• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年08月29日 11:16

【特報】鳩山ファミリーが抱える闇(後)~資金源「6代目の兄弟分」の足跡を追う

「東京で不良していた」過去をもつ丹羽志郎氏

▲左端が小澤洋介秘書、
 隣が丹羽志郎・新声会東北事務局代表

 (前回)鳩山二郎衆院議員に仕える「コワモテ」有力秘書、小澤洋介氏。宝石の架空売買や金塊密輸疑惑がかけられている小澤氏の後ろ盾とされるのが「6代目山口組組長の兄弟分」を自称する丹羽志郎氏だ。今でこそ鳩山氏の政治団体・新声会東北事務局(秋田市)の代表を務める丹羽氏だが、関係者の話では丹羽氏が秋田で暮らすようになったのはおよそ20年前、債権回収の仕事で訪れたことがきっかけだったという。

 一方、丹羽氏自身は秋田に来た経緯について、「東京で不良していた」(丹羽氏談)時期に出会った、今も一緒に暮らしているという秋田出身の女性と結婚するためだったと話している。関係者から得た情報と丹羽氏の証言は食い違うが、共通するのは丹羽氏が約20年前に秋田の地を踏んだということだ。丹羽氏の出身地は愛知県名古屋市。兄弟分を自称する6代目山口組組長の出身団体が本拠地とする地域だ。

丹羽氏の出身地、そして弘道会の本拠地である名古屋へ

 国道沿いの古びた喫茶店で、冷めて固くなったスパゲティをすすっていると突然、雷鳴とともに大雨が降り出した。「あそこはカラオケの看板がかかっているけど、やっているのかどうかはわからないですよ」。大粒の雨を見やりながら店主が教えてくれた。

 名古屋市千種区萱場の名古屋市立大学そばに、丹羽氏が業務執行役員を務める「合同会社 新声」がある。秋田のGARDENビルに看板のかかっていた法人の登記上本店だ。会社の目的としてあげられているのは、不動産売買や都市計画などのほか画廊の経営や芸能プロダクション、飲食店経営など。どこか暴力団のフロント企業を思わせる業務内容だが、いったいどんな法人なのか。

 その一角は周囲とは明らかに違う空気に包まれていた。国道側の壁面には女性演歌歌手の大きな写真がかかり、あちこちに同じようなポスターも貼ってある。あとで知ったことだが、「小桜舞子」なるその演歌歌手は、秋田県某所のご当地ソングを歌ったことで秋田県内のごく一部で知られている歌手だという。

▲名古屋市内にも関わらず、
秋田だけで知られる演歌歌手「小桜舞子」の
看板がデカデカと
▲公明党のポスターが貼られているドアが、
2階に続く階段の入口だと思われる

 入口横に設けられたタコ焼き屋は開店休業状態。窓口の下には「カラオケ ゴールド」の文字がある。金塊密輸の暗喩だろうかとぼんやり考えながらドアを開けると、どこからかカラオケのBGMが聴こえる。奥に続く扉をノックして開けてみると、そこには昭和レトロな風景が広がっていた。壁沿いにソファが置かれ、前には灰皿の載った小テーブル。薄暗い店内を天井に付けられた電飾の点滅が照らしている。

▲カラオケ ゴールドの店内。
 昭和レトロなデコレーションが
 施されていた

 分類上はカラオケスナックになるのだろうか。初老に見える女性が1人、ぽつんと座っている。対応に出た別の女性は、突然の来訪者に驚いたように「歌うなら、何か(食事を)頼まないとだめだけど……」と、遠慮がちに料金システムを教えてくれた。奥から元ボクサーのガッツ石松に似た坊主頭の男性が顔を出したので、「丹羽さんって方をご存知ですか」と聞くと、表情を変えずに「ここはカラオケボックスじゃないよ」と答えて、元いた場所に引っ込んでしまった。

 なるほど「飲食店の経営」には違いないのだろう。しかし、衆院議員の政治団体と同じ名称を冠した会社が地盤から遠く離れた名古屋でカラオケスナックを営業する意味がどこにあるのか。

 丹羽氏と名古屋のつながり――丹羽氏について、弘道会の前身である弘田組の元組員と見る関係者もいる。丹羽氏が語る「6代目山口組組長の兄弟分」という自称は事実なのか。取材班の問いかけに、丹羽氏は「自分からそんなことを言ったことはない。あんな立派な方の兄弟分だなんて、言うわけがない」と、興奮した様子で否定した。

 取材班は6月16日の邦夫氏の三回忌において、丹羽氏が小澤氏をはじめとする取り巻きから「6代目の兄弟分」と呼ばれ、本人もまんざらでない様子でそれに応じた事実を確認している。
 国民の代表たる衆院議員の秘書たちが、反社会的集団のトップをありがたがる光景は醜悪そのものであり、国内最大規模の指定暴力団組長を指して、「あんな立派な方」とはいったいどういう意味なのか。丹羽氏は東北事務局の代表者だ。この発言には鳩山議員本人が責任を取ってしかるべき重みがあるのではないか。

鳩山家のお膝元、久留米の鳩山事務所へ

▲久留米市通町にある、鳩山事務所

 丹羽氏の足跡をたどる旅。最後は鳩山家のお膝元、久留米市の鳩山事務所を訪れた。久留米市役所や福岡地裁久留米支部、久留米商工会議所ビルなどが集まる市内の中心地にその名も「鳩山ビル」がある。入口脇には、どこか頼りなさげな二郎氏の顔が入った看板。下半身がらみの噂が絶えない「鳩山家の問題児」である。

 当日、鳩山事務所の担当者は不在で、電話取材に回答した。丹羽氏の名前を知っていることは認めたものの、新声会東北事務局の存在については「聞いたことがある」程度の認識で、驚いたことに新声会支部のリストなども存在していないという。要するに、遠く秋田の地で政治団体「新声会」を名乗って活動し、パーティーを開いて資金集めまでしている団体のことを鳩山事務所の担当者は「よく把握していない」のだ。本当だとすれば、あまりにもお粗末な管理能力ではないか。

 鳩山二郎衆院議員の母親で、故・鳩山邦夫氏の妻・エミリー氏は取材班の電話取材に対して秋田で丹羽氏と会ったことは認めたものの、あとはこちらに二の句を告げさせない勢いで怒鳴り続け、まったく会話にならなかった。
 「この電話番号を誰に聞いたんですかっ!これは罪ですよっ!」。エミリー氏のヒステリックな叫び声とともに電話が切れた。

(了)
【特別取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年05月20日 12:57

【スクープ第4弾】「塩田大介」が福岡を拠点にねらう、企業主導型保育事業の闇(4)~偽造写真・印鑑で助成金を獲得、巨額の内装費を支給するデタラメ助成金制度

  ABCホーム会長時代の塩田大介氏(左/アクセスジャーナルより)と、「川﨑大資」を名乗る現在の塩田大介氏   ...

2019年05月20日 16:49

電力から情報通信、道州制、演劇興行まで~傑物・芦塚日出美氏の足跡をたどる(1)

  芦塚 日出美 氏  2018年11月に、「旭日中綬章」受章の栄誉に浴した芦塚日出美氏。九州電力に入社後、技術畑で研鑽を重ね、やがては副社長...

2019年05月20日 15:50

ヤマハ発動機、インドでの二輪車製造が1,000万台に到達

   ヤマハ発動機のインドにおける二輪製造子会社「India Yamaha Motor Pvt.Ltd(以下:IYM)の累計生産台数が1,000万台を突...

2019年05月20日 15:44

「まずは地域を見ることが大切」~稲員稔夫市議

   今回の選挙で2期目の福岡市議会議員を務める、福岡市中央区選出の稲員稔夫市議。今回の選挙では、中央区の最多得票数となる9,240票を獲得した。 ...

2019年05月20日 15:04

日本遺産に薩摩の武家屋敷群など16件が認定

   文化庁は20日、令和元年度の「日本遺産(Japan Heritge)」に「薩摩の武士が生きた町~武家屋敷群『麓』を歩く~」(鹿児島県)など21道府県16件を認定...

2019年05月20日 13:37

福岡市の指名業者、落札も納品できず契約解除

   福岡市財政局は5月17日、同市の物品(寝具)の指名業者、(株)喜美屋(福岡市早良区)に対し、履行不能にともない、契約解除、5月13日から3カ月間の入札参加を停止...

2019年05月20日 12:15

熊本の産廃業者が義務違反 県に処理実績報告書提出せず

  (株)大のトレーラー  熊本県の産業廃棄物処理業者が、年度終了後に許可主体である県に提出を義務付けられている産業廃棄物の処理実績報告書の一...

2019年05月20日 11:36

「3週間無料」―ネット求人情報サイトでトラブル頻発中

   「掲載から3週間は無料」――このような営業トークから始まるネット求人情報掲載サービスをめぐり、「全国的にトラブルが頻発しており、福岡でも相談は多い」と福岡市内の...

2019年05月20日 11:01

岐路に立っているテスラ(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏  電気自動車時代を切り拓くイノベーション企業として世界の注目が集まっていたテスラが、現在、危機的...

消費税増税凍結=衆参ダブル選が秒読み段階に

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は安倍内閣の基本は「ハゲタカファースト」だと批判した5月20...

pagetop