• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月14日 11:46

【大濠花火大会に終了宣言】西日、大濠花火やめるってよ~西日本新聞が発表

安全な大会運営は限界「街の安全を脅かしている」

 長く福岡市民に親しまれてきた夏の風物詩「西日本大濠花火大会」(大濠花火)が今年8月1日に開かれたのを最後に終了することになった。主催者の西日本新聞社が14日付の本紙で発表したもの。西日本新聞は、柴田建哉社長の署名入り「『西日本大濠花火大会』終了のごあいさつ」を一面すべて使って掲載している。

 「終了宣言」文によると、大濠花火は1949年に戦没者の鎮魂と戦後復興を目的に始まったという。何度かの中断や休止を経て今年で56回目を迎えていた。

 全方位から観覧可能な都市型花火大会は国内でも例がなく、福岡市の人口急増を背景に毎年40万人(主催者発表)を超える人出を集めていた。同社広報部によると近年では2008、09年の48万人が最多で、今年は43万人が大濠公園周辺に集まった。「終了宣言」によると安全な大会運営は限界にきており、雑踏事故の危険性が頻発したほか、今年はNetIB-Newsでも既報のヒマワリ花壇が踏み荒らされるなどの被害も起きていた。

▲大濠花火の観覧者に踏み荒らされたヒマワリ

 さらに今年の猛暑も大会運営に影響を与えており、「身の危険を覚えるほどの事態に陥ったことも事実です」(終了宣言より抜粋)と、深刻な事態に直面していたことをうかがわせている。

 大濠花火終了の原因について「終了宣言」では、(1)収容人員をはるかに超える観覧者が集まること、(2)それによって生じる混乱で観覧者の安全の確保が難しいこと、に加え(3)パトカーや救急・消防の緊急出動の妨げになる恐れがあり「街の安全を脅かしている」と総括している。

不採算事業からの撤退か

 夏の風物詩の「終了宣言」は、西日本新聞関係者や福岡市民に驚きをもって受け止められている。同社の中堅記者はデータ・マックスの取材に、「とにかく驚きました。今年の花火は終わったのに、なにをいまさら……と思ったら、完全終了なんですね」と話す。

 さらに「社内でもごく一部の関係者しか知らされていなかったのでは」と推察したうえで、「うちは業績悪化の影響で発行エリアを次々に縮小しており、今年3月にはついに南九州から完全撤退しました。事業局関連では2013年に九州一周駅伝を終了しています。大濠花火がなくなったということは、高校生柔道・剣道の祭典、金鷲旗と玉竜旗も聖域ではなくなるかもしれませんね。とにかく縮小傾向なんです」と、苦笑いする。

▲大濠公園(福岡市中央区)で行われる花火大会は、
 夏の風物詩だった

 西日本新聞広報部によると、大濠花火終了に向けた検討や議論がいつから行われて、いつ終了が決定したのかなどは「答えられない」という。例年の予算規模や大会中の事故・負傷者数なども「非公表」と、いつも取材する側の割にはにべもない回答に終始した。唯一明確だったのは、今回の終了が過去にあったような「休止」ではないということで、「再開予定はありません」と明言した。

 福岡市民の声はさまざまだ。出版関係の50代男性は「何十年も楽しんできた大濠花火はすでに福岡の文化といっていい。おそらく採算がとれないのでしょうが、新聞社がお金を理由に文化を切り捨ててよいのでしょうか」と憤る。

 逆に「終了は当然」と受け止めるのは、20代の女性(IT関係)。「一度だけ花火を見るために大濠公園に行きましたが、想像以上の人出に足がすくみました。人の流れに乗らないと移動もできず、もし将棋倒しでも起きたら大事故になると怖くなりました。花火を見るならテレビで十分で、二度と行こうとは思いません」。

 西日本新聞社は発行部数減・減収に歯止めがかからない状況だ。かつて発行部数80万部を誇った「ブロック紙の雄」も現在は64万部に減少。単独売上高は過去10年間で約98億円も落ち込んでいる。2018年に始まった「あなたの特命取材班」シリーズは好評だが、「記事を探しにくい」と社内でも不評の同社HPのリニューアルは進んでおらず、大組織にありがちな決定の遅さが改革をはばんでいるという声もある。

 大濠花火の終了は「不採算部門切り捨て」の一環か、市民の安全を重視した苦渋の決断なのか――大濠花火の日、中学生の息子が「女子と夜に会える数少ないチャンス」と浮足立っていたのをお伝えして、本稿を閉じたい。

 暑く、長かった夏もそろそろ終わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年09月21日 17:38
NEW!

【10/3】福岡のソウルフード、てんぷらの「ひらお」がアクロス福岡にオープン

   福岡のてんぷら専門店「天婦羅処ひらお」が10月3日、福岡市中央区のアクロス福岡地下2階に新店舗をオープンする。店舗面積は約35坪で、席数は30席。...

2018年09月21日 17:11
NEW!

【沖縄県知事選2018】投票所での撮影は許されるのか?~公職選挙法では「想定外」

  進んで日常を「晒す」時代の秘密選挙のありかた ▲広大な面積を独占する普天間飛行場。  右側に輸送機「オスプレイ」が停まっているのがわかる ...

2018年09月21日 16:55
NEW!

筑後川に男性の変死体

   21日午後0時57分、福岡県大川市新田の新田大橋から南方約600m先の筑後川内で、通行人が男性の変死体を発見した。現在、福岡県警が遺体の身元などを調べている。

2018年09月21日 16:12
NEW!

「筑後川で人が流された」は見間違え~ネット一時騒然

   きょう(21日)昼、増水した筑後川で「人が流された」との通報が警察および消防に寄せられ、緊急車両が事故現場とされる河畔に集結。SNSでも「筑後川で誰かが流された...

2018年09月21日 16:09
NEW!

中国経済新聞に学ぶ~日本3大車メーカー 中国で生産力拡大

   トヨタ、ホンダ、日産の日本3大自動車メーカーがこのごろ、中国での増産投資計画のスタートを相次いで決定し、生産能力を拡大させ、中国市場でより多くのシェア獲得をねら...

2018年09月21日 15:39
NEW!

生涯介護のいらない人生で最期まで親の尊厳を保つ~痛みや高血圧は悪玉か善玉か?

  日中特殊鍼法研究会会長 長尾治療院院長 長尾 良一  ▲長尾 良一 氏  痛み、痺れ、だるさなどや、不安やイライラ...

安倍政治の終わりの始まり意味する自民党党首選

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は20日の自民党総裁選で明らかになった勢いに翳りがみえる安倍...

2018年09月21日 15:22
NEW!

アセアンのリーダー国を目指すインドネシアの強みと弱み:日本の出番!(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年09月21日 15:08
NEW!

地場企業を育成したバンカー(4)~企業と街を育んだ銀行マン

  福岡銀行元専務 杉浦 博夫 氏  地域の発展には、商工業の育成が欠かせない。それを担うのが、主に地元の銀行であろう。預金という形で企業の財産を守る...

2018年09月21日 15:00

【特別企画】芝居と音楽が織りなす至福の時間と空間~1人演劇「信長」

   芝居と音楽のコラボ再び。昨年6月、大濠公園能楽堂で開催された中島淳一氏と黒木あすか氏による競演は大盛況で幕を閉じた。そして今回、新たに元衆議院議員で音楽家の新開...

pagetop