HOME > 懲りない自称「東大卒」男、婚活サイトで利用者探し~障害福祉事業所「MAXY」・老田善弘氏

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月16日 14:47

懲りない自称「東大卒」男、婚活サイトで利用者探し~障害福祉事業所「MAXY」・老田善弘氏

 疑惑の障害福祉事業所代表として、NetIB-Newsでたびたび報じてきた「MAXY」の老田善弘氏。同氏が婚活サイトを通じて、経歴を偽り、言葉巧みに利用者や出資者を募っていたのは既報の通りだが、いまだに同じ手口で利用者探しを続けていることが判明した。

※クリックで拡大

 「障がい者を食い物にしている。許せない」――そう憤るのは、NetIB読者Aさん。

 Aさんは婚活サイトのプロフィール上で、障害を持っていることを記載していたところ、ある男性からメッセージが届いた。「障害に理解があります。おいしいものでも食べに行きましょう」――下心満載の言葉で近づいてきたのが、自称「東大卒報道カメラマン」こと老田善弘氏だった。障害に理解のある職場への就職を希望していたAさんに対し、老田氏は「基本給に加えて、(自身の)ポケットマネーから上乗せする」という、一般的には考えられない高待遇を提示し、勧誘してきたという。最初はその厚遇に興味を示したが、ほかと比較すると、あまりにも条件が良すぎることに疑問を抱いたAさんは、老田氏の告げた事業所名などを調べたという。そこで、発見したのが、NetIB-Newsの既報記事だった。最新記事の「プリウス差し押さえ」についても、読んでいたのである。

 やり取りは続く。「今、車を点検に出している。来週戻るから、車で送り迎えする」と告げる老田氏に対して、Aさんは差し押さえの事実を突きつけた。すると老田氏は狼狽し始め、ついに嘘を認めて謝罪したという。「障害に理解があるというが、偽りばかり。結局は障がい者を利用しているとしか思えない」とAさん。愛車をなくしてもめげずに「ネットナンパ」に精を出す老田氏。その性懲りの無さは、もはや病的だ。老田氏よ、やることなすこと、すでに「詰んだ」ことに早く気づいてはいかがか。

▼関連記事
・「MAXY」記事一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年04月20日 17:05

山口銀行前頭取、故福田浩一氏葬送~広島

 2月18日に脳腫瘍で亡くなった山口フィナンシャルグループ(FG)前社長・会長(山口銀行前頭取・会長)の福田浩一氏(享年65歳)の「お別れの会」が4月11日、山口FGの本 ...

2018年04月20日 16:34

小倉のコレット前で男性が死亡

 福岡県警によると20日、午後2時24分、小倉北区の百貨店「コレット」前で男性が倒れているのを工事作業中の男性が発見。その場で死亡を確認したという。  現在、身元など詳細 ...

2018年04月20日 16:29

先代を忍び多くの人々が葬儀に参列 高千穂(株)

 19日、福岡市内の斎場で高千穂株式会社の前代表取締役社長、故・川井田豊氏の社葬が行われ大勢の人が参列した。葬儀委員長として代表取締役社長の川井田佳遠(かわいだ よしひろ ...

2018年04月20日 15:59

世界で競争が激化する五感の活性化研究と『香り』のニュービジネス(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一 ...

2018年04月20日 15:44

文春砲『炸裂』、「R-1」めぐる疑惑報じる

 週刊文春は今週発売の4月26日号で、(株)明治の乳酸菌「R-1」の広告宣伝手法をめぐる疑惑を報じた。ステルスマーケティングの問題に鋭く切り込む内容。広告宣伝のあり方で批 ...

pagetop