HOME > 日本大学・悪質タックル問題の裏側

日本大学・悪質タックル問題の裏側

【速報】日大の大塚学長が緊急会見 学生盾に開き直り

 アメリカンフットボールの試合で日本大学の選手が悪質なタックルを行った問題を巡り25日午後、同大学の大塚吉兵衛学長が緊急会見し、一連の対応について改めて謝罪した。  当該 ...

【日大炎上中】謝罪会見、傲慢司会者は早大出身・共同通信の元幹部~困惑する共同の記者たち

 悪質タックル問題をめぐって、毎日のように炎上ネタを提供し続ける日本大学(日大)。トラブル時に沈静化をはかるはずの広報部職員が、わざわざ必要もない発言で報道陣を刺激したこ ...

【悪質タックル問題余波】日体大が、とんだ「もらい事故」~日大アメフト部と混同され困惑

 日本体育大学(日体大)は24日、大学HPに「日本(にほん)大学アメリカンフットボール部の反則行為に関する件について」とする文書を公開した。  日本大学アメフト部による悪 ...

【日大の闇】「株式会社日本大学事業部」が、アメフト部・内田前監督や学長に役員報酬

 日本大学(日大)がすべての株式を所有する、完全子会社の「株式会社日大事業部」が、2014年ごろから急成長を遂げている。13年12月期決算の売上が約7億8千万円だったのに ...

【悪質タックル余波】日本大学が恐れる「志願者減」

「大学がもたない」職員の声  22日午後、悪質タックル問題で直接の「加害者」として批判されていた20歳の学生が、日本記者クラブで会見を行った。  学生は会見で、日本大学ア ...

アメフト問題に文科相も「看過できない」

 日本大学のアメリカンフットボール部の選手が、関西学院大学との定期戦で重大な反則行為を行った件で、林芳正文部科学大臣は18日、「看過できない非常に危険な行為」として、全容 ...

【緊急取材・第2弾】日大・田中理事長体制に、大学職員から怨嗟の声

 既報の通り、強権・恐怖政治を敷く日本大学・田中英壽理事長。大学関係者は、悪質タックルを行った学生が所属するスポーツ科学部の新設について、田中理事長の「わがまま」が大きく ...

【日大の闇】悪質タックル問題の元凶は、日大・田中理事長体制

関学は日大に再回答を要求  今日午後、関西学院大学が日本大学アメリカンフットボール部との試合(6日)で発生した「悪質タックル問題」について会見を開いた。  関学大は、日大 ...

【緊急取材】日大アメフト部、雲隠れの内田正人監督の悪評~非常勤講師を大量雇い止め

 悪質タックル問題で揺れる日本大学アメフト部(通称:フェニックス)。タックルを行った選手は連日のバッシングに憔悴し、退部の意思を伝えたという報道もある。しかし、もう1人の ...

「タックルというプレーに対する冒涜」日大アメフト部・悪質タックル問題

 前方へ送ったパスを味方レシーバーが弾くのを確認し、天を仰ぐ関西学院大学QB。その後ろから、全速力で走り込んできた日本大学DLが下半身に強烈なタックルを見舞い、関学QBは ...

pagetop