• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月17日 12:23

創業家の乱!昭和シェルとの合併を延期させた出光創業家の面々(前)

 石油元売り大手の出光興産(株)と昭和シェル石油(株)は10月13日、2017年4月に予定していた合併を延期すると正式に発表した。出光株の33.92%を持つ創業家が合併に反対しており、臨時株主総会の承認が得られないと判断した。合併する方針は両社とも変わらないとしているが、合併は白紙還元される公算が高まった。

出光創業家は四面楚歌

kabuka 10月13日の東京株式市場。出光興産と昭和シェル石油の株価大きく値下がりした。出光株は一時、前日終値比145円(6.3%)安の2,165円まで下げ、昭和シェル株も一時、同52円(5.3%)安の938円まで売られた。後場に、両社が来年4月に予定していた合併を延期すると伝わり、投資家による失望売りが膨らんだ。株式市場は、合併反対を貫く出光創業家に“ノー”を突き付けた格好だ。

 出光創業家の出光昭介氏は今年6月に開かれた同社の定時株主総会で合併反対を表明。7月には経営陣と話し合う場を持ったが、平行線のまま終了し、膠着状態が続いている。
 危機感を募らせた出光の系列給油所を運営する815社でつくる「全国出光会」は、9月26日に開いた臨時理事会で、合併推進に賛成を決議した。加盟販売店が恩義のある創業家へ反対の立場を取った。極めて異例なことだ。

創業家のお家再興の情念

 出光創業家は“四面楚歌”の状態だ。意気軒昂だ。経営陣や全国出光会の代表とも会うつもりない。昭和シェルとの合併を白紙還元させるまで、鉾を収める気はさらさらなさそうなのだ。

 なぜ、これほどまでに強硬な姿勢を崩さないのか――。反対の理由に、出光と昭和シェルとの企業文化の違いや、サウジアラビア対イランのイスラム世界の対立を挙げている。

 出光昭介氏を突き動かしているのは、「お家再興」の情念ではないのか。
 2000年は、出光創業家直系の昭介氏が失脚した年である。出光興産は有利子負債1兆7,000億円を抱え、倒産の危機に瀕した。再建をめぐり、一族は分裂。7代目社長の出光昭氏は、生き残りを賭け株式上場を決断した。

 昭氏は創業者である出光佐三氏の実弟で、2代目社長・出光計助氏の次男。昭氏は出光家の最後の“切り札”と言われたが、分家なので出光興産の株を1株も持たない。出光興産の株の4割近くを支配する佐三氏の長男で、会長の昭介氏は株式公開に猛反対した。

 上場推進派は社長の昭氏と専務の天坊昭彦氏。彼らを銀行団と多くの販売店が支援した。昭介氏は会長を辞任。昭氏が会長に就き、非同族の天坊昭彦氏が社長に昇格した。出光興産は06年10月に東証一部に上場。同族色が薄まったことを見届けた昭氏は、経営から手を引いた。これで出光興産には、出光家の役員を1人もいなくなった。

 昭氏は、創業家の直系の筆頭株主でありながら、神棚に祭り上げられて、経営にタッチすることはなかった。昭和シェルと合併すれば、創業家の影響力はさらに薄れる。次の代には、出光創業家は、一株主になることもあり得る。そんな事態は避けねばならない。お家を再興して、出光創業家の影響力を末代まで残さねばならない。その情念に駆り立てられたようだ。

(つづく)
【森村 和男】

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

2020年10月01日 14:33

【10/6】タピオカミルクティーのオンライン・ビジネスフォーラム(台湾経済部、貿易センター主催)

 台湾経済部(経済産業省に相当)、台湾貿易センター(JETROに相当)は6日、「2020 台湾タピオカミルクティー国際フォーラム」をオンラインで開催する...

2020年10月01日 14:28

カジノ×ゲーム×オンラインで新市場の形成目指す、中村龍道氏の挑戦(2)

 『現実世界ではコロナの感染拡大防止の観点から規制がかかり、従来通りの仕事ができなくなる、あるいは仕事を失う人が増えています。しかし、デジタルのなかの仮想世界にはコロ...

2020年10月01日 14:18

地球環境を踏まえた持続可能な「市場経済システム」を模索!(3)

 『近代市場経済システムは、倫理観を備えた市民による自由な経済取引が人々を豊かにし、幸福をもたらすという前提の下、発展してきました...

2020年10月01日 14:06

20万人のコロナ死者たちへの愛憐の情のかけらも示さないアメリカ大統領選候補たち

 アメリカ大統領選挙候補者「トランプVSバイデン」のテレビ討論(現地時間9月29日)を目撃して9割の人々は「アメリカの終焉」を確信したのではないか...

pagetop