• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年06月12日 16:21

【追悼文】樋口産業・福岡建材の設立者 樋口徳一氏逝去

 国内トップクラスのリサイクルプラントを有する骨材製造・産業廃棄物処理業者として業績を伸展させてきた樋口産業の設立者・樋口徳一氏が闘病生活の末、6月9日、78歳で逝去された(1941年1月9日生まれ。福岡市西区金武)。 
 故人の最大の功績は建築資材の再生事業に先鞭をつけたことである。骨材再生、再生生コン、産業廃棄物再生と多岐にわたる事業のパイオニアであった。この功績に対して国から幾多もの表彰を受けている。

 同社は、故人の実父・樋口徳雄氏が1948年に創業した。事業の当初は室見川の川砂利を採取・販売していた。故人・徳一氏は1971年5月に事業を継承して75年に樋口産業に法人化した。砂の販売の主体は海砂に転換されて博多海砂販売協同組合を通じて最大の取り扱いを行ってきた。

 故人は常に「地球資源の収奪事業では永続化できない。何か方策はないか」と真剣に検討していた。福岡大学工学部とも永年、共同開発を行ってきた。

 記者が故人と知り合ったのは1979年の秋だったと記憶している。第一印象は「非常に慎重な方であるが、社会に迷惑を与えるような商売は絶対にしないという堅い信念の持ち主」ということだ。当時、業界ビジネスの主流は「海から採取してきた海砂、山から発掘してきた砂・砕石を売って儲ければ良い。自然破壊には無頓着」というものだった。

 1978年、同社に転機が訪れた。福岡市の地下鉄工事によって大量に排出され始めた「建設発生土」と「コンクリート塊」を受け入れたことをきっかけに建設リサイクル業に乗り出したのだ。

 建設リサイクル業に進出後、冒頭に記述した福岡大学工学部との共同研究・開発で建設発生土をリサイクルした「再生砂」や廃棄コンクリート塊から「再生砕石」を生み出すなど数々のリサイクル化に成功している。記者は同社が新商品を開発するたびに馳せ参じたものである。

 建設残土洗浄再生プラントの拠点を博多区千代に構えたのは1984年のことだった。この再生処理場への投資総額は100億円に迫るものと思われる。このように故人は大胆な決断力とたしかな先見性をもちあわせた有能な経営者だった。

 現在、樋口産業は産業系廃棄物を年間50万トン、建設発生土40万トンを受け入れるなど、高い再生率を誇っている。

 樋口徳一氏は「地球環境を守り、資源を有効利用するために資源再生事業に命をかけたビジネス人生を貫いた」。この姿勢に心から尊敬の念を表し、追悼の意を表したい。

 事業継続は樋口慶德社長を筆頭に幹部社員、全社員の結束で十分だ。安らかにお眠りください。 

 合掌

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月27日 16:30

Zoomが中国で利用規制~新規の無料ユーザー登録が不可に

 ここ数日、中国において、「Zoom」の無料ユーザーがログインできない事態が生じている。24日、記者が日本、中国、香港の友人たちとZoomで会話をしようとしたところ、...

2020年05月27日 16:10

緊急事態宣言全面解除 「新しい生活様式」46ヶ条の総まとめ

 「新しい生活様式」とは何か! すでに実践済みとは思いますが、改めて政府が唱える46項目の「新しい生活様式」を掲載します

名ライオンズマン・和田耕司氏のライオンズクラブ「惜別の辞」

 和田耕司ライオンより、ライオンズクラブ脱会にあたっての「惜別の辞」が送られてきた...

2020年05月27日 13:36

【BIS論壇No.322】コロナ後の日本、世界経済予測

 今回のコロナパンデミックは2003年のサーズに比べ、グローバル化の加速もあいまって、伝染病が短期間に世界に蔓延。世界の経済活動にかつてない深刻な影響を与えている...

宇都宮健児都知事誕生の可能性

 新型コロナウイルスの人口あたり死者数のデータを見ると地域差が歴然としている...

2020年05月27日 11:26

春日市温水プール大規模改修、中野建設JVが3.5億円で落札

 春日市発注の、「春日市温水プール大規模改修工事(建築工事)」を、中野建設・キムラJVが3億5,850万円(税別)で落札した...

2020年05月27日 10:56

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(1)

 日本では緊急事態宣言が解除されたが、先行きに対する不安は残ったままだ。そのため、政治家はいうにおよばず、ビジネスの世界でも冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしま...

2020年05月27日 10:18

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(中)

 放射線の話になると、さまざまな単位が出てくるため、以下に簡単に説明しておきたい。原発事故の記事が出ると、多くの読者はこれで訳がわからなくなる...

2020年05月27日 07:00

【書評】『やる気を引き出す言氣の心理学――働き方か生き方改革か』柳平彬著(ぱるす出版)

 著者の柳平氏は、昨今議論されている働き方改革について、より大事なことは1人ひとりの「生き方改革」ではないかと主張する。その理由は人の潜在的な能力を引き出すには...

2020年05月27日 07:00

博多阪急3月期、売上高4.7%減 インバウンド、コロナ禍響く

 エイチ・ツー・オー・リテイリングの発表した2020年3月期決算によると、博多阪急の売上高は...

pagetop