• このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月01日 12:01

二重の制度ミスが招く再エネ100%への遠い道(1)

認定NPO法人環境エネルギー政策研究所(ISEP)
所長 飯田 哲也 氏

 経済産業省は原発がらみの新しい制度を次々と打ち出しており、2017年は再生可能エネルギーにとって転機の年になるかもしれない。だが、そこには問題がないのか。再エネ問題の第一人者である認定NPO法人環境エネルギー政策研究所所長の飯田哲也氏に、現状と課題について分析してもらった。

(聞き手、文・構成:大根田 康介)

非化石新市場が進まない2つの訳

 ――2016年11月、経済産業省と資源エネルギー庁が「非化石価値取引市場」の制度設計の議論を進めると打ち出しました。「非化石電源」には、原子力発電、水力発電、再生可能エネルギーが該当し、その比率を30年度に44%以上にするため「非化石価値」を証書化し、取引する新市場をつくる、という話です。これについてはどう考えますか。

 飯田 実は「非化石価値取引市場」については、あまりにばかばかしくて詳しく見ていません。昔、「グリーン電力市場」という同じようなものがありました。制度設計まではやるにしても新市場として活性化せず、結局前に進まないでしょう。

 その理由は、そもそも固定価格買取制度(FIT)における<環境価値>の整理がされていないからです。<環境価値>は「再エネ付加価値=CO2排出削減価値」と言い換えられます。

eco_img これは私もずっと指摘していますが、今のFIT電力は“電力会社が負担する<回避可能原価>+全国民が薄く広く負担する<環境価値>を含む<再エネ賦課金>”という“2階建て”です。そして経産省は「<環境価値>は全国民に帰属するため、電力会社が再エネ電気であることを付加価値とした表示・販売を認めるべきではない」、つまり再エネも原発も同じ電気として扱う制度をつくろうとしているわけです。

 FIT制度では、<再エネ賦課金>は理論上いずれゼロになるものです。現行制度のままでは<環境価値>=「再エネ付加価値」もゼロになってしまうのです。ここが最初のボタンの掛け違い、つまり制度設計の間違いなのです。

 <再エネ賦課金>は、電力会社にとって全国民からの預り金にもかかわらず、それで再エネを引き取った結果、電力会社のCO2排出原単位が下がります。電力会社は自己負担せず、全国民からの預り金で自分たちのCO2排出削減を進めるという、他人のふんどしで相撲を取る制度設計になっています。

 これは京都議定書の時代に、東京電力が経団連「環境自主行動計画」に沿って「CO2排出削減価値」を「CDM」(※)で毎年数百億円かけてわざわざ海外から購入したことを考えれば、彼らの負担逃れが明らかでしょう。

 それにも関わらず、経産省は「CO2排出削減価値=<環境価値>が全国民に行き渡るからよい」と強弁しましたが、結局は電力会社が国民のお金で得をしているだけなのです。<環境価値>は本来、CO2排出削減の義務を負っていたり、メリットを得たりできる製造業系の大企業などが費用負担すべきなのですが、それを全国民に押し付けました。

(つづく)
【大根田 康介】

(※)クリーン開発メカニズム(Clean Development Mechanism)の略。先進国が開発途上国において技術・資金等の支援を行い、温室効果ガス排出量の削減または吸収量を増加する事業を実施した結果、削減できた排出量の一定量を支援元の国の温室効果ガス排出量の削減分の一部に充当することができる制度。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月14日 17:33

佐世保市の自動車整備会社 不正車検で指定取り消し

 九州運輸局は11月13日、長崎県佐世保市の自動車整備会社「(有)百津自動車」に対し、道路運送車両法の違反により、民間車検場としての指定自動車整備事業の取り消し処分を...

2019年11月14日 16:11

【11/23、30】「ベースボールキッズ2019」講師決定~福岡ソフトバンクホークス

 福岡ソフトバンクホークスは、小学1年生~6年生までを対象としたふれあい野球教室「SoftBank HAWKSベースボールキッズ2019」を11月23日(土・祝)に九...

2019年11月14日 15:37

【交通取締情報】11月15日、八女市、飯塚市で実施

 福岡県警は11月15日(金)八女市、飯塚市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年11月14日 15:10

【11/24】「2019アビスパ福岡ブラインドサッカーフェスタinレベスタ」開催

 アビスパ福岡は24日(日)、レベルファイブスタジアムで「JA共済連 福岡presents『2019 アビスパ福岡 ブラインドサッカーフェスタinレベスタ』」を開催する。

2019年11月14日 14:06

前進し続けた人生、80歳からどう生きるか

 1953年の創業以来、長年にわたり絶大な信頼を寄せられている業務用家具メーカーであるアダル(株)は、生産工場の中国進出を成功させたことで現在の地位を確固たるものとした。

2019年11月14日 13:15

ヒロセ電子システム(株)(東京)/医療機器製造・販売

 ヒロセ電子システムは11月12日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年11月14日 13:00

(株)千明社(東京)/各種印刷

 千明社は11月13日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より保全・監督命令を受けた。

2019年11月14日 11:32

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会委員長に元福岡高検検事長・北村道夫氏

 政府は13日、IR事業者の審査を行うカジノ管理委員会の委員長に、元福岡高検検事長・北村氏を起用する人事案を国会で提示した。先月、閣議において来年早々の1月7日には同...

2019年11月14日 10:57

山本太郎氏が秋田でポスター張り、懐かしの店主と再会も

 れいわ新選組の山本太郎代表は13日、秋田市内でポスター張りを行った。張れた場所は少ないが、道行く人に声を掛けられたり、俳優時代にロケで訪れた魚市場の主人と再会したり...

2019年11月14日 10:38

【特別連載】断たれた絆~カー用品販売の「くるまドットコム」に不正経理疑惑

 有限会社くるまドットコムの代表・諸藤壮一氏が、指定暴力団浪川会の元幹部・岡野勝英氏(2019年6月に引退)や、関西の指定暴力団とつながりのある大物事件屋に資金を提供...

pagetop