陶二人展
2017年3月6日(月)~3月12日(日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月07日 11:17

【3/7~3/12】若手唐津焼作家による「陶二人展」開催

左から、田中耕治さんと三浦広太さん

 若手の唐津焼作家による「陶二人展」が、福岡市の新天町北通りにある「ギャラリー風」で開催されている。この展示会は、福岡市南区で作陶している「炎也窯」の三浦広太さん、熊本県阿蘇市で作陶している「工房ゆう」の田中耕治さんによる二人展。

 三浦さんは、佐賀の唐津焼「中里太郎右衛門窯」、「鏡山窯」で修業したのち、「炎也窯」を開窯。ほっこりした作風で、日常的に使いたい温かみのある器を手がける。「炎也窯」では、予約制で陶芸体験や陶芸教室を開催している。問い合わせは以下まで。

 田中さんは、唐津焼「土平窯」で修業したのち、阿蘇市一の宮町に移り住んで「工房ゆう」を開窯。2016年4月の熊本地震では被災したが、現地で作陶を続けている。阿蘇で採れた粘土や火山灰などを使った個性的な作品が並ぶ。今年から「星野リゾート 界 阿蘇」のロビーで、阿蘇のススキ灰と黄土を釉薬の原料とした湯呑が使われている。

田中さんの作品

三浦さんの作品

■陶二人展

<日 時>
3月6日(月)~3月12日(日)まで
午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後5時まで)

<場 所>
ギャラリー風(福岡市中央区天神2-8-136)
TEL:092-711-1510

三浦広太
【炎也窯】福岡市南区柏原1-18-61
TEL:092-555-9697

田中耕治
【工房ゆう】熊本県阿蘇市一の宮町中通1707
TEL:090-9405-5420

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop