• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月26日 07:01

【人生100年時代に向けて】有事の保証からリスク回避へと大きく変わる日本の民間保険!(後)

住友生命保険相互会社

加入後毎年の健康診断や継続的な健康増進活動の評価で保険料が変動
 住友生命保険相互会社(以下:住友生命)では、18年7月24日に、健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を発売した。この「Vitality」は、世界17の国と地域で提供されグローバルに評価を得ている南アフリカの金融サービス会社Discovery Ltd.社(以下:ディスカバリー社)の健康増進プログラムで、従来の「加入時またはある一時点の健康状態を基に保険料を決定し、病気等のリスクに備える」という生命保険とは一線を画し、「加入後毎年の健康診断や日々の運動等、継続的な健康増進活動を評価し、保険料が変動する」ことにより、リスクそのものを減少させることを目的とした画期的な商品だ。

 実は住友生命では、すでに16年7月にディスカバリー社、ソフトバンク㈱との3社で“日本をもっと健康に”というキャッチフレーズを掲げた「Japan Vitality Project」を発表し、「Vitality」の日本市場導入に向け2年の歳月をかけて準備を行ってきた。「Vitality」の理念は、「人生100年時代」と言われる現在の長寿社会において、個々の健康状態の向上に貢献することで、健康長寿社会の実現を目指すこと。ディスカバリー社は1国1社の生保会社と提携して各国で「Vitality」を導入しており、日本では住友生命が独占契約を締結した。もちろん日本初上陸となる。

 加入時に保険料を割引き、その後の健康増進への取り組み状況によって保険料が変動する仕組みで、保険料が上がる場合もあることから、それを回避しようという意識が働き、健康増進への取り組みを継続することが狙いの1つ。さらに、日々の運動など期中の取り組みを評価する仕組みや、「アクティブチャレンジ」のような1週間単位の短期の取り組み結果に応じてコーヒー無料券などを受け取ることができる仕組みなど、短期、中期、長期に分けて行動科学に基づいた設計となっている。

 世界的にみて、全死亡原因の約60%は「がん」「糖尿病」「循環器系疾患」「肺・呼吸器系疾患」という4つの生活習慣病。そして、これらは「運動不足」「不健康な食生活」「喫煙」「アルコール過剰摂取」という4つの不健康な行動が大きな原因となっている。「Vitality」の健康増進プログラムは、これら不健康な行動を変えていくためのきっかけとインセンティブを与えるように設計されており、健康状態の改善につながることが期待される。

 さらに、「Vitality」の目的に共感した11社のパートナー企業と提携し、各パートナー企業とともに、顧客の健康増進活動への取組みと継続をサポートする“住友生命「Vitality」”加入者向けの特典(リワード)として、さまざまな商品・サービスを割引価格にて提供している。通常の10~20%程度の割引とは一線を画した、数字的にもインパクトのある特典が特徴だ。
 住友生命では、併せて「健康長寿社会の実現」という社会的課題の解決に向け、「Vitality」を核に、「お客さん」「社会」「会社・職員」が共有の価値を創造していく「CSVプロジェクト」にも取り組んでおり、生命保険マーケットを根本から変えていく可能性がある。

続々と登場する健康連動型保険

 東京海上日動あんしん生命保険㈱では、1日あたりの平均歩数が8,000歩以上となる計測単位期間の数に応じて、健康増進還付金受け取れる「あるく保険」を発売している。2年間を、6カ月ごとの4計測単位期間に分けて、ウェアラブル端末等による平均歩数を計測、2年後に、計測結果に基づき、健康増進還付金が受け取れるというものだ。また、第一生命グループのネオファースト生命保険㈱は、実年齢に代えて健康年齢を使用した「からだプラス」を昨年から販売している。契約時には実年齢を用いて保険料を算出するが、3年ごとの更新時には、健康診断等の検査項目結果等に基づいて算出した健康年齢を用いて、以後の保険料を決定するため、健康年齢が若いほど保険料が安くなるというものだ。

 万一の備えであった生命保険は、人生100歳時代を迎えて、健康サポート商品としての機能を持つ新たなステージへと大きく変化してきている。健康状態によって保険料や保険金が変わってくるという実利に結び付く行動科学を取り込むことにより、結果が出やすいのが特徴の1つだ。今後、健康寿命延伸に貢献する商品という新たな側面でますます注目されてくるのではないだろうか。

(了)
【取材・文・構成:継田 治生】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop