2021年12月09日( 木 )
by データ・マックス

福岡県、筑豊地域の土木工事業者に指名停止措置

 福岡県は1月31日、安全管理義務を怠り、負傷者を出したとして(有)大親建設(所在地:嘉麻市小野谷)に1カ月間の指名停止措置を下した。

 負傷者が出たのは、飯塚県土整備事務所発注の「遠賀川河川災害復旧工事10工区」の施工現場。当該工事関係者1名が地上からおよそ3mの高所から転落し、肋骨を折る重傷を負ったという。高所で作業を行う際は安全帯の着用が義務付けられているが、当該工事関係者は安全帯を着用せず、同社も安全帯の用意をしていなかったため、著しく安全管理義務を怠ったと判断された。

 指名停止期間は2019年1月31日~同年2月28日までとなっている。

【長谷川 大輔】

関連キーワード

関連記事