• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月01日 12:10

FIT見直しでどうなる再エネ 業界の声を拾う(1)

 東日本大震災を契機に、再エネ事業に注目が集まり、国内では太陽光発電に多額の投資が集中した。太陽光発電の普及にともない、売電価格が下がり、FITの本来の目的である、再エネ普及には一定の効果があったといえる。ここにきて、政府が示したFIT見直しで今後の再エネ業界はどうなっていくのか。業界を取材した。

発電事業者は稼働急ぐ

 政府はFITを大幅に見直す方針であることを発表した。業界では、とくに大きな驚きはないようだ。以前よりその方向性で進んでおり、いつ正式に公表されるのかと予期していた業界関係者は多い。日本で普及した再エネの大半が太陽光発電によるもの。FIT法改正で事態が大きく動くのは太陽光発電に限られるという見方が強い。法改正がなされれば、現在のような売電はできなくなるため、発電事業者は期限までに駆け込むのは間違いないところだ。

 とくに注目されるのが、FIT導入直後に認定を受けた売電価格の高い案件だ。1kw30円から40円という高価格でいまだに未稼働である案件、いわゆる「塩漬け」案件は法改正で計画が白紙になる可能性がある。すでに未稼働案件においては、経産省が厳しい視線を送っており、期限までに着工できない場合は、認定時の売電価格ではなく、現在の売電価格が適用されるケースもある。1kw40円の権利をもちながらも、間に合わないとそれが10円台となり、採算は合わなくなる。権利をもつ事業者はどうしても着工までこぎつけたいと急ぐだろう。

本来目的から予想される新FIT

 実際はどうなのか。福岡市内のある太陽光発電事業者は「弊社も今期中に、現在保有している36円、32円案件の建設に向けて動いていて、自社発電所を約1MW作るところまで何とか辿り着こうと奔走しています。1MW持てれば、ある程度売電収入で固定費は賄えるので、今後は不動産業にシフトして行くしかないなと思っています。2020年3月31日まで、運転開始していない案件は、買取価格を下げられることになっているので、パネルや部材の確保と、施工業者の確保は進めていますが、本当に時間との勝負ですね。」と話す。残された時間はもう少ない。

 一方で長年、風力発電事業に携わっている業界関係者によると、FIT見直し後も太陽光発電以外は残る可能性が高いという。FITの本来の目的は、再エネを普及させるためであり、普及がまだまだ進んでいない風力発電、水力発電、バイオマス発電などを規制する意味はないという意見もある。たとえば、大型の風力発電所は計画から足掛け5.6年かかる。FIT開始から7年という時間経過からみれば、ようやく動き始めるタイミングにあり、そこでFIT自体がなくなることは考えにくい。そう考えると、現行FITから太陽光発電が外された新生FITで落ち着くのではないかという意見にも信憑性がある。

(つづく)
【東城 洋平】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop