• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月10日 14:27

韓国の国民食「ラーメン」(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 意外に思われるかもしれないが、韓国でラーメンというと、インスタントラーメンのことを指す。ラーメンほど韓国の庶民に愛され続けた食品はそれほど多くはないだろう。安く、お湯を沸かすだけで簡単に調理できるという手軽さがヒットの要因であることは間違いない。

 インスタントラーメンはキムチと相性が良い。キムチは欠かせないし、食べ終わった後、残ったスープにご飯を混ぜて食べるのも、韓国人のインスタントラーメンの楽しみ方の1つとなっている。

 インスタントラーメンは日本で生まれて韓国に入ってきたが、1人あたりの消費量は、韓国のほうが日本より多く、世界でダントツ1位になっている。参考までにインスタントラーメンの1人あたり年間消費量は、韓国が70.9食で、日本は43.6食となっている(2015年統計)。日本生まれのインスタントラーメンは、韓国だけでなく、世界各国で愛され、すでに国際食の地位を確立している。

 インスタントラーメンは、日清食品の創業者である安藤百福が、1958年に「チキンラーメン」を発売したことが、最初だとされている。韓国では、その5年後の1963年に、インスタントラーメンが発売される。筆者は、その当時小学生だったが、朝鮮戦争後で、食べ物などがあまりなく、貧しい時代だった。そのような状況下で発売されたので、インスタントラーメンは主食の代用食として韓国で定着していく。

 韓国で発売された最初のラーメンは、「三養(サムヤン)ラーメン」だ。三養ラーメンを生産した三養食品は、日本の明星食品から無償で製法を教えてもらい、インスタントラーメンの製造を開始したという。「三養ラーメン」は発売以来20年以上インスタントラーメンの王座を維持していたが、1987年に「安城(アンソン)湯麺」に1位の座を明け渡すことになる。ところが、その数年後、次の王座に就いたのは、日本でも有名な「辛ラーメン」だ。「辛ラーメン」はそれ以来、ずっと王座の地位を守り続けている。韓国のインスタントラーメンの歴史上、王座についたのは上記の3つしかない。韓国のラーメンは激辛麺が多いのが特徴だが、現在は味も多彩になり、名前を全部覚えるのが困難なほど商品数が増えている。

 それでは、韓国のインスタントラーメン市場の動向を紹介しよう。国内のインスタントラーメンの市場規模は2016年の2兆400億ウォンから、昨年は1兆9,900億ウォンへと2.4%縮小している。現在、インスタントラーメンの国内市場は飽和状態で、競争が激化している反面、輸出が大幅に増加している。インスタントラーメン各社は国内シェアの維持に努めながら、輸出に力を入れている。市場が減少に転じた理由として、1人世帯の増加と、ラーメン以外のインスタント食品が、多くなってきたことが挙げられる。韓国ナンバーワンスーパーのイーマートでは、インスタントラーメン全体の売上高が5.9%減少している反面、ほかのインスタント食品の売上高は逆に37.4%増加している。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop