• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月12日 07:00

全国64カ所の森を「森林セラピー基地」に認定 森のなかで癒しを体験していただきたい(後)

NPO法人森林セラピーソサエティ 理事長 瀬上 清貴 氏

※クリックで拡大

 ――森林セラピー基地は、山深い森林地帯にある施設や都市に近い都市型施設もあるようですが、何を基準に認定しているのでしょうか?

 瀬上 認定基地は健康づくりのアクティビティな場所ですので、土地の諸条件、運営する組織と人材がそろっているかどうかが条件となります。また、森林散策の効果については、リラックスできる自律神経の状態にあるかどうかを、脈拍を測って心拍変動性(揺らぎ)を調べます。

 根拠に基づく森林セラピープログラムに参加してもらうには、安心して癒しを体験していただくことが大事ですから、それなりの検証は欠かせません。それと森林があれば、どこでも森林のリラックス効果が得られるとは限りません。騒音や汚染があったり、歩きにくかったりする場所では、安心してリラックスをすることができません。ここが認定の一番のポイントです。

 「森林セラピー基地」「セラピーロード」は、誰でも安心して森林セラピーを体感できる森を認定しているのです。また、森林セラピーの森を知り尽くした案内人と一緒に歩くことができれば、安心感が高まり、リラックス効果も増大しますので、森林セラピーガイドを配置してあることも評価の対象となります。それと地元の行政組織の協力、推進体制が確立されていることも大事な要素となります。

 ――認定基地の存在はあまり知られていないようですが、広報や広告活動は行っているのでしょうか。また、森林セラピー基地は誰でも自由に利用することができるのでしょうか。

 瀬上 当法人は資金的な事情もあり、広告活動などは行っていませんが、JR東日本のテレビCMで、吉永小百合さんが森林セラピー基地を散策する映像が流れたのをきっかけに問い合わせが急増しました。ありがたいことに、吉永さんにはラジオ番組でも森林セラピーを紹介してもらいましたので、それ以来、多くの方に森林セラピーを知っていただくようになりました。

 とくにリタイヤした高齢者の方や若い女性の利用者が増えていると聞いております。それぞれの森林基地では、遊歩道の脇にある立て札などに、李先生が研究された免疫活性作用などの森の効用について、データを示して紹介していますので、利用者の方はガイドの説明に耳を傾けながら、熱心に見入っている方が多いようです。その意味では、李先生にも普及推進のスポークスマンとなっていただいております。

 利用方法ですが、64カ所のうち62カ所がその地域の市町村が管理・運営していますので、予約方法などは各市町村で異なります。お問い合わせしてもらわないとわかりませんが、入場は無料なので利用者が自由に森のなかを散策することはできます。

 ただし、森林セラピストが提供するプログラムを希望する場合は事前に予約をとっていただく必要があります。その場合の参加費は数百円から数千円と、基地によって料金は異なりますが、いくらかの謝礼をお支払いしていただくことになります。

 地域によっては「癒し体験ツアー」などのプログラムを用意してあるところもありますので、森を楽しみながら、こころと身体の健康維持・増進にご利用いただければと思います。最近は、健保連からも推奨していただき、企業の講演会などで森林セラピーを紹介してもらっていることもあり、健康経営に取り組む企業の利用が増えています。

(了)
【取材・文・構成:吉村 敏】

<プロフィール>
瀬上 清貴(せがみ・きよたか)

 森林セラピーソサエティ理事長。日本保健医療大学保健医療学部 特任教授。岐阜大学医学部卒業後、1979年に旧厚生省入省。2012年、東海北陸厚生局長を最後に定年退官。この間、厚生労働省の公衆衛生局、健康政策局、大臣官房のほか、文部省、旧労働省、世界保健機関、神奈川県庁、青森県庁、栃木県庁、千葉県庁において医療・福祉・公衆衛生関係業務に従事。
 また、国立保健医療科学院の初代公衆衛生政策部長として研究管理業務にも従事。その後、厚生労働省大臣官房参事官として行政に戻り、メタボ対策、がん対策などを手がける。この時、林野庁に協力して森林医学研究会の起ち上げに参画し、メタボ予防やメンタルヘルス対策を推進。その後、指定職 (局長・審議官級)に昇格。国立循環器病センター運営局長、国立精神神経センター運営局長として病院経営、研究所運営にあたる。
 09年、独立行政法人福祉医療機構理事に出向、病院建設関係融資の拡大に尽力した。退官後は、主にアフリカ、アジアの一部発展途上国政府からの依頼で、医療施策の助言指導をボランティアとして行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年09月19日 07:00

凸版印刷が仕掛ける「キャンパスラボ」とは何か?(後)NEW!

 近年「SDGs」への取り組みを積極的に取り組む企業・自治体が多く見られるが、生活者における企業・自治体の取り組みに対する認知・理解・参加としては、課題を抱えるものが...

2019年09月18日 16:36

違法に売春場所を提供~北九州市のソープランド経営者ら6人逮捕

 福岡県警は9月18日、北九州市小倉北区船頭町3丁目のソープランド「バカラ」の経営者ら6名を売春防止法違反(場所提供)で逮捕したと発表した。

2019年09月18日 15:40

【交通取締情報】9月19日、糸島市で実施

 福岡県警は9月19日(木)、糸島市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年09月18日 14:47

九州自動車道で事故による渋滞が発生

 九州自動車道(上り線)で事故の影響による9kmの渋滞が発生している。

2019年09月18日 14:23

博多駅筑紫口の新たなランドマークに~「都ホテル 博多」9月22日開業へ

 JR博多駅の筑紫口前で開発が進められてきた「都ホテル 博多」が、いよいよ9月22日に開業を迎えるにあたり、同ホテルの運営を行う(株)近鉄・都ホテルズ(大阪市天王寺区...

2019年09月18日 13:39

ツルハHD、2020年5月期第1四半期~増収増益に

 ツルハホールディングス(HD)は17日、2020年5月期第1四半期の連結決算を発表。それによると売上高は前年同期比9.3%増の2,088億500万円、営業利益は前年...

2019年09月18日 13:06

【政界インサイダー情報】北九州市は鈴木北海道知事を見習うべき

 先日、北九州市でIR Project誘致に関し、同市の一部民間企業や経営者から積極的な意見があがり、内部で検討しているという報道を見て、いささか困惑している。以前も...

科学的に立証されていない放射能汚染水安全性

 東京電力福島第一原子力発電所に、100万トンを超える放射能汚染水が保管されている。放射能汚染水はいまも増え続けている。この問題に関して、日本維新の会代表で大阪市長の...

2019年09月18日 10:10

8月の貿易収支、2カ月連続の赤字

 財務省は18日、8月の貿易統計(速報)を発表。輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は1,363億円の赤字となり、2カ月連続の赤字だった。

pagetop