指名停止となったのは、家電販売、電気工事の「やの電器商会」(所在地:福岡市中央区、矢野彰道代表)。福岡市は2月10日、競争入札参加停止措置を発表。期間は2月6日から2カ月となっている。

 この入札で福岡市が発注したのは、「SD/CDレコーダー外11件」。同社が最低価格で落札したが、後日辞退を申し出た。辞退理由は「入札した金額を誤ったため」であった。

 なぜ金額を誤ったのか。福岡市財政局に話を聞いた。

 理由は「外11件」のうちの「CDポータブルシステム」の数量にあった。今回、市が発注したのはCDポータブルシステム25台だった。しかし、同社は25という数字を見落とし、1台で金額を見積もっていた。当然、競合する他社よりもずいぶん安い入札額となり、落札はできたものの赤字は免れない。これが辞退理由だ。

 同社入札額は39万5,000円、次点は66万6,000円。5社が応札していたという。今回の注文は、特段珍しいものではない。同社は長年、福岡市の入札に参加しており、納入実績も豊富なベテラン選手だ。このような間違いはよくある話のようだが、ケアレスミスは誰にでも発生する。油断は禁物だ。

【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年02月23日 17:56

福岡空港基金条例案、本会議でも否決

 福岡市議会定例会は23日に行われた本会議で、福岡市側が提出した「福岡空港未来基金条例案」を否決した。同条例案は、前日22日に行われた常任委員会でも否決されており、本会議 ...

『ハゲタカ利益の成長』が目的の『成長戦略』

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、トランプ米大統領の拒否でとん挫したかに見えるTPPについて、その再発動 ...

2017年02月23日 14:51

流通パニック、危機水域へ。ヤマト運輸労組、荷受量抑制を要望

 宅配便最大手のヤマト運輸の労働組合は、2017年の春闘で宅配便の荷受量抑制を求めた。宅配ドライバーの人手不足やアマゾンをはじめとする通販市場が拡大したため、ヤマト運輸な ...

2017年02月23日 14:34

福岡県議会議員 原中まさし氏 「新春のつどい」開催

 2月22日(水)、西日本新聞会館「天神スカイホール」で、福岡県議会議員の原中まさし氏が「新春のつどい」(県政報告会)を開催した。  会場には、来賓の駐福岡大韓民国総領事 ...

2017年02月23日 14:10

九州地銀の2017年3月期(第3四半期決算)を検証(5)

 これから九州地銀(18行) の2017年3月期 第3四半期の総預金残高を検証していく。【表1】を見ていただきたい。 この表から見えるもの ◆総預金残高において、2016 ...

pagetop