• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 07:00

【もつ鍋業界最前線】ラーメン、明太子に続く福岡の食のコンテンツ(後)

多店舗展開でもサービスで差

 もつ鍋店ながら「博多料理」を前面に押し出し、関東を中心に売上を伸ばしているのが(株)やまやコミュニケーションズ運営の「もつ鍋やまや」。前期までは別会社(株)やまや食工房が運営していた同店は、福岡最大のもつ鍋店で全国45店舗を展開するほか、海外でも別会社が4店舗を運営する。

 やまやとは対照的に、ベトナムや韓国など海外に出店しながらも、福岡市内での拡大を目指し、「もつ鍋以外は提供しない」という姿勢を崩さないのが77年設立の(有)楽天地が手がける「楽天地」だ。仕入を生産者から直接行うことで費用を抑え、また内臓肉全般を使うミックスもつによるもつ鍋の提供を行っている。経営面では、店舗の予約や混雑状況を本部で一括して行い、空いている店舗を照会し、顧客を誘導するなどのマネジメントを行っている。

 「もつ鍋しか提供しない」(つまり店ごとで大きな差異がない)というサービスの均一化を行っていることで、顧客自身にとっても、提供される商品自体はどの店舗でも「福岡の楽天地のもつ鍋」であれば問題ないため、少しの時間がかかっても来店するケースは多い。

 同社は早くから地元客のリピーターを増やす方向から全国集客へと切り替えた。そのため当初はネットを活用していたほか、現在も広告では国内外の観光客や出張などで来る県外者を意識。「博多のもつ鍋といえば楽天地」と連想させるような戦略を図ってきた。

 また、飲食店にとって人材確保はついて回る問題だが、その点については評価基準を「前向きであること」と明確化することで単純にし、社員同士が評価し合うなど互いに切磋琢磨できる環境を整えるなどして良い人間関係を構築できる職場づくりを行い、天神を中心として「福岡の楽天地」の地位確立を目指している。

福岡で生きる「戦前期の遺産」

 ラーメン、明太子、もつ鍋には共通点として「日本以外の食文化に由来する」という点がある。

 (株)テレビ西日本が製作したドラマ「めんたいぴりり」は、博多座での舞台化や映画版の全国公開など人気を集めたが、同作の主人公のモデルは明太子製造業者(株)ふくやの創業者である川原俊夫氏。川原氏は現在の釜山市で生まれ、大陸で育ったが、日本本土に住んだのは戦後からだった。日本が敗戦で「外地」(いわゆる植民地はこう呼ばれていた)を失ったことは、日本へやってきた引揚者たちにとって「ふるさと」の喪失を意味し、彼らの慣れ親しんだ食文化との断絶が起こった。

 その喪失を埋めるため―であったかは定かではないが、少なくとも同じ味覚を共有する人々が一定数、日本の国内に生まれたことで、食文化として定着する素地が生まれた。たとえば戦後に人気食となったラーメンも、日本で食べられるようになったのは戦前期といわれているが、『ラーメンの語られざる歴史』(2015)の著者、同志社大学教授のジョージ・ソルト氏によれば、その当時は「シナそば」と呼ばれ、外地からわたってきた学生や貧しい労働者が中華料理屋で食べる安価な食品の1つだったという。戦後、闇市を中心に「安価な食事」というかたちで広まったラーメンは、のちのカップラーメンの登場で日本人にとって身近な食品になった。

 ラーメンや辛子明太子と同じく、もつ鍋料理もまた大陸からの文化として受容しつつ、日本人の舌に合わせて変化した食文化の1つといえる。その文化背景がアジア圏と共通していることもあり、観光客の増加とともに受け入れられ、また、若年層が中心となって旧来の「郷土料理」から「九州のソウルフード」という位置づけに変化したことも奏功した。

拡大する「食のコンテンツ」

ラーメン、明太子市場は共に成長しきっている

 一方、取材中には「福岡にしばらく新しい商品が生まれていない」といった悲観的な声も聞かれた。ラーメン、明太子、もつ鍋はたしかに戦後以来の福岡の主要な食文化だが、もうそれ以外のものは見い出せないのではないかという意見だ。

 日本社会の高齢化は、ほかの産業同様に食品産業にとっても暗い影を落としている。加齢とともに食が細るため、外食産業や食料品のマーケットが縮小しているという。

 全国的には「クラフトビール」や「タピオカ」といった、かつて隆盛を極めた食料品が、みたびブームを迎えているという。いずれも若年層がそのブームの中心にいることから将来性があると見込まれている。

 福岡市では人口と観光客の増加が続いている。そのため、もつ鍋業界はこのような“流入者”のおかげで拡大しているだけだとする見方もある。しかし、内臓肉の食文化をもつアジア諸国の経済成長が見込まれるほか、ソウルフードという新たなブランドとしての地位を獲得したもつ鍋の人気が衰えることはしばらくないだろう。

(了)
【小栁 耕】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月21日 17:02

これから加速する地銀の経営統合

 47都道府県に本部(本店)を置く地銀の分布表によると、全国に地銀は103行ある。内訳は第一地銀が64行で第二地銀が39行となっている。第一地銀のうち、経営統合してフ...

2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の...

2019年10月21日 16:06

太宰府市の駐車場車内で女性の遺体発見、男女3人を死体遺棄容疑で逮捕

 福岡県警は10月21日、福岡県太宰府市にあるインターネットカフェの駐車場に止めた車内で、市内に住む高畑(こうはた)瑠美さん(当時36)が遺体で発見された事件について...

一瞬にかけて躍動するヒガシの青春(前)

 当校の体育部は16(含応援団)。その多くが開校と同時の1955(昭和30)年に発足している。10年後にはボクシング部が全国高校総体で個人優勝。以来、剣道部やバスケッ...

2019年10月21日 15:13

ホークスと福岡オープントップバスがコラボ~ヤフオクドームツアーも

 福岡ソフトバンクホークスと西鉄は福岡市内の主要観光スポットをめぐる福岡オープントップバスのルートにヤフオクドームを追加した「ホークスコラボツアー」の運行が決定したと...

2019年10月21日 14:29

スーパーマーケット 表の事情と裏の事情(10)~異なる業態を、同質化させずに取り込むには

 強者の論理で自分たちの価値観を押し付け、同質化を推進する結果になれば、異業態を取り込む意味はない。だからと言って放任というわけにもいかない。

2019年10月21日 14:20

【業界ウォッチ】ゴーストレストラン「出前館」

 「ウーバーイーツ」の参入で、フードデリバリーサービスに注目が集まるなか、国内最大のポータルサイト「出前館」を運営する夢の街創造委員会は、8月22日から、新たなプロジ...

武蔵小杉タワマン被災喝采日本の創設者

 台風19号による豪雨によって川崎市の武蔵小杉では、タワーマンションで浸水などによる深刻な停電、駅で浸水などの被害が広がっているが、「ざまあ」などの投稿が広がっている...

2019年10月21日 11:50

動き出した5G通信市場(前)

 5G通信の商用化が世界各国で本格化している。大容量データを遅延なく高速にやり取りできるのを特徴とする5Gは、既存の4G/LTEと比べて、「高速大容量」以外にも「多数...

2019年10月21日 11:29

「路上でお酒を飲ませろ」、ハロウィーン前に禁止条例反対デモ~東京・渋谷

 「路上でお酒を飲ませろ」−−。飲食店の並ぶ東京・渋谷の繁華街で10月18日夜、若者たちのシュプレヒコールが響き渡った。月末にハロウィーンを控え、始めて適用される路上...

pagetop