• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年02月12日 07:02

更年期を正しく理解し、健康増進の重要性を理解してもらうことが大切(3)

NPO法人更年期と加齢のヘルスケア 理事長 小山 嵩夫 氏

 ―最近は薬物療法を敬遠する女性が増えてきました。更年期障害対策で、HRT以外の選択肢はあるのでしょうか。
 小山 女性は閉経を迎える前後に女性ホルモンのエストロゲンが激減します。これによってホルモンバランスが崩れ、自律神経失調症や骨量減少、高脂血症などが起こりやすくなります。しかし、動悸がすると内科へ行って心電図や心エコー検査を受けたり、うつ症状が出ると心療内科で抗うつ剤を処方してもらうなど、それぞれの症状に応じていろいろな医療機関を受診する方が少なくありません。このため、適切な対応をとるためには医療機関を受診する女性の方はもちろんですが、医療従事者側もきちんと更年期のことを理解しておく必要があります。

 たとえば、更年期障害に対して婦人科では検査などで体内に重金属が蓄積していることがわかればEDTAやチオラ錠を処方するキレーション治療を選択するケースがあります。キレーションは、体内の重金属を排出させるための治療法で、心臓疾患の予防としても施行されます。水銀や鉛、カドミウムなどの重金属は、蓄積されていくと頭痛や貧血、うつ症状などの原因となると考えられています。ただし、更年期世代の方のすべてが、治療が必要な重大な疾患が認められるわけではありません。むしろ、いつまでも元気でいたい、若さを維持したいといった予防医学的な対応を求めている人が圧倒的に多いのではないでしょうか。細胞の活発さなど、抗加齢的なアプローチとしては、やはり運動や食事などが大きなファクターとなりますが、サプリメントや漢方薬などを用いることも有効な手段だと考えています。

日本サプリメント学会の発足

 ―予防医学的な対応については、どのような取り組みを行っているのでしょうか。
 小山 端的にいえば、対症療法の専門家である医療従事者が、食事や運動、そしてストレスケアまでを指導できる人材を育成することです。サプリメントや漢方薬もその選択肢の1つです。ただ、ここで問題なのは、医療関係者のなかでサプリメントに関心をもっている人が少ないことです。とくに医師は、保険診療の範囲で治療を行っていますので、保険外の治療にはあまり関心がなく、知識もありません。それに加えてサプリメントについては、日本では臨床試験を必要としていませんので、医師から見れば、どうしても“いい加減なもの”という印象は拭えません。そこで、医療従事者がサプリメントのことをもっと勉強できるように、11年11月に「日本サプリメント学会」を発足してサプリメントの研究に取り組むことにしました。健康食品であるサプリメントは、消費者が簡単に入手でき、しかもセルフプリベンションのために利用できる商品といえますが、安全性などのデータはまだまだ不十分です。しかし、臨床効果の判定に医薬品並みの厳格さを求めていては、開発する側の意欲を削いでしまうという問題があります。食品に見合った評価方法を検討していくことも、学会の課題となるでしょう。将来的には、我々が独自の評価システムをつくって有効性や安全性のデータを蓄積していくことも計画しています。

(つづく)
【吉村 敏】

▼関連リンク
●NPO法人更年期と加齢のヘルスケア
●(一社)日本サプリメント学会

 

<COMPANY INFORMATION>
理事長:小山 嵩夫
所在地:東京都大田区南千束3-14-16
設 立:2002年4月
TEL:03-3748-2562

<プロフィール>
小山 嵩夫(こやま・たかお)

1944年生まれ。68年、東京医科歯科大学医学部卒業(医学博士)。同大学医学部産婦人科助教授を経て、96年に女性の健康を総合的に管理することを目的として東京・銀座に小山嵩夫クリニックを開設、院長として現在に至る。専門は生殖内分泌学(更年期医学)。ホルモン補充療法の第一人者として知られる。更年期前後から元気に生きるための啓発活動を行っており、NPO法人更年期と加齢のヘルスケア理事長として、メノポーズカウンセラーの育成に従事している。著書として「女と男の更年期」(誠文堂新光社 2008)、「女性ホルモンでしなやか美人」(保健同人社 2009)など。学術専門誌「更年期と加齢のヘルスケア」編集長。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月22日 16:08

【参院選2019】アリが巨象(虚像)を倒した日~『秋田モデル』が示す、安倍政権「終わりの始まり」NEW!

 イージス・アショア配備が争点となった秋田選挙区(改選1)で、野党統一候補の寺田静氏(44)の当確が出たのは21日の午後9時25分ごろ。その瞬間、選挙事務所の支持者か...

2019年07月22日 16:30

唐津市・虹の松原で通行止め続く~20日発生の死亡事故受けてNEW!

 21日、唐津土木事務所は佐賀県唐津市の県道虹の松原線を全面通行止めにしたことを発表し、現在も規制が続いている。当道路では20日深夜に倒木に車両が衝突する事故が起きている。

2019年07月22日 15:17

2期連続減収、経常は赤字転落 グリーンコープふくおか3月期NEW!

 グリーンコープ生協ふくおかの2019年3月期決算によると、供給高は前期比1.0%減の250億9,100万円と2期連続減収、経常剰余金は7,000万円の赤字(前年度は...

2019年07月22日 15:09

首位ツルハ、3位コスモス薬品 ドラッグストア大手10社ランキングNEW!

 ツルハ首位浮上、コスモス薬品3位へ――ドラッグストア大手の前期決算によると、積極的なM&Aで業容を拡大しているツルハHDがイオングループのウエルシアを追い越し売上高...

熱帯低気圧「れいわ」がスーパー台風に発達し本土直撃へNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は次の衆院総選挙では「れいわ」が台風の目になると断言した7月22日付の...

2019年07月22日 14:31

【参院選2019】「投票率の低さを悔やむ」春田くみこ氏(新人・国民民主党)〜福岡選挙区NEW!

 21日に投開票が行われた参議院選挙で、福岡県選挙区は、松山政司氏(自現)、下野六太氏(公新)、野田国義氏(立現)の3人が当選。国民民主党の新人、春田久美子氏は落選した。

2019年07月22日 14:20

『25%の人が政治を私物化する国』~植草一秀氏最新著作、先着10名様にプレゼントNEW!

 政治経済学者・植草一秀氏の著書『25%の人が政治を私物化する国』が詩想社から発売された。同書では、どうすれば、大多数の有権者の手元に政治を取り戻すことができるのかに...

2019年07月22日 13:28

日韓の熱い夏~韓国に「NO」を突きつけた安倍政権 21世紀のトレンドを決する攻防戦に(前)NEW!

  韓国に対する特別待遇を撤廃した安倍政権の経済措置は、日本政府にとっても一大転換点になった。一次的には韓国の貿易管理に対する不信感から取られた措置だが、本質的...

2019年07月22日 12:00

区画整理事業による新たな賑わい「伊都の杜」(前)

 施行期間が2012年1月~19年3月までの約7年で計画された、糸島市の「前原東土地区画整理事業」。対象地区の中央に約1万1,000m2の公園を配した新興住宅地の整備...

2019年07月22日 12:00

永続できる体制を築き、さらなる地位向上を目指す(前)

 事業活動において、必ず発生する産業廃棄物。その適正処理を担う佐賀県の業界団体が、(一社)佐賀県産業資源循環協会である。すでに“使い捨て”の時代は終わりを迎えており、...

pagetop