• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月11日 10:18

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~シシリーでの子育て経験(前)

 シシリー島についに夏がやって来た。11月から3月にかけて雨期となる冬は、湿度が90%を超える。ジメジメとし、気温は海側の街で最低気温が2℃~3℃、最高気温は10℃前後だ。

 内陸に数十キロ進んだ標高700m程の山は冬の積雪量が1m以上で、スキー場もある。海沿いに住む島民は雪を触りたくてスキー場へ出かける。そんな彼らがスキーをする様子を見ると小中学生のころまでスキーをしていた私としては、つい笑みがこぼれてしまう。

 シシリーが最も寒いのは1月、2月。4月下旬ともなると、観光シ-ズンが始まる。シーズンの始まりである今の時期は、何といってもシシリーの小さな島々がおススメだ。それほど観光客で混雑することもなく、トルコブルーの海を思う存分、満喫することができる。7月を過ぎると足の踏み場もないほどの混み具合で、ホテルなどの宿泊施設を抑えるのも難しくなる。

 トラパニ県にエガディ諸島があるが、そのうちの1つ、ファヴィニャーナ島には1800年代からマグロ工場として使われた建物が、現在も博物館として残っている。当時イタリア国内初の、幼児預かり所を職場の施設内に設けた場所だ。現在でこそ共働き、シングルマザ-の社会進出は当たり前になってきているが、その時代は大変画期的だったはずだ。

 シシリーの家庭ではおよそ80%の母親が働きに出る。正社員として雇用されて働く母親は大変少なく、パートで働く母親がほとんどだ。そんな女性たちの強い味方は、祖父母たち。一般的に中学生(家庭によっては高校生)までは、両親など大人が学校への送り迎えをする。40年ほど前までは、日本のように、近所の学校まで子どもたちだけで登下校をしていた。それが今日、「子どもが誘拐され遠くへ売り飛ばされる!」と人々は恐れ、学校の登下校だけではなく、近所で子どもたちだけで遊ぶ姿もほとんどなくなった。日曜日でもショッピングセンターや映画館、海辺の散歩など祖父母が孫たちの手を引いて歩いている光景は多い。

 私は、2007年6月3日にパレルモ市の市立病院で人生初の、しかも海外での出産を経験した。日本でさえ経験したことのないことに立ち向かう緊張感は、入院前まではそれほどなかった。ある日の朝、自宅で破水し、病院へ行くと安静のため、すぐ入院となった。

 予定日から1週間が過ぎていた。痛みもまったくなく、今晩か明日くらいの出産になるだろう、と言われ、のんびり夫と昼食をベッドでとった後、午後3時過ぎに陣痛が始まり、その痛みは人生で、これまでに感じたことがない未知の世界で、緊張と痛みのために、全身が麻痺状態になってしまった。陣痛だけでなく、ベッドのシ-ツをめくったその瞬間、夫と男性看護師は顔面蒼白になったそうだ。シーツは血で真っ赤に染まり、私は強い痛みと麻痺で話すこともできず、顔はまるで妖怪のようだったと夫は語る。

 病室内が看護師、医師たちの出入りで慌ただしく、意識が朦朧とし、質問をされても頭の中が混乱している状態の中、2時間後の夕方5時に娘を無事出産した。生まれ出てきたその瞬間、痛みはとれ、全身のしびれが一気にとけていくような感覚だった。出産翌日は、夫の親戚一同が生まれたばかりの赤ん坊見たさに興味津々で、病室内は30人以上の見舞い客で賑わった。

 腕には点滴がついたまま、母乳もあげないといけないし、少し1人になりたいと思ってしまう日本人の感覚とは違い、最大のイベントを皆でお祝いし、大事な瞬間を母親1人に放っておくなんて無神経な、まして外国人だし、というわけで出産3日後の退院まで人の嵐は続き、日本から母も手伝いに駆けつけてくれ、無事パレルモの自宅に戻った。

 海外での子育ては、義父母の厚い援助で現在に至るまで何とかやれている。産休を終え仕事に復帰したが、慣れるまでは大変だった。でも日本で子育ての経験がなかったのは逆に良かったのかもしれない。あらゆるサービスが完璧である日本と正反対の、そしてイタリア国内でもさらに後退しているシシリーで子育てなんて、と日本の方々からは思われるが、これが普通だと割り切ってしまえば意外とやりきれるものだ。

 乳児を連れて出かけるときも、日本のように便利ではない。たとえば、授乳スペースが公共の場にはまずほとんどない。ピッツェリアで隣のテーブルで授乳するママもいる。周りにいるこちらのほうが少し恥ずかしくなってしまう。

 オムツ替えのあるトイレも少ない。それだけ不便な社会でも、母親たちは自分のライフスタイルを崩さない。夜11時を過ぎても、ベビーカーを押しながら友だちとジェラートを食べたりする。決して「不良ママ」というわけではなく、また毎日というわけでもない。家の中に引きこもらず、ストレス解消口をそれぞれ見つけているのだ。とくに夏には、夜12時過ぎまでたくさんの家族連れや、友だち同士で街中や海沿いは人だかりになる。音楽をかけて踊ったりおしゃべりしたりする。話す内容は、料理、人のうわさ、親戚の悪口などがほとんどだ。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年03月26日 16:53

ホークス 川原、周東を支配下登録

   福岡ソフトバンクホークスは26日、育成選手である川原弘之、周東佑京と支配下選手契約を締結したと発表した。  川原は左投手で、支配下へ返り咲き。周東は左...

2019年03月26日 15:47

中国経済新聞に学ぶ~上海で日本米が人気 年間輸入2千トンに

   上海の人々はもともとコメ好きなため、コメの食感や品質にこだわりがある。消費の高度化にともない、上海の人々はふっくらつやつやして、味と香りのよい輸入米、とりわけ...

2019年03月26日 15:09

誤った人間活動が引き起こす地球の砂漠化!(前)  

   砂漠化がはじめて注目されたのは、今から約40年前、1977年(国際連合環境計画・UNEPがケニアの首都ナイロビで開催した国際砂漠化会議)のことだ。当時はア...

2019年03月26日 14:29

『脊振の自然に魅せられて』キバナノアマナ(黄花の甘菜・ユリ科)

   3月中ごろに咲き始め、春の花として細々と生き延びているユリ科の花があります。  名前は「キバナノアマナ」で渓谷沿いの湿気を好むようです。植物のなかでも...

2019年03月26日 14:26

(有)アトリック(埼玉)/化学製品卸

  代 表:石村 幹夫 所在地:埼玉県本庄市朝日町3―7―23  3月13日、同社はさいたま地裁熊谷支部より破産手続開始の決定を受けた。  破...

2019年03月26日 14:08

福岡を活性化させた傑物伝 アパマングループ代表大村浩次氏(21)

  出会いサポートセンター・JUNOALLを支援  今の日本で生まれる子どもの数は、年間100万人を割りこんでいる。人口が少なくなることは日本の国力にかかわ...

2019年03月26日 13:57

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~健康を保つには「程良いこと」が肝心

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一 世の中すべて表裏一体 長尾治療院 長尾 良一 院長  世の中すべて...

2019年03月26日 13:38

爆発的に拡大する再生可能エネルギー、日本は世界から取り残される!(前)

   日本は「不思議な国だ!」と世界から見られている。世界で唯一の「原爆被爆国」であり、チェリノブイリ原子力発電所事故と並ぶ、未曽有の「福島第一原子力発電所事故...

2019年03月26日 12:09

福岡県大木町の社福で不正受給 2施設で1億3,500万円

   福岡県大木町の「(社福)白百合福祉会」(江崎君子理事長)が利用実態を偽装し、1億円以上の給付金を不正に受給していたことがわかった。  福岡県によると、...

2019年03月26日 11:57

【書評】有森隆著『日産独裁経営と権力抗争の末路』 川又、塩路、石原、ゴーンと続く独裁者の系譜を綴る

   日産自動車と三菱自動車、仏ルノーの3社は“脱ゴーン”で足並みをそろえた。経営権をめぐる対決はひとまず休戦。秋に始まるとされるカルロ...

pagetop