• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月07日 13:00

米中貿易戦争の行方 中国に依存するアメリカの軍需産業(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

アメリカが抱くさまざまな危機感

浜田 和幸 氏

 アメリカのトランプ大統領が仕掛けた中国に対する一連の関税措置は中国からの対抗措置を招き、あたかも通商貿易戦争の様相を呈することになった。大統領選挙戦のころから、「アメリカ・ファースト」を標榜するトランプ大統領であるが、エスカレートする一方の米中対決において勝ち目はあるのだろうか。

 「習近平国家主席とは仲良くしたい。信頼できる相手だ」とことあるごとにツイッターではつぶやいている。ところが、「中国はアメリカから知的財産を収奪している。国際的なルールを守らない泥棒集団だ」と批判の声も荒らげる。どうやら、本心では中国は信用できないと思っていることは疑いようがない。

 政治家として選挙で勝つためには、中国を叩くことが効果的だと判断していることは間違いなく、貧富の差が拡大する現在のアメリカ社会に蔓延する有権者の不満のはけ口に中国を利用しているのであろうか。「国際的なルールを無視する傍若無人な中国と渡り合えるのは自分しかいない」と訴えることで、溜飲を下げる国民が多いことを意識しているようにも見受けられる。

 実は、近年、アメリカは中国に限らず、日本やカナダ、メキシコなど大半の通商相手国との間で大幅な貿易赤字を積み重ねている。とはいえ、とくに中国との間の貿易赤字は年々拡大の一途を遂げており、アメリカとすれば「我慢の限界」に達したということであろう。2018年1月から9月までの間だけで、アメリカの対中貿易赤字は2,260億ドルに達している。前年同期と比べ、340億ドルも赤字幅は増えている状況だ。トランプ大統領は18年3月、中国からの輸入製品に対して500億ドルの関税を課すと発表。その後、11月の中間選挙の直前にはさらに1,000億ドルの関税を準備する考えを明らかにした。

 さらにいえば、西太平洋を舞台に米中間では軍事的な緊張が高まっており、アメリカの分析では「中国は対米貿易でため込んだ黒字を軍事力の増強に回すことで、これまでアジア・太平洋地域で圧倒的な影響力を保持してきたアメリカに挑戦しようとしている」というわけだ。

 言い換えれば、「経済、安全保障の両面にわたり、中国がアメリカに追いつき、追い越そうとしている」との危機感がトランプ政権を覆っているのである。アメリカの国防総省が17年6月に公表した『アメリカ優位時代以降のリスク分析』には、そうしたアメリカの焦りと苛立ちが随所に散りばめられていた。

 曰く「米軍はかつてのような他国の軍事的行動を思いとどまらせるような軍事的優位性を失ってしまった。苛立たしい限りであるが、我々は戦争に負けることを受け入れざるを得ない状況に追いやられている。ロシアや中国はこうしたアメリカ軍の限界に付け入り、軍事力の増強と影響力の拡大に邁進中だ。なかでも、中国の南シナ海における支配地域の拡張には目に余るものがある」。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸 (はまだ・かずゆき

国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。16年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見~「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月19日 15:06

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(1)NEW!

 まずは弊社が発刊するI・Bの2019夏季特集号の巻頭文「『人口減』の先に待ち受ける、激変時代 企業の命運は朽ちるのか、あるいはいかに発展させるのか」を参照されたし。

2019年08月19日 14:51

フージャース、大分で99戸新築マンションNEW!

 大分市中島町2丁目で、まもなくマンション新築工事が始まる。物件名は「デュオヒルズ大分中島」で、地上15階建の総戸数99戸のマンション。建築主は(株)フージャースコー...

2019年08月19日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』「夏だ! 沢登りの季節がやってきた」NEW!

 今年の夏は例年より暑さを感じます(加齢のせいもあり)。こんな時期の山旅は沢に限ります。福岡市早良区飯場に福岡市で唯一の大型渓谷「野河内渓谷」があります。この渓谷は井...

2019年08月19日 14:22

ライオンズクラブ337-A地区 明るい未来をつくるために(1)NEW!

 世界最大級の奉仕団体として知られるライオンズクラブ。同クラブは、『We serve』─「ライオンズクラブを通じて、ボランティアに社会奉仕の手段を与え、人道的ニーズを...

2019年08月19日 13:00

人間に死を選ぶ自由は存在しないのだろうか(前)NEW!

 NHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」(2019年6月2日放送)を見た。ある女性が全身の身体の機能が奪われる「多系統萎縮症」という回復の見込みのない難病と宣告され...

2019年08月19日 11:26

日韓の経済力格差は?(前)NEW!

 筆者は1981年に日本に留学する機会を得た。日本は1954年から1973年までの19年間、実質GDP成長率が9.3%という驚くべき成長を記録し、いわゆる高度成長を経...

2019年08月19日 10:50

海洋資源大国・日本の生きる道:海底に眠るレアアース泥でエネルギー革命を!(後編)NEW!

 「水を制するものは、世界を制す」。これが21世紀の資源争奪戦の現実である。狭い国土に人が密集しているが、石油などエネルギー資源の乏しい国。必要なエネルギー源の9割を...

2019年08月19日 10:39

【政界インサイダー情報】カジノ管理委員会の人事等、設立の準備が進むNEW!

 政府は今秋の臨時国会において、内閣府大臣官房の指揮下、カジノ管理委員会設立に向けた人事案を提出するとのことで、来年度の具体的な実行に向け、着々と準備が整っている。全...

2019年08月19日 10:05

HIS、ユニゾHDの敵対的買収に発展~それぞれが抱える表に出せない裏事情(前)NEW!

 ホテル事業などを手がけるユニゾホールディングス(HD)は8月6日、旅行大手のエイチ・アイ・エス(HIS)が実施中のTOB(株式公開買い付け)に対し、取締役会として反...

2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)NEW!

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対...

pagetop