• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月20日 17:02

酷似する車検システムに重大な疑義(1)~後発に元加盟店の影

 「あまりに酷似する2つの車検システムが存在する」――すべては匿名の投書から始まった。その酷似している車検システムとは、(株)システム45(登記上本社:北九州市小倉南区)が特許取得している「立会45分車検システム(以下、「S45車検」)」と上場企業子会社(株)EBE(本社:東京都千代田区)の「V車検システム(以下、「V車検」)」だ。「S45車検」は、2004年より車検フランチャイズチェーンである、マッハ車検加盟店向けに展開されているが、後発の「V車検」は、17年末より市場導入されたばかりで、その2つの車検システムがあまりにも酷似しているというのだ。

 さらに、その「V車検」が導入された店舗が、17年12月末までS45車検導入のマッハ車検加盟店だった朝日自動車(株)(本社:福岡市博多区)だということが今回の激震の理由だ。これが事実なら車検システムをめぐる加盟店の裏切りに、上場会社が絡む構図となり、後発システム関連の企業倫理が厳しく問われる事態である。

マッハ車検HPとV車検HP

元加盟店の不可解な動き

 昨年12月のV車検研修の様子

 (株)システム45の「S45車検」の主な導入先は、45分車検を全国FC展開するマッハ車検である。マッハ車検店舗数は全国に50拠点を超え、ホームページ上でもオープンラッシュが確認できるほど、業績好調な車検FCだ。

 たしかに、独自の車検システムを大きく打ち出しており、システム45とマッハ車検本部の(株)マッハ(本社:北九州市小倉南区)は協業により「S45車検」を長年にわたり育ててきたことがうかがえる。「S45車検」は、車検・整備業界では以前から注目され、全国から見学が絶えないほどの車検整備システム。同システムを参考にしたい整備システム会社があっても不思議ではないが、今回、そのシステムが不正に模倣された疑いが浮上している。

 対する「V車検」の企業導入が最初に確認されたのが、2017年12月某日。導入企業である朝日自動車は、12年よりマッハ車検に加盟していたが、17年12月末に突如加盟脱退を表明。加盟退会以前に、「V車検」を導入していたという事実が関与をうかがわせる。

 その証拠となるのは、マッハ車検加盟中の12月に朝日自動車で行われていたリライトガレージ社へのV車検システム研修中の画像だ。V車検は上場のテックファームホールディングス(株)(本社:東京都新宿区)のグループ会社であるテックファーム(株)が開発、(株)EBE(イーバ)が販売展開していることがわかった。

 データ・マックスでは、V車検導入の経緯などを知るべく朝日自動車の車検責任者である中村臣敏氏への取材とともに、独自の調査を行った。中村氏は朝日自動車の車検責任者のほか、車検のコンサルタント事業を展開する(株)プラス(本社:福岡市博多区)の代表取締役社長でもあった。調査を進めていくなかで、中村氏はシステム45と取引のある(株)Naviの代表取締役であることも併せて判明したのだ。

朝日自動車(株)

不正競争防止法に抵触

 システム45の東京オフィス代表に聞き取り調査をしたところ、現在中村氏を契約違反や情報漏洩などで刑事訴追する考えがあるという情報を得た。すでに内容証明で中村氏の責任追及をしているなど、物騒なやりとりになっていたのである。

 さらに上場子会社(株)EBEの兄弟会社にあたるテックファーム(株)の佐伯開発部長をシステム45に呼んで事情を聴いた際、「V車検」のシステム開発はテックファームであり、中村氏よりこの「V車検」の制作を頼まれてつくったとのことだった。システム45側は、「このV車検システムは不正競争防止法に抵触する可能性があるため、販売は容認できない」と話したという。

 また、『国際オートアフターマーケット(3/13-3/15開催)』にEBEが「V車検」を出展展示する予定になっていたが、2月28日にシステム45より佐伯開発部長に出展停止を要請。佐伯氏は、このままイベント出展するのはマズイと察知したのか、急遽出展を取りやめた経緯があった。さらに、同じタイミングでプラスのホームページから、「V車検」が削除されており、EBE、テックファーム、プラスの関与を裏付けた。

(つづく)
【東城 洋平】
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月30日 07:00

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(4)NEW!

 このインドネシア事業については、日本ではまったく報道されないが、他にもソフトバンクの進めるアジアビジネスは広範囲におよんでいる。とくに、「アジア電力網構想」は...

2020年05月30日 07:00

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(中)NEW!

 自由民主党所属の参議院議員で、与党整備新幹線建設推進プロジェクトチームのメンバーでもある西田昌司氏は、新幹線整備の経緯について次のように分析する。

2020年05月30日 07:00

最先端技術による“まるごと未来都市” 内閣府の「スーパーシティ」構想とは(中)NEW!

 スーパーシティによく似た言葉として、「スマートシティ」というものがある。「スマートシティ」とは、IoT(モノのインターネット)などの先端技術を用いて、基礎インフラと...

2020年05月29日 17:27

【北九州市】週明けも学校の授業を午前中のみに~新型コロナウイルス感染者増大を受け(5月29日現在)

 北九州市では、5月23日から28日にかけ連続で感染者が発生し、28日は21名と大きく増えている...

2020年05月29日 16:18

国交省・民都再生事業に認定 「舞鶴オフィスプロジェクト」8月着工へ

 国土交通省は今年4月21日付で、「舞鶴オフィスプロジェクト」を民間都市再生整備事業として認定した...

2020年05月29日 16:00

国交省が中間とりまとめ ESGを踏まえた不動産特定共同事業の検討会

 ESG投資の拡大やブロックチェーン技術の台頭、クラウドファンディング市場の拡大など、不動産を取り巻く環境は近年大きく変わってきた。このような潮流を踏まえ、国土交通省...

2020年05月29日 15:53

どうなるこれからの新幹線 計画から50年で開業は半分(前)

 新幹線とは、「時速200km以上で走行できる幹線鉄道」を指す。1964年に開業した東海道新幹線(東京~新大阪)以来、75年には山陽新幹線(新大阪~博多)、91年に上...

2020年05月29日 15:41

ホテルオークラ福岡、レストラン店舗の営業再開を発表

 ホテルオークラ福岡は6月1日より、同ホテルのレストラン店舗の営業を再開すると発表した

2020年05月29日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」 4月30日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年4月30日に公表(20年3月31日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年05月29日 13:44

中国WeChat「ミニプログラム」の状況~ネット利用時間の3分の1はWeChatに

 中国において、インスタントメッセンジャーアプリ「WeChat(微信)」が生活上、仕事上において大きな存在となっていることはよく報じられている。WeChatなしでは人...

pagetop