• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月04日 16:45

激突!伊藤忠がデサントに敵対的TOBへ まず、デサントの御曹司を担ぐ「番頭4人組」の追放だ!(前)

 伊藤忠商事は1月31日、スポーツ用品大手デサントに対するTOB(株式公開買い付け)を始めた。伊藤忠は現在、30.44%を保有する筆頭株主。TOBは3月14日まで、1株あたりの買い付け価格は、デサント株の前日終値(1,871円)の約1.5倍となる2,800円。取得総額は約200億円。デサントの重要案件への拒否権を得られる「3分1」超の株式取得で、最終的には40%の保有をめざす。


経営陣の刷新を求める

 伊藤忠の狙いはどこにあるのか。読売新聞オンライン(2月1日付)は、こう報じた。

 〈伊藤忠の小関秀一専務執行役員は31日午後、大阪市内で報道陣の取材に応じ、創業家出身の石本雅敏社長が主導するデサント経営陣への不信感をあらわにした。伊藤忠は、TOB完了後、デサントの取締役を10人から6人程度に減らし、社外取締役の2人を除いて伊藤忠とデサント側で2人ずつを要求する方針だ。

 TOBの直接の引き金となったのは、デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)。昨年11月にデサントから打診を受けたが、「巨額の借り入れをしてまでやる利点がない」(小関氏)として反対し、TOBへと判断が傾いたという〉

 狙いがはっきり見えてくる。伊藤忠に叛旗を翻した「番頭4人組」の追放だ。デサントの10人の取締役はこうなっている。

【デサントの取締役】
会長             中村一郎(63)            前伊藤忠商事専務執行役員
社長             石本雅敏(56)            創業家3代目
専務執行役員(最高製品責任者)田中嘉一(61)           
常務執行役員         三井久(64)              デサントジャパン社長           
常務執行役員(最高戦略責任者)羽田仁(63)          
常務執行役員(最高財務責任者)辻本謙一(63)
常務執行役員         金勲道(50)              韓国デサント社長
取締役            清水源也(57)            伊藤忠商事執行役員
社外取締役          井伊雅子(56)          一橋大学国際・公共政策大学院教授
社外取締役          朱 殷卿(56)           コアバリューマネジメント社長

 伊藤忠の人事構想は、田中専務、三井常務、羽田常務、辻本常務を更迭し、デサント側は石本社長と金常務の2人、伊藤忠側は中村会長と清水取締役の2人にするというもの。最大の狙いが「番頭4人組」の追放にあることがわかる。

岡藤会長の恫喝テープ

 TOBの直接の引き金になったのは、「デサント経営陣が投資ファンドと組んで検討していた経営陣による自社株買い(MBO)」と伊藤忠の小関専務執行役員は語っているが、いささかきれいごとすぎる。本当は、ドロドロした生臭いものだ。

 『週刊文春』(2018年11月1日号)が、『伊藤忠のドン岡藤会長の“恫喝テープ” デサント社長に「商売なくなるで」』という暴露記事を掲載した。

 両社のトップ会談は2018年6月25日、東京・青山の伊藤忠東京本社で行われた。デサント側が株主総会後の恒例の決算報告に訪れた。伊藤忠からは岡藤正広会長兼CEOと小関秀一専務執行役員・繊維カンパニープレジデント、デサントからは石本雅敏社長と三井久常務執行役員が出席した。

 デサントは連結売上高で約5割、営業利益で大半を韓国事業が占める。伊藤忠は市場規模の小さい韓国に依存するのは危険と判断し、経済成長が著しい中国市場を開拓するよう求めてきた。しかし、デサントは忠告を無視。韓国頼みの経営は相変わらずで、中国事業の取り組みは遅れている。それが伊藤忠のドン、岡藤会長を苛立たせていた。石本社長の顔を見るや、岡藤会長の怒りが炸裂した。

 「文春」によると、こんなやりとりだったという。

 岡藤「伊藤忠の信用だけで借りてな、『独立独歩でやります』と。ここまでナメられたら、やってられへん。俺のことを馬鹿にしているのかというとるがな」「(株を)売るとしたらライバル会社か中国かファンドやわな。それしかないわな。そうやろ?」

 石本「この1年の間に、(株を)増やすか減らすかを必ず決めるということですか?このまま一緒に何かをやっていくことを考えるのではなく、増やすか減らすのかどちらかということですか?」

 デサントは伊藤忠の信用をバックに商売ができているのに、持ち株が25%という中途半端な状態で、経営にグリップが利かない。なのに何かあったら伊藤忠が責任をかぶるのはおかしい。これが岡藤会長の主張だ。
  現状維持を主張する石本社長に、岡藤会長は経営体制についても言及した。

 岡藤「今の経営体制っていうのは、それはもう、会社の社長としたら我々は認められないわ、な?」

 石本「なぜ私がこのまま経営者でやっていくのが認められないのですか?」 

 2人の主張は平行線をたどり、ケンカ別れで終わった。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

2019年08月16日 07:06

“未完成”をメリットに進化を続ける機能性表示食品制度!~4度におよぶアクティブな改正で制度自体が業界をけん引!

 健康食品業界を大きく変えたといわれる「新たに機能性表示を可能とする仕組みの整備」が2013年6月14日に閣議決定されてから、早いもので6年の月日が流れたことになる。...

2019年08月16日 07:05

中小企業の現場で実現できるのか 働き方改革の課題とこれからの展望(後)

 働き方改革の時代は、働き方が異なる人がお互いに力を合わせて仕事するパッチワーク型、モザイク型のチームワークになると予想している。バリバリ働く人だけでなく、介護や育児...

2019年08月16日 07:00

『盛和塾』稲盛塾長、最後の講演(10)

 京都の地から始まり、全世界に広がった盛和塾という組織そのものは、本年12月をもって幕を閉じることになります。しかし、これからもフィロソフィを学び続けると同時に、その...

pagetop