• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年03月30日 07:01

シベリアよりAIを込めて~ノヴォシビルスク使節団が語る展開と展望(3)

ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー社 CEO
アレクサンドル・ズィリャノフ 氏
ソフトラボ-NSK社 CEO/業界団体シブアカデムソフト 代表
イリーナ・トラヴィナ 氏

左から、ヴャチェスラフ・アナニエフ(データ・イースト社CEO)、
イリーナ・トラヴィナ(ソフトラボ-NSK社CEO、業界団体シブソフトコム代表)、
アレクサンドル・ズイリャノフ(ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー社CEO)、
ワシーリー・プロトニコフ(ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー社投資部門ディレクター)

お金ではない協力を

 ズイリャノフ 今回、来日した第1の目的は、日ロ関係がダイナミックに変わろうとしている、頻繁に首脳会談が行われているなかで、民間のレベルでも日ロ関係を深めていくために互いのビジネスパートナーを探す必要があると思ったからです。ノヴォシビルスクでビジネスパートナーを探したいという人々にはぜひ応えたいと思っています。オフィスや住居の手配、空港への送迎など全面的なサポートを、州の事業として無料で行っていきます。

 最初にいくつかの成功体験があれば、あとは日ロ経済交流が加速して進んでいくと信じています。投資エージェンシーのウェブページは英語版・ロシア語版・中国語版のものしかなかったので、日本語版も準備しているところです。関心ある方にはぜひアプローチしていただきたいと思っており、コンタクトから交流が進んでいくことを期待します。私たち投資エージェンシーは州政府によってつくられていまして、実業家と起業家が互いにパートナーを見つけられるように励んでいます。

 その1つを紹介します。アメリカ政府はロシアに対して経済制裁を行っていますが、それにもかかわらず私たちは1年前ほどからペプシ・コーラで有名なペプシコ社と交渉しておりましたところ、昨年、合意しました。同社からの投資額はおよそ2億ドルに達する巨額なものになる予定です。いつも思うのですが、アメリカの人というのはずる賢くて、自分たちで制裁を課しておいて、ほかの人を追い払ったところに自分たちが入っておいしいところをとっていきます。

 ―現在の対ロ経済制裁が天然ガスや資源などの限定的な分野に対しての規制だということはあまり理解されていませんね。

 ズイリャノフ 私たちはお金を投資してほしいわけではないのです。ロシアでもお金はいっぱいあって銀行はどこに投資していいかわからない状況なのですが、そんななかで私たちでは達することのできなかった日本の技術を学びながら、一緒にビジネスをしていくということが私たちの望んでいるものです。

 一番関心があるのはやはり日本と一緒に製品をつくり、その製品が付加価値のあるものであって、それを日本とロシア以外の第三国に一緒に展開していく、売っていくということに非常に関心があります。

 ―投資エージェンシーのウェブページは現在3カ国語対応ということですが、中国企業と進めているプロジェクトはありますか。

 ズイリャノフ 中国の方々も来ていますし、制裁下でも米欧の方々とも仕事をしています。

 ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー社投資部門ディレクター ワシーリー・プロトニコフ氏 私たちとしては中国の企業よりも日本の企業と協力していくことの方により関心があります。ノウハウや知見を高めるという点に関心があるからです。中国の人は土地に対して関心を抱いていると考えていまして、その点を警戒しています。

アカデムゴロドクにあるテクノパーク、通称アカデムパーク

 トラヴィナ 中国にも知見や学術的なところに関心をもっている企業はあります。最近ではファーウェイ社が積極的にアプローチをかけていますね。ロシアの既存の会社を買収して、そこを足がかりにアカデムゴロドク(ノヴォシビルスク市近郊の学術研究都市で、研究機関の集積地)のなかにファーウェイの支部をつくる。そういう計画ではないかと考えています。

 ―同社は昨今、厳しい立場にありますが、非常に高い技術力をもつ会社です。

 トラヴィナ アメリカはファーウェイ社に圧力を与えて、自国からの切り離しを図っていますね。そうしてアメリカから締め出された部分を他国で補おうとしているように思いますが、歴史は繰り返すとでもいいましょうか。アメリカは日本車に対しても同じような締め出しを行っていたことを思い出します。

(つづく)
【小栁 耕】

アレクサンドル・ズィリャノフ(Zyrianov, Aleksandr)
ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー社CEO。1993~2008年まで起業家として活動したのち、ノヴォシビルスク市・市民課副課長、ノヴォシビルスク州投資発展エージェンシー第一副社長を経て現職。

イリーナ・トラヴィナ(Travina, Irina)
ソフトラボ-NSK社CEO、業界団体シブアカデムソフト代表。1985年にノヴォシビルスク国立大学を卒業後、同市近郊の研究所でエンジニア、プログラマーとして勤務。ソ連崩壊後は同僚とともにソフトラボを起業。ITクラスター育成の非営利団体「シブアカデムソフト」の設立にも参加し、副会長を経て現職。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop