• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年12月05日 07:01

若手社員に権限をもたせ自覚を促す 人材育成が未来のカギを握る(後) 時代を紡ぐ企業110社 

(株)九設

若手を大胆に抜擢、責任をもたせることで社員は育つ

(株)九設 田島 貴博 社長

 そのために必要なのは、社員教育。たとえば社外のコンサルタントによる教育プログラムを導入する、という考え方もあるだろうが、田島社長がまず考えているのは自社内でどうクオリティを上げていくかだ。

 「弊社の特徴は、20代や30代の若い社員が多いことです。これを生かし、若くても能力のある社員はどんどん抜擢し、責任のある役職に就けるようにしています。抜擢された社員は部下を育てながら、自分もまた成長していく。できる若手社員は、在籍2~3年でも10年目のベテランよりも光る面を見せます。抜擢された若手は大変なこともあるでしょうが、やりがいにもつながると思いますよ」。

 年齢が若い、もしくは社歴が浅くとも、力さえあれば上に登れる。若手からすれば願ったりかなったりというところだろうが、田島社長としては悩みもあるという。

 「歴史が長い会社なら、定年で退職していく社員と新たに採用する社員の数でバランスをとっていけばいいのですが、弊社はまだまだ減員よりも採用による増員のほうが多い、若い会社です。つまりは販管費はこれから増えていく構造にあるわけです。利益率を高くし、収益構造もより改善していかなければ良けない」。

 まさに、伸びている会社ならではの難しさだが、反面、責任のある立場を任される若手社員には一層期待がかかるところだ。

 2020年の東京オリンピックに向けた建設業界全体の好況ムードに加え、沖縄でもさまざまな案件が動いている。能力のある若手が、力を発揮できる場面は数多くありそうだ。

 「大手サブコンが、今後どのような動きをしていくのか。現在、大手サブコンは関東や沖縄に注力していますが、オリンピックバブルが終わった後、それだけの売上を地方で上げようとしてくるなら、弊社や地場サブコンにとっては厳しい戦いになる」と田島社長は気を引き締める。そのためにも、積極的な若手登用で会社の地力を蓄えていきたいところだ。

施工の質、教育の質を向上

 ITを中心とした技術が日進月歩で進化していく今日、同社はどのようなかたちで時代に適応していくのだろうか。建設業界はまだまだアナログな感覚が強い、と苦笑する田島社長だが、九設ではタブレットを使って遠隔地から現場の状態を確認するなど、徐々にIT技術を応用した仕組みの導入を検討している。

 「従来は、たとえば福岡にいる上司が熊本の現場の状態を確認したいと考えると、半日~1日仕事になりますし、経費もかかります。タブレットを使えば、その場を動かず、リアルタイムで確認してすぐに指示を出せます。360度全方向を確認できるのもいいことです。若手社員の教育にもなりますし、毎日でも確認できる。このようなシステムを導入することにより施工の質も上がります」。

 社員同士や、上司・役員とのコミュニケーションにはLINEを活用している。プライベートで使っている社員も多いため、ツールの習熟に手間暇をかける必要がないのも利点だ。「私自身、社内でつくっているLINEグループにはすべて入っています。いちいち口を出すと社員がやりにくいでしょうから、なるべく発言はしませんが」と笑う田島社長。案件ごと、現場ごとの進捗の様子も文字や写真で一目で確認できるのは強みだ。「以前はすべて電話。となると、現場に出ている社員はつかまりにくかったり、知りたい情報をもっている社員が誰なのかを把握するのも一仕事でした」。

 業界の新しい潮流として田島社長が注目しているのが、IR(統合型リゾート)の登場だ。「カジノ法案」の名で注目を集めたIR推進法案(正式には特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)が16年12月に可決・施行され、現在全国の自治体で施設誘致に向けた検討が進んでいる。実質的なカジノ解禁につながるため問題視する声もあるが、外国人観光客の誘致が進むとして歓迎する意見も多い。

 「IR施設が置かれる場所が決まれば、大きな需要が生まれる。営業所を置くなど、対応していきたい」。

 将来的には海外展開も視野に入れている。設計など、国内では人的コストがかかる部門を海外にアウトソーシングできないか模索している。「国内で技術を学んでもらい、現地に会社を設立して仕事を発注するかたちを考えています」とのこと。国内外を問わず、人材育成に尽力しながら、九設は歩みを続けていく。

(了)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田島 貴博
所在地:福岡市博多区上牟田1-11-25(福岡支店)
設 立:1996年3月
資本金:2,000万円
TEL:092-409-3770
URL:http://www.kyuusetsu.co.jp

<プロフィール>
田島 貴博(たしま・たかひろ)

 1970年7月生まれ、大分市出身。大分商業高等学校情報処理科卒。96年、(有)タシマ(現・(株)九設)を創業。2005年に代表取締役専務となり、トップ営業で事業の拡大を図る。15年4月、同社代表取締役社長に就任。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催NEW!

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)NEW!

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)NEW!

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)NEW!

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop