将来的な役員退職金に備える
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月14日 07:01

将来的な役員退職金に備える

 中小企業の経営者にとって、事業承継は非常に重要ですが、同時に難しい課題でもあります。近年、経営者の年齢が上がっており、2017年のあるデータによれば平均年齢は61.45歳で、5年連続で上昇を続けています。社長の年齢分布は60代が31.98%、70代以上が26.18%の構成になっており、今後、ますます事業承継問題を抱える企業が増加していくと予想されます。

 先日、ある経営者から、先代の代表者の退職金支払いについて相談を受けました。先代社長は体調を崩して5年前から療養中で、残念ながら今秋にお亡くなりになられ、今期、退職金を遺族に支払いたいとの相談でした。

 役員退職金の計算式は、「最終役員報酬月額×役員在任期間×功績倍率」で算出されます。しかし、この算出された退職金額はあくまで参考値であり、業種や規模、業績など退職理由を十分加味して決めることが通例です。法人税法上では、不相当に少額な役員退職金は損金算入が認められておらず、合理的な金額でなければなりません。

 このケースでは、同業種のデータや実例を参考に顧問税理士と打ち合わせをして、遺族の理解を得たうえで円満にお支払いを終えることとなりました。しかし、その際に解決しなければならなかったことが2点あります。まず、決算についてです。退職金支払いは前出したように損金算入となりますので、当期の決算が赤字決算となりました。取引先への説明は明確にできますが、決算書上で支障をきたす可能性がある業種では、大きなマイナスとなります。2つ目は退職金の原資です。まとまった資金を退職金に充当するためにキャッシュフローが厳しくなり、想定外に運転資金を借り入れし、調整することとなりました。最終的に、先代への強い思いから2つの問題を乗り越えて、退職金の支払いを円満に行いましたが、「事前にもう少し準備しておけばよかった」と現経営陣はつぶやいていました。

 では、どのような準備ができたのか。その1つに、生命保険の活用があります。先代の社長が体調を崩されていたため保険を検討していませんでしたが、将来を見越して退職金の原資として積み立てておくほうが良かったのかもしれません。契約形態としては、【契約者:法人・被保険者:現社長】【受取人:法人】となります。この法人は近年、業績も好調でしたので、全額損金処理が可能な保険商品に加入することで、先代社長が体調を崩されてからの5年間だけでも税の繰り延べが可能になります。今期保険契約を解約することにより、雑収入が発生し、退職金の原資に充当できたと思います。保険の解約金は雑収入となりますので、雑損失となる支払退職金と相殺して、決算も赤字にならなかったかもしれません。

 今回の件で、将来のために現社長を被保険者としたご提案をさせていただいているところです。

<プロフィール>
玉井 省吾(たまい・しょうご)

1965年生まれ。長崎出身。88年、福岡シティ銀行入行。県内外の支店に勤務し、中小企業の法人営業を担当。事業者に対し、事業融資、経営アドバイスを行う。99年、外資系保険会社に入社し、ライフプランナーとして勤務。その後、保険を活用した経営コンサル業を開始。2018年1月より現職。(株)アンツインシュアランス 代表取締役社長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop