• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年04月19日 07:02

【スーパーマーケット・トレードショー】加速する変革への対応 SMが抱える課題を解消する商材続々と(3)

スマホ決済の導入でレジ待ちストレスを解消

 このプロジェクトのスポンサー企業である(株)寺岡精工は、スマートフォンを使い、売り場の商品をスキャンしながらマイバッグに入れて買い物をする次世代型スマホレジ「Shop&Go(ショップ アンド ゴー)」を披露した。

 スマホで商品をスキャンしながらスマホで精算という新しい買い物体験で、レジ待ちというストレスを解消し、スマートコミュニケーションにもつながるシステム。既存のPOSシステムはそのまま使用できるが、専用のアプリとセルフ精算機の導入が必要で、寺岡精工は3月からサービスを提供し始めた。

 同社が実施したアンケート調査によると、SMでの買い物で嫌だと思うのは、「レジでの待ち時間が長いとき」が55.9%と最も多く、3人に2人が、買い忘れたものをレジ待ちが原因で追加購入しなかった経験があり、機会損失を招いている。

 通常のレジとShop&Goとの商品の袋詰めまでの時間を比較すると、レジ待ちがなく、レジでの商品スキャンや袋詰めが不要で、会計時間も短くなり、9分から30秒と大幅に短縮できるという。

※クリックで拡大

「野菜の主食化」など健康志向商品が増加

 今回のスーパーマーケット・トレードショーで、SMが抱えている課題にどう対応し、どのような方向に向かうのか、うっすらとみえてきたように思うが、来年はよりその姿が鮮明になり、輪郭もはっきりしてくるだろう。出展者の展示ブースからは、食のトレンドやヒットの予兆も読み取ることができる。健康志向対応は主要な課題の1つだが、低カロリー、糖質オフが2大テーマになっていることが読み取れる。

 甘みのあるキャベツの芯を米粒サイズにカットしたサラダクラブの「キャベツライス」。キャベツの芯の甘さと米のような食感と風味が楽しめる糖質オフで、昨年10月発売し、売れ行きも好調だ。キャベツの芯を米のように食べる初めての商品で、米や麺に変わる「野菜の主食化」を提案している。昨年7月に発売された。井辻食産(株)の糖質40%オフで食物繊維を豊富に含んだ「ぎょうざの皮」は、糖質オフは業界初となる。

 大塚食品(株)は、昨年11月に大豆を使った肉不使用の「ゼロミート.ハンバーグ」を発売、ベジタリアンやビーガンにも対応する。三菱食品(株)が展開する「おいしさ」「バラエティ感」「簡便性」「継続性」を主軸に考えた健康対応シリーズ「からだシフト」。近年はSMでのコーナー展開も目立ち始めたが、今年2月から糖質コントロールの冷凍食品8アイテムが新たに発売された。

 モントワールの乳酸菌入りのドーナツは、無添加・無香料で、大豆粉を配合し糖質25%オフの196cal。乳酸菌100億個入りとパッケージに表示しアピールし、ドーナツから罪悪感を取り除いたアイテム。乳酸菌100億個入りのチョコレートも発売している。

 伊藤忠食品(株)が昨年8月に同社のオリジナルブランド「からだスイッチ」シリーズから発売した「大人のミルク習慣プレミアム」もユニークな商品。栄養価の高い粉ミルクにホエイ由来のミルクプロテインを3,700mg 配合した高たんぱく商品。コーヒーなど飲料に混ぜたり、料理の調味料としても使える、とくにたんぱく質を簡単に補うことができる大人用の粉ミルクだ。

 アルファの1回分の薬膳キット商品は、薬膳カレー、サムゲタン、杏仁豆腐、クラムチャウダーなどの6種類を用意し、家庭で気軽に薬膳料理をつくることができる。

(つづく)
【取材・文・構成:西川 立一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop