• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年10月12日 13:11

本庶佑氏、がん免疫療法の研究でノーベル賞を受賞~ノーベル賞で東大が京大に勝てない理由

 京都大学の本庶佑(ほんじょ・たすく)特別教授らの、2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった。これまでのがん治療は、手術や放射線治療のほか、がん細胞そのものに直接働きかける化学療法が中心だった。今回、ノーベル賞を受賞した本庶教授の研究から生まれた小野薬品工業のがん免疫薬「オプジーボ」は、これまで世界のほとんどのがん専門家が考慮に入れなかった免疫療法でがんを克服する革新的な薬だ。

 ノーベル賞を受賞した本庶教授は、誰もやっていないオンリーワンを目指すことが独創的な研究への近道だと語っているが、画期的ながん免疫治療薬「オプジーボ」を生み出したがん免疫研究の発見に至るまではどのような道のりだったのだろうか。

 本庶教授が研究を行い、多くの学生を指導しているのは京都大学の「免疫ゲノム医学」研究室。一般的に、東京大学は「官」に強く、京都大学は我が道を行く人が多いといわれる。「オプジーボ」が登場するまで、ほとんどのがん専門家はがんに免疫療法の効果があるとは考えていなかったため、今回のノーベル賞受賞はこれまで注目されていなかった視点で研究に取り組んだ成果ともいえる。本庶教授の「常識にとらわれずに今までになかった新しい価値観をつくる」という姿勢は、本庶教授が日々研究を行っている京都大学の校風も大きく影響していると考えられる。

 京都大学とはどのような大学なのだろうか。まず、京都大学の校風を一言で表すと「自由」。つまり、自主性を大切にして、何事も自分で考えて決めることを尊重する教育方針だ。学生生活を送るにしても、研究を志すにしても、大学がその方向性を決めることは少ない。そのため、人はこのやり方が好きだからとか、この分野に興味があるからという自分の意思で行動する。また、他者が自分とは違った意見をもっていることに寛容な人が多いのも特長だ。そして、お互いの意見を交えて議論することが大好きで、考え方が違っていれば話し合えば良いと考えている。そのため、常識にとらわれずに人がもって生まれた個性を尊重し、長所を伸ばす仕組みが整っているといえる。

 京都大学の自由な校風は、自分の考えで決めて良いというポジティブな効果を生む反面、自分で決めて行動したことの結果は自分で受け止めるという責任をともなう。もし進む道にレールを敷いてくれる大学ならば、そのレールに乗っていれば成果を得られるだろう。一方、京都大学では自主性が尊重されるため、自分で判断したことの結果を受け止める経験をたくさん積むことができ、物事を判断する力が磨かれると考えられる。

 研究者という仕事は、ノーベル賞などの華々しい一面はあるものの、成果を出して表舞台で発表することは仕事の中のほんの一部である。研究者の仕事のほとんどは、まだ知られていない課題に地道に取り組む時間であり、「発見」や、今までになかったものをつくり出す「発明」を求めて、道がないところに道をつくっていく行程でもある。研究で成果を上げられるかどうかは、今まで誰もやっていなかったことに興味や関心をもち続けて取り組めるか、つまり自分の道を貫くことができるかにかかっている。何ごとも自分で考えて決めるという個人の意思を尊重する京都大学の校風が、優れた研究者を育てていることはほぼ間違いないだろう。

 ノーベル賞を受賞するような研究では、それまで注目されていなかった観点からの取り組みが大発見につながった例も多い。研究は、成果がかたちになるまでに多くの年月を費やす。そのため、いつまでも研究対象への情熱をもち続け、地道に研究を続けられる人が、長い目で見ると研究者として大成していると感じる。人と違う感性をもち、人と違うことをやり続けること。一般的には変わり者として見られることが多くてハードルの高いことだが、京都大学には、どんなに人と違っていても自分の関心のあることに純粋に情熱をもち続けることを尊重する校風がある。そのような校風も、数多くのノーベル賞受賞者輩出につながっているのではないだろうか。

▲京都大学の自由の象徴としても知られる「吉田寮」は、
100年を超える歴史を持つ
しかし、大学構内の名物だった「立て看」を規制する動きがあるなど、
「京大の自由」も徐々に変わりつつある
(画像は、2018年「入寮案内」から)

【石井 ゆかり】

<プロフィール>
石井 ゆかり

みどりの宇宙(株) 経営コンサルタント。筑波大学卒業。京都大学農学研究科修士課程修了。ヘルスケア関連メーカーに勤務後、人の健康と企業の発展に貢献したいという想いから、経営コンサルタントとして中小企業の経営支援を行っている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年12月10日 17:59

明治「明治エッセルスーパーカップ」など計23商品の値上げを発表

   明治(本社:東京都中央区、松田克也社長)は10日、来年3月1日から市販用アイスクリームの価格改定を実施すると発表した。  対象商品は「明治エッセルスー...

2018年12月10日 17:53

中九州横断道路 朝地IC〜竹田IC、来年1月19日に開通

    国土交通省九州地方整備局は4日、中九州横断道路の一部として建設中の「大野竹田道路」のうち、朝地IC〜竹田ICを結ぶおよそ6.0kmの区間が、2019年1月19...

2018年12月10日 16:23

豊洲市場の「闇」に光差す!東京高裁「抗告許可」決定(前)~技術専門家が解説

   豊洲市場水産仲卸売場棟の構造計算偽装(設計:日建設計)をめぐる裁判において、仮の使用禁止申立に関して、5日、東京高裁は「抗告許可」を決定した。東京地裁、東...

2018年12月10日 15:26

福大・医学部で、浪人生が不利になる不適切な評価を実施~データ・マックスの取材に虚偽回答か?

   福岡大学(福岡市城南区)は8日、同大医学部の入試で浪人生の配点が現役生より低く設定されていたことを発表。同日行われた記者会見で、「不適切だった」と陳謝した。 ...

2018年12月10日 15:08

西鉄、年末年始に太宰府天満宮までの臨時列車、臨時バスを運行

   西日本鉄道(以降、西鉄)は7日、太宰府天満宮参拝客の利便性向上のために臨時列車「大晦日(終夜)臨時列車」「臨時急行『初詣号』」と臨時バスを運行すると発表した。 ...

2018年12月10日 13:50

福岡県知事選の進退、小川知事「早い時期に決めたい」

  議会中継より  小川洋福岡県知事は10日、福岡県議会で来年4月に行われる福岡県知事選の進退について公明党県議団の代表質問(田中正勝県議)で...

2018年12月10日 13:39

『脊振の自然に魅せられて』「ヤブコウジ」藪柑子 ヤブコウジ科

   山道を歩いていると背丈は10cmから15cmぐらいで、ひっそりと赤い実をつけた植物を目にします。晩秋から冬にかけて、たくましく花や実をつける「ヤブコウジ」です。...

2018年12月10日 13:22

くるり九州ひたすら歩く旅~九州一周、完歩を目指す(21)

   国道3号線と10号線をひたすら歩く“九州一周完歩”の旅。歩行距離は実に833kmにおよぶ。週末を利用しつつ、実際に現地に赴き九州の...

2018年12月10日 11:51

仮想通貨関連の(株)フィスコ 業績予想を修正

   ビットコインを中心とした仮想通貨などの金融情報提供、仮想通貨取引所運営などの(株)フィスコ(東証JASDAQグロース、本社:東京都港区、狩野仁志社長)は12月7...

2018年12月10日 11:30

芝浦グループが忘年会開催~かくし芸大賞はホールディングスが受賞

  新規事業を発表する新地哲己会長兼CEO  太陽光発電事業で知られる芝浦グループは、12月7日、「ホテルニューガイアオームタガーデン」で忘年...

pagetop