HOME > 企業・経済 > 一般 > 建設会社の安全大会にみる グローバル化の波

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年06月28日 16:11

建設会社の安全大会にみる グローバル化の波

 グローバル化の波は大手企業だけの話ではない。地場建設会社でも国際化は進んでいると実感させられた。

 6月24日、「おおはまグループ」(本社:福岡市東区、大濱鉄也代表)の「平成29年度安全大会」が開催された。同グループは建設業の(株)大濱組を中核企業とし、ホテル、飲食、介護、農業、人材派遣など10社以上で構成されている。会場となったホテルには、各事業における協力業者70社以上が集まった。

 安全大会の中身は国際色豊かだった。事業部のグループ発表では、外国人技能実習生受入事業を行う「グローバル協同組合」の福元伸一専務理事が発表。ベトナム人人材の大濱組での活躍を例に、制度の説明やメリット、サポート体制について説明がなされた。

 同グループでは、現在21名(6月24日時点)の技能実習生が在籍。定期的な受け入れを実現することで、人手不足の深刻な建設業界にあっても、安定した施工能力を維持できているという。

 また、海外事業部「Ohama Raya Indonesia」(インドネシア法人)在籍の4名が来日。安全大会で登壇し、安全優良表彰を受けた。このほか、技能実習生部門として、大濱組在籍のベトナム人技能実習生6名も表彰を受けるなど、国際人材の活躍ぶりが披露された。

 同グループは、熊本県で技能実習生受入事業を行う「セントラルワーク協同組合」のほか、ベトナム、インドネシア、モンゴルに海外法人を設立している。

 人手不足が叫ばれているなか、対応が遅れている地場建設業者は多い。建設業者自らが、技能実習生受入事業を主導的に行っているケースは珍しく、「おおはまグループ」の取り組みがいかに先進的であるかがわかるだろう。

【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年10月19日 14:05
NEW!

【2017衆院選・福岡】「壊し屋2(人)」のねらいはレッド・パージだった~リベラル派粛清で一気に進む憲法改正

 選挙戦も終盤に入り、既報の通り自民党圧勝の公算が高まっている。前の記事では今選挙における小池百合子・前原誠司の両氏を、「国難=安倍政権」延命を許した「戦犯」とみなして断 ...

2017年10月19日 13:31
NEW!

どうなる?久留米・欠陥マンション裁判(4・終)~専門家インタビュー

 福岡県久留米市の分譲マンション「新生マンション花畑西」の構造・施工の欠陥を巡り、設計事務所と施工業者(鹿島建設)に損害賠償を求めた裁判は、まもなく、結審を迎える見込みで ...

2017年10月19日 12:05
NEW!

佐藤食品工業、「サトウのごはん」 発売以来初の値上げへ

 佐藤食品工業(株)(本社:新潟市東区、佐藤元代表)はこのほど、11 月 21 日の出荷分から、包装米飯商品の一部の希望小売価格を値上げすると発表した…(⇒つ ...

2017年10月19日 11:33
NEW!
志位和夫委員長

【2017衆院選・福岡】「これほど憲法をないがしろにした政権はない」共産・志位委員長

 18日夕、日本共産党の街頭演説会が博多駅前で開かれた。小雨がパラつくなか、かねてからアナウンスされていた志位和夫委員長の来福を待つ人々が博多口の広いスペースを埋め尽くす ...

若き日のヒュー・ヘフナー氏

プレイボーイ創業者ヒュー・ヘフナーを偲ぶ(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 アメリカの大衆文化を変えた男、ヒュー・ヘフナー  アメリカの文化に革命的インパクトを与えたといっても過言ではないヒュー・ヘフナーが亡くな ...

pagetop