• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月10日 11:20

山本太郎氏が最賃全国最低の鹿児島で時給1,500円を叫ぶ

選挙に行かない4割の覚醒と公明票の切り崩しを訴える山本氏(2019.7.9筆者撮影)

 「れいわ新選組」の山本太郎代表は9日、最低賃金が全国最下位の鹿児島県内で街頭演説し、最低賃金全国一律1,500円を政府が保証することを主張。この施策が地方を活性化し、東京一極集中を緩和すると説明した。

 JR鹿児島中央駅前の広場には、照りつける太陽の下、300人ほどの聴衆が集まった。山本氏は20年以上続くデフレの原因が消費税の導入・引き上げと政府の緊縮財政であることを指摘。やるべき経済政策として、消費税の廃止を訴えた。

 消費税廃止の財源として、税制の変更と国債の新規発行を提案。税制については、所得税の累進制を強化するとともに、法人税の80以上ある特別優遇措置の廃止と累進制導入を挙げた。

 続いて、鹿児島県の最低賃金に触れた。同県の最低賃金は2018年度の改正で、全国単独最下位の761円になった。山本氏は、「人間の尊厳を守る生活ぎりぎりじゃないか。足りなすぎる。最低賃金全国一律1,500円。これを政府が保証するのはどうか」と提案した。

 山本氏は自身の掲げる政策がセットになっているとして、税の滞納の6割を占める消費税を廃止したり、法人・所得両税の変更が、苦しむ経営者の負担を軽くすると指摘。「そうなれば、1,500円にできる中小零細企業も出てくるはず。それは無理だという所に対しては、国が補償というかたちで引き上げればいい」と説明した。

 そうした一連の施策が労働者の消費意欲と企業の投資意欲を喚起して景気の好循環を生むとしたうえで、「これで何が生まれるかというと、東京一極集中や三大都市に人が集中するということがどんどん薄れていくと思う。地方創生というなら、これくらい大胆なことをやらなければ」と声を張り上げた。

炎天下に足を止める市民(2019.7.9筆者撮影)

 山本氏は地方を回っても経済政策を客観的に語り、ご当地ネタを振りまくことはまずない。しかし、同地では演説の終盤、次のように補足した。

 「鹿児島にいるからいうんじゃない。小泉進次郎さんはそこのなまりをつかみとして使ったりするが、私はそうじゃない。実は、鹿児島好きなんです」と切り出し、俳優時代にロケで訪ねたほか、年に2、3回、個人的に種子島で波乗りを楽しんでいたことを明かした。

 「東京以外でどこに住むかと思ったとき、私のリストのなかに鹿児島が入っている。食べ物はおいしいし、人はいいし、温泉と波がある。最低賃金1,500円を政府が保証するかたちになったら、鹿児島県、人口が増えますよ。賃金が上がっていくことで、大都会に住む必要はないという状況ができてくる」

 そのうえで、山本氏は「この国を変えるのは無理だとあきらめたら終わり。私は楽観主義者ではない。でも、選挙という制度がある限り、私たちは変えることができる。みんながいかに横につながるかが、一番の基本」と述べ、運動の広がりを呼び掛けた。

<プロフィール>
高橋 清隆(たかはし・きよたか)  

 1964年新潟県生まれ。金沢大学大学院経済学研究科修士課程修了。『週刊金曜日』『ZAITEN』『月刊THEMIS(テーミス)』などに記事を掲載。著書に『偽装報道を見抜け!』(ナビ出版)、『亀井静香が吠える』(K&Kプレス)、『亀井静香—最後の戦いだ。』(同)、『新聞に載らなかったトンデモ投稿』(パブラボ)。ブログ『高橋清隆の文書館』。

▼関連リンク
「最賃賃金1,500円を全国一律で」、山本太郎氏が骨太方針を批判~大分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月17日 12:05

北九州の台所・旦過市場 再整備でどう生まれ変わる?(前)NEW!

 「安い、新鮮、うまい」を合言葉に、100年にわたって北九州地元住民とともに歩み続けてきた旦過市場。2020年度の再整備事業着手に向け、市場関係者などによる詰めの議論...

2019年07月17日 12:00

まもなく町制施行100周年 次なる100年に向けた“子安のまちづくり”NEW!

 来たる100周年の記念事業としては、記念式典の開催や町史の編纂などを予定しております。町史については、実は前回編纂したのが1975年で、すでに40年以上が経過してし...

2019年07月17日 11:55

アイランドシティ 開発の現状を探る(前)NEW!

 1994年の埋立て開始から25年、いまだ開発が進むアイランドシティ。国が704億円、福岡市が2,591億円、博多港開発(株)が645億円を支出する総事業費3,940...

2019年07月17日 11:35

アビスパ、FW石津大介が手術~6日のFC岐阜戦で負傷NEW!

 アビスパ福岡(株)は17日、6日のFC岐阜戦で石津大介選手が全治8カ月の負傷をし、手術を受けることを発表した。

2019年07月17日 11:20

京楽産業.、アニメの企画・プロデュース事業に本格参入NEW!

 パチンコメーカー大手、京楽産業.(株)は、KYORAKUグループ内において、アニメ作品の企画・プロデュースを手がける新事業部門「MAGNET」を起ち上げた。MAGN...

2019年07月17日 11:09

令和新時代と太宰府NEW!

 新年号令和ゆかりの地・太宰府。令和は730年(天平2年)太宰府で行われた万葉集「梅花の宴」に由来する。本年4月1日の新年号発表以来、伝・大伴旅人邸宅跡坂本八幡宮には...

2019年07月17日 09:30

「テレビは企業側の奴隷」、山本太郎氏がマスコミを批判NEW!

 「れいわ新選組」から参議院比例代表に立候補している山本太郎氏(44)は13日、東京・JR渋谷駅前で街頭演説し、「テレビは企業側の奴隷ですよ」「新聞でも本当のことなど...

2019年07月17日 09:00

スマホ決済「セブンペイ」が出足からつまずく 「食品ロス削減」の実験はどうなる(後)NEW!

 セブン本部にとって、24時間営業と値下げ販売禁止は、死守すべき生命線だ。井阪経営陣は、その緩和に舵を切った。営業時間を契約に沿った24時間から独自判断で縮めた大阪府...

2019年07月17日 07:00

「人口減」の先に待ち受ける、激変時代(2)~身内の死の接近に己の寿命を予感する(前)

 筆者夫婦の兄弟たちが、死の手前で悪戦苦闘している。その様子に触れ、「私たちも死を迎える年齢に近づいた」と実感する。それを実感すれば焦って「自分の生きた証を残したい」...

2019年07月17日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(中)

 積水ハウスと福岡市の関わりは、天神ビッグバンだけではない。今年3月末に閉館した九電記念体育館は、03年に九州電力(株)から福岡市に譲渡されていたが、その後は積水ハウ...

pagetop