HOME > 未来トレンド分析シリーズ

未来トレンド分析シリーズ

プレイボーイ・マンション

プレイボーイ創業者ヒュー・ヘフナーを偲ぶ(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 「ポルノ王」ならぬ、ヘフナー真の姿  そして私は、ニューヨークからニュージャージーのグレートゴージを経て、アメリカ各地のプレイボーイの関 ...

プレイボーイ創業者ヒュー・ヘフナーを偲ぶ(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 「プレイボーイ帝国」訪問記  筆者は彼のお膳立てで、アメリカ各地のプレイボーイ・クラブやリゾートを訪ねたことがあった。1970年代のこと ...

若き日のヒュー・ヘフナー氏

プレイボーイ創業者ヒュー・ヘフナーを偲ぶ(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 アメリカの大衆文化を変えた男、ヒュー・ヘフナー  アメリカの文化に革命的インパクトを与えたといっても過言ではないヒュー・ヘフナーが亡くな ...

ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  いうまでもなく、我が国はロボット技術に関しては民生分野において、世界をリードする立場にある。「鉄腕アトム」、「鉄人28号」、「エイトマ ...

ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(中)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  ホーキング博士の主張や未来予測は2017年6月15日に放送されたBBCのドキュメンタリー番組「新たな地球を求めての旅立ち」で紹介され、 ...

ホーキング博士の気になる未来予測 地球温暖化とキラー・ロボット(前)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  この夏は、北朝鮮による日本列島越えのミサイル発射や地下核実験によって、身の毛がよだつ思いをした人も多かったに違いない。金正恩委員長が「 ...

トルコで見た『正義の行進』100万人集会の背景と行方(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  一方、エルドアン大統領は本年4月には憲法を改正し、大統領の権限をそれまで以上に強化することに成功していた。そのため、今回のデモ行進に関 ...

トルコで見た『正義の行進』100万人集会の背景と行方(中)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  そんななか、騒がしい中国人観光客も驚き、声を失うような事態が発生した。何かといえば、トルコ史上最大と目されるデモ行進である。何と、首都 ...

トルコで見た『正義の行進』100万人集会の背景と行方(前)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  大の親日国であるトルコの未来に、危険信号が灯っている。国家非常事態宣言が発令され、テロ事件も相次ぐ。和歌山県沖で遭難したトルコの軍艦「 ...

イギリスを襲うテロと大火災のダブルパンチ~求心力を失うメイ首相(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  実は、このグレンフェル・タワーと呼ばれる高層住宅は、1970年代に建設されたものであり、これまでも至る所に問題が発生していた。しかし、 ...

イギリスを襲うテロと大火災のダブルパンチ~求心力を失うメイ首相(中)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  先の総選挙に自信を持って臨んだものの、想定外の過半数割れに直面したメイ首相。苦肉の策として、北アイルランドの地域政党DPUと閣外協力を ...

イギリスを襲うテロと大火災のダブルパンチ~求心力を失うメイ首相(前)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  イギリスのメイ首相には、災難が次々と襲いかかっているようだ。このままでは、首相としての任期を全うできないのでは、との声が与党保守党内部 ...

マンチェスター・テロ事件の隠された背景と意外な展開(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  あまり公にはされていないが、英国もアメリカもテロ対策の名目で、中東地域に拡散するテロ組織に内部通報者を送り込んでいる。アベディ容疑者の ...

マンチェスター・テロ事件の隠された背景と意外な展開(前)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  6月8日の総選挙を控えた英国のマンチェスターで起こった自爆テロは悲惨なものだった。8歳の少女を含む、主にティーンエイジャー22人の命が ...

世界で加熱する新技術開発競争(5)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  イザヤ・ベンダサン氏が「日本人は水と安全はタダで手に入ると思い込んでいる」と50年ほど前に指摘していたが、水を巡る争奪戦が過熱し始めた ...

世界で加熱する新技術開発競争(4)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  そうした傾向を踏まえ、カナダのウォーター・ミルに負けてはならじと、アメリカのエックス・ジエックス社も空気から飲料水を造る機械を完成させ ...

世界で加熱する新技術開発競争(3)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  実際、2012年にはスペイン、オマーン、エチオピアをはじめ南米チリなどでも効果が確認されている。日本では鳥取砂丘という環境を生かし、鳥 ...

世界で加熱する新技術開発競争(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  ところで数年前のことだが、資源エネルギー外交の一環として中東諸国を訪問した。中でもサウジアラビアでの体験は強烈であった。同国の外務省で ...

世界で加熱する新技術開発競争(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  2020年の東京オリンピック・パラリンピックが間近に迫ってきた。築地市場の移転問題が未解決のため、オリンピック道路の建設に支障が出てい ...

トランプ・習近平首脳会談の裏で加熱する種子争奪戦争(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  要はアメリカの軍事戦略に食糧農業政策が完全に飲み込まれているわけである。その中で特に重要な役割を担っているのがアメリカのGM種子という ...

トランプ・習近平首脳会談の裏で加熱する種子争奪戦争(中)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  アメリカもヨーロッパ各国政府もアフガニスタンにおいて、自国に有利な新たな種子産業を育成しようと深慮遠謀を企てているに違いない。最終的に ...

pagetop