• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年09月14日 11:46

【大濠花火大会に終了宣言】西日、大濠花火やめるってよ~西日本新聞が発表

安全な大会運営は限界「街の安全を脅かしている」

 長く福岡市民に親しまれてきた夏の風物詩「西日本大濠花火大会」(大濠花火)が今年8月1日に開かれたのを最後に終了することになった。主催者の西日本新聞社が14日付の本紙で発表したもの。西日本新聞は、柴田建哉社長の署名入り「『西日本大濠花火大会』終了のごあいさつ」を一面すべて使って掲載している。

 「終了宣言」文によると、大濠花火は1949年に戦没者の鎮魂と戦後復興を目的に始まったという。何度かの中断や休止を経て今年で56回目を迎えていた。

 全方位から観覧可能な都市型花火大会は国内でも例がなく、福岡市の人口急増を背景に毎年40万人(主催者発表)を超える人出を集めていた。同社広報部によると近年では2008、09年の48万人が最多で、今年は43万人が大濠公園周辺に集まった。「終了宣言」によると安全な大会運営は限界にきており、雑踏事故の危険性が頻発したほか、今年はNetIB-Newsでも既報のヒマワリ花壇が踏み荒らされるなどの被害も起きていた。

▲大濠花火の観覧者に踏み荒らされたヒマワリ

 さらに今年の猛暑も大会運営に影響を与えており、「身の危険を覚えるほどの事態に陥ったことも事実です」(終了宣言より抜粋)と、深刻な事態に直面していたことをうかがわせている。

 大濠花火終了の原因について「終了宣言」では、(1)収容人員をはるかに超える観覧者が集まること、(2)それによって生じる混乱で観覧者の安全の確保が難しいこと、に加え(3)パトカーや救急・消防の緊急出動の妨げになる恐れがあり「街の安全を脅かしている」と総括している。

不採算事業からの撤退か

 夏の風物詩の「終了宣言」は、西日本新聞関係者や福岡市民に驚きをもって受け止められている。同社の中堅記者はデータ・マックスの取材に、「とにかく驚きました。今年の花火は終わったのに、なにをいまさら……と思ったら、完全終了なんですね」と話す。

 さらに「社内でもごく一部の関係者しか知らされていなかったのでは」と推察したうえで、「うちは業績悪化の影響で発行エリアを次々に縮小しており、今年3月にはついに南九州から完全撤退しました。事業局関連では2013年に九州一周駅伝を終了しています。大濠花火がなくなったということは、高校生柔道・剣道の祭典、金鷲旗と玉竜旗も聖域ではなくなるかもしれませんね。とにかく縮小傾向なんです」と、苦笑いする。

▲大濠公園(福岡市中央区)で行われる花火大会は、
 夏の風物詩だった

 西日本新聞広報部によると、大濠花火終了に向けた検討や議論がいつから行われて、いつ終了が決定したのかなどは「答えられない」という。例年の予算規模や大会中の事故・負傷者数なども「非公表」と、いつも取材する側の割にはにべもない回答に終始した。唯一明確だったのは、今回の終了が過去にあったような「休止」ではないということで、「再開予定はありません」と明言した。

 福岡市民の声はさまざまだ。出版関係の50代男性は「何十年も楽しんできた大濠花火はすでに福岡の文化といっていい。おそらく採算がとれないのでしょうが、新聞社がお金を理由に文化を切り捨ててよいのでしょうか」と憤る。

 逆に「終了は当然」と受け止めるのは、20代の女性(IT関係)。「一度だけ花火を見るために大濠公園に行きましたが、想像以上の人出に足がすくみました。人の流れに乗らないと移動もできず、もし将棋倒しでも起きたら大事故になると怖くなりました。花火を見るならテレビで十分で、二度と行こうとは思いません」。

 西日本新聞社は発行部数減・減収に歯止めがかからない状況だ。かつて発行部数80万部を誇った「ブロック紙の雄」も現在は64万部に減少。単独売上高は過去10年間で約98億円も落ち込んでいる。2018年に始まった「あなたの特命取材班」シリーズは好評だが、「記事を探しにくい」と社内でも不評の同社HPのリニューアルは進んでおらず、大組織にありがちな決定の遅さが改革をはばんでいるという声もある。

 大濠花火の終了は「不採算部門切り捨て」の一環か、市民の安全を重視した苦渋の決断なのか――大濠花火の日、中学生の息子が「女子と夜に会える数少ないチャンス」と浮足立っていたのをお伝えして、本稿を閉じたい。

 暑く、長かった夏もそろそろ終わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)NEW!

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。たとえば百道浜O...

2019年07月17日 18:05

廃棄物のグレーゾーン「アミシタ」はどこに消えているのか

 「多くの中間処理施設では、どうしてもアミシタが発生するが、実際に管理型処分場にもち込む業者は少ない。一体どこに消えているのか」――そう話すのは、福岡県内の産廃処理業...

2019年07月17日 17:43

異色の芸術家・中島淳一氏の魅惑のアクセサリー ~エドマッチョ 福岡PARCO本店

 福岡を拠点に、絵画や演劇など幅広い芸術活動を行っている異色の芸術家・中島淳一氏。同氏が描いた本物の絵画を樹脂でとじ込めた魅惑のアクセサリー「La Monus」が、福...

2019年07月17日 16:11

IR環境アセスメントへの無知 実行計画は大幅な遅れの可能性あり

 前回、長崎ハウステンボス(HTB)へのIR Project=カジノを含む統合型リゾート施設誘致に関連して、過去の巨額な投資での開業から、現在に至る度重なる崩壊の歴史...

2019年07月17日 14:33

スマホオーダー「スマホdeくら」導入開始 福岡は8月下旬から

 回転すしチェーン「無添くら寿司」を全国に展開するくら寿司(株)(本社:大阪府堺市、田中邦彦社長)は16日、スマートフォンを活用した新サービス「スマホdeくら」を「新...

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

pagetop