• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年01月29日 10:42

脱原発政策で賑わっている太陽光ビジネス(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏 

 太陽光発電は発電効率に問題があると指摘されている。モジュールの効率は技術発展で徐々に効率が上がってきているものの、太陽光発電は外部要因による効率の低下が避けられないようだ。よって、太陽光発電はモジュールの最大効率が発揮されるのはまれで、温度、湿度、雲の量、日射量などの気象条件と、ごみや汚れによって効率が下がりやすい。

 通常、太陽光発電では、温度が1度上がると、効率が0.5%ずつ減少する。よって、夏場は日射量が多いにも関わらず、温度と湿度によって、むしろ発電量は少なくなる。このような温度上昇による発電効率の低下を防ぐためには、大きく3つの方法が模索されている。

 1つ目は冷却装置をつけることによって、熱を放出させる方法である。2つ目は、太陽電池の素材または構造を変更することによって、温度上昇による影響を少なくする方法である。3つ目に、水面上にパネルを設置することによって、パネルの温度が上昇しないようにする方法である。水面上の太陽光発電は、陸地の太陽光発電にくらべ、発電効率が10%高いという統計もある。
買取価格の下落も太陽光発電ビジネスのリスク要因として挙げられている。現在はわれ先にと多くの企業が太陽光発電事業に参入しているが、買取制度は税金によって賄われているので、税源が不足してくると、買取価格が下がることを考慮する必要があるという話である。

 太陽光発電が最も反対されている理由に、太陽光発電が引き起こす環境問題があると言われている。林野に建設される太陽光発電所は、森林を伐採したり、山を削ったりするので、環境問題への悪影響が大きいと懸念されている。実際、台風による太陽光発電所の土砂崩れなどが被害として発生している。

 さらに、使い終わった太陽光パネルが引き起こす環境問題も危惧されている。太陽光パネルには多結晶シリコンという原料が使われているが、パネルを製造する過程で、四塩化ケイ素が発生するという。四塩化ケイ素は肌や目に悪い影響を与えるだけでなく、呼吸困難を引き起こす可能性があることが指摘されている。また廃棄された太陽光パネルから鉛、カドニウム、インジウムなどの重金属が検出されている。このような重金属は水質、空気、土壌を汚染させるだけでなく、そこで育った植物による悪影響も問題視されている。寿命がきているパネルは再生する方法も検討されているようだ。

 最後に、太陽光発電は発電量の変化が激しく、電力網への悪影響が懸念されているが、ドイツは再生可能エネルギーが全電力の30%を占めているにも関わらず、同国の2015年の停電時間は12.7分に過ぎなかったという。むしろ、ドイツは電力網の安定化に向けて努力を惜しまなかった結果、電力網は以前より安定しているようだ。蓄電池などのバックアップシステム、需要予測などの周辺産業が発展するきっかけになったという。

 国際エネルギー機構(IEA)の評価によると、電力需要の15%~20%水準では、電力網にあまり影響がないという。上記で見てきたように、太陽光発電は現段階ではいろいろな問題を抱えているのも事実のようだ。だから、国の政策によってむやみに太陽光発電を普及させることは得策ではない。太陽光発電の技術進歩に歩調を合わせて、徐々に普及させていくことが望ましいだろう。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年02月15日 16:00

【特別レポート】九電工関係者による傷害致死事件の真相を探る(4/完結編)~開成→東大卒弁護士による不自然な勾留理由開示請求

  昨年9月、長崎県五島列島の北端に浮かぶ小さな島で起きた傷害致死事件。加害者とされる男性が自首したにもかかわらずなぜかすぐに釈放され、いくつも不明な点が残され...

2019年02月16日 07:05

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(後)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏 各事業の取り組み  ―19年の事業展望について。アグリ事業では多数雇用...

2019年02月16日 07:02

【日韓ビジネスコンサルタントの視点】米中貿易戦争長期化への懸念~戦々恐々の韓国経済(3)

  中国が取り得る3つの戦略  それでは、今回の米中貿易戦争の真の狙いはどこにあるだろうか。中国はこのペースで行くと、2020年の中盤ごろアメリカを抜いて...

2019年02月15日 18:11

元オネエ系タレントの振付師K・Bの弟も~中洲のクラブ経営者、脱税容疑で逮捕

   福岡地検特別刑事部は2月14日、所得税法違反(脱税)の疑いで、飲食店経営者椛島(かばしま)譲治(48)、竹田一郎(48)、井上貴博(41)、植村勲(39)、中...

2019年02月15日 17:56

わらび座「北前ザンブリコ」みどころ(1)

  ■劇団わらび座ミュージカル「北前ザンブリコ」 <開催日時> 2019年3月5日(火) 18:30~(開場18:00) &...

2019年02月15日 17:51

シノケン18年12月期は増収減益 市況悪化で今期は抑制予想

   15日、シノケングループが2018年12月期(連結)の決算発表を行った。同期の売上高は1,113億円(前期比5.1%増)、営業利益は118億円(8.3%減)、経...

2019年02月15日 16:06

石油から水へ:新たな富を生む『水力(ウォーター・パワー)』(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2019年02月15日 15:43

「はかた一番どり」のあらい、古賀市ふるさと返礼品で賞味期限切れ品を誤発送~昨年11月には宗像市の返礼品でも誤発送

   古賀市役所は14日、同市のふるさと納税返礼品を取り扱う株式会社あらいが、賞味期限切れの鶏がらスープを含む返礼品「水炊きセット和(なごみ)」5セットを発送してい...

2019年02月15日 15:25

芝浦グループ多角化戦略のいま 繁栄の鍵は「人財」発掘にあり(前)

  芝浦グループホールディングス(株) 代表取締役社長 新地 洋和 氏  北九州市の小さな電気店「シンチデンキ」からスタートし、太陽光発電マンションか...

2019年02月15日 15:09

越後薬草の塚田久志社長が死去

   越後薬草(株)(本社:新潟県上越市)代表取締役社長・塚田久志氏が2月13日に死去した。65歳だった。  同氏は1976年に新潟県糸魚川市筒石で同社を...

pagetop