NET-IB NEWSネットアイ

ビーニュース

脱原発・新エネルギーの関連記事はこちら
純広告用VT
カテゴリで選ぶ
コンテンツで選ぶ
会社情報

政治

福岡市 現職市議が地元行事に寄附~公選法違反の疑い
政治
2011年7月11日 13:20

掲示されていた田中市議の寄附を示す貼り紙(9日午後5時半頃撮影) 福岡市の田中丈太郎市議(民主・市民クラブ)が、選挙区の有権者に対して寄附を行なった疑いが浮上した。田中市議は、福岡市博多区の行事「博多祇園山笠」に参加。同行事に参加する地区別の組織に1万円を渡していた。9日、博多区土居通り沿いの寄附者を示す掲示板に「金壱萬円也 田中丈太郎様」(右画像参照)と貼り出されていることから判明した。

 田中市議はNET-IBの取材に対し、「山笠の追い山笠ならし、流舁き、集団山見せ、追い山笠など各行事終了後の直会(なおらい)での飲食代として1万円を渡した。寄附をしたつもりはなかった。寄附として表示されているのであれば、撤回することも考える」と回答。山笠関係者によると「実際に参加した者が直会の飲食代など費用として寄附することは珍しくないが、いろいろと配慮して所属する企業もしくは、政治団体以外の名義で行なわれている」という。

 公職選挙法は第199条の2「公職の候補者などの寄附の禁止」では、選挙区内の人への寄附を一切禁止されている。また、総務省は、HP上で「禁止されている寄附」の例として、2番目に『祭りへの寄附や差入れ』をあげている(関連リンク参照)。
 『寄附』として扱われ、公に掲示されるとあっては、その名義が政治家個人となれば、なおさら公職選挙法違反の追及は免れないだろう。なお、民主党福岡県連の吉村敏男幹事長(福岡県議会議員)は、「これは寄附行為にあたる。田中市議には撤回するよう指示した」と語った。

【吉澤 英朗】

▼関連リンク
・総務省HP「寄附の禁止」


*記事へのご意見はこちら

関連記事

powered by weblio


政治一覧
政治
2011年7月27日 18:05
純広告VT
純広告VT

純広告用レクタングル


IMPACT用レクタングル


MicroAdT用レクタングル