• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月26日 14:29

『脊振の自然に魅せられて』キバナノアマナ(黄花の甘菜・ユリ科)

 3月中ごろに咲き始め、春の花として細々と生き延びているユリ科の花があります。

 名前は「キバナノアマナ」で渓谷沿いの湿気を好むようです。植物のなかでも特異なかたちをしています。花瓶に飾るフィリージアを細く小さくしたイメージを想像してみると良いでしょう。細く伸びた茎は柔らかく、空に向かって伸びておらず、ゆるく地面に伏せって、花が咲くころはいつも地面にお辞儀をしています。茎が柔らかすぎて立てないのです。

 その先に黄色い小さなユリ科とわかる花を咲かせています。

 この花の存在を知ったのは10年ほど前ですが、以前この周辺に多く自生していたそうです。私が会いに行った時は細々と生き延びている状態でした。
私を含めた花を愛する愛好家は、何とか足で踏まれないよう、この花を見つけると石で囲って来ました。

 この場所からさらに上部に1坪ほどの広さに自生しているのに遭遇し、石囲いをして私の花壇をつくりました。花の数は毎年、多かったり、少なかったりです。それでも「元気にしていますか」と声をかけに行きました。

 こうした努力が報いられたのか、今年訪れてみると家族が増えて賑やかになっていました。山仲間は「花壇のようですね」と言いながら腰を屈めて撮影していました。「もっと大きな石で囲えばいいのに」との声もありました。

 しかし、大きな石で囲うと風の流れに微妙に左右されると思っています。そっと囲うのが私流なのです。自然のままに生かしてあげたいのです。

 「ほかにないかな」と、目を皿のようにして周囲を歩いていると、なんと種が飛んだのか、あまり人が来ないマイナーコースの登山道の左右にも若い茎が見つかりました。ここまで来れば絶滅することはないと安心しました。

 メインの登山道にもキバナノアマナが一輪だけ咲いていました。ここまで種が飛んできたのでしょうか。そこに2、3個ほど石が置いてあり、「この花を踏まないでね」と登山者が花に愛情を注いでいました。

 最近、SNSによる拡散の影響などで、この花の存在も知られるようになり、鑑賞に来る人が増えました。しかし荒らされてはいません、マナーが良くなってきたように感じます。
 山野草のどの花も、そっと暖かく見守ってほしいものです。

 

「行く春に  見初めし君は  露おびて  心和ます  黄花の甘菜」 

 

「キバナノアマナ」(2015年3月29日撮影)

2019年3月25日
脊振の自然を愛する会
代表 池田 友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年06月17日 17:39

市立小学校増築工事の影響で住宅に亀裂、下水逆流~近隣住民と福岡市の間で深まる溝

 福岡市の外郭団体が発注した工事で受けた建物の損傷について「謝罪した」とする福岡市側と、「謝罪されたおぼえはない」とする被害者。もはや修復不可能に映るまでに広がった両...

2019年06月17日 17:23

「第4回 『サロン幸福亭ぐるり』講演会」(前)

 6月8日(土曜)、地域にある公民館の多目的ホールで、「第4回『サロン幸福亭ぐるり』講演会」を開催した。講師は桜井政成(立命館大学政策科学部教授)さん。専門は「組織社...

2019年06月17日 17:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(後)

 豊洲市場のような公共建築物の場合、民間の建築物における建築確認の代わりに計画通知という制度があり、特定行政庁(豊洲市場の事例では東京都)が計画を審査します。

2019年06月17日 16:48

Jリーグを九州から盛り上げろ!九州のクラブの経営力を診断(前)

 サッカーのJリーグ史上、稀にみる復活劇といえる。今季、6シーズンぶりにJ1に復帰した大分トリニータが躍進を続けている。J1の在籍歴がありながら、初めてJ3に降格した...

2019年06月17日 16:00

「(それは)立憲民主党です」、山本太郎氏が戦う姿勢見せない野党を名指しで批判~広島

 衆参両院で予算員会が開かれないまま通常国会の会期末が迫る中、新党「れいわ新選組」の山本太郎参院議員は16日、広島市内で開かれた街頭記者会見でこの状況をつくったのは戦...

2019年06月17日 14:59

【9/1】ホテルオークラ福岡開業20周年記念企画 京都・神戸・福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催

 ホテルオークラ福岡は9月1日(日)、京都、神戸、福岡の総料理長3人による「ホテルオークラ グランシェフの夕べ」を開催する。

2019年06月17日 14:39

天然由来の粉末でグリストラップの悩みを解消 宝成産業

 「最大の悩みがグリストラップだった」と宝成産業(株)の代表・横尾睦氏は大手飲食チェーン勤務時代を振り返る。「グリストラップ」とは飲食店の厨房に設置が義務付けられてい...

2019年06月17日 14:00

日建設計・JSCAの最凶タッグが耐震偽装を事実上認めた!(中)

 公設市場にはシビアな建築コスト削減は求められていないと思います。建築コストを抑えることよりも、仮に大地震が発生した場合でも市場の機能を損なわず都民に食材を提供できる...

2019年06月17日 12:47

シェールガス革命による化学業界のパラダイムシフト(前)

 世界屈指の化学企業は、われ先にと米国南部のテキサスに化学原料の工場建設を進めている。日本の三菱ケミカル、シンテック、三井化学をはじめ、台湾のフォルモサ石油化学、フラ...

2019年06月17日 11:42

不動産景気の微妙な分岐点

 あるマンション販売会社での話。業界地場トップの社員が弊社にやってきて、「最近、来訪者の数が減ってきています。御社の実数の変化はありますか?」と聞かれたという。質問さ...

pagetop