• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 07:00

【もつ鍋業界最前線】ラーメン、明太子に続く福岡の食のコンテンツ(後)

多店舗展開でもサービスで差

 もつ鍋店ながら「博多料理」を前面に押し出し、関東を中心に売上を伸ばしているのが(株)やまやコミュニケーションズ運営の「もつ鍋やまや」。前期までは別会社(株)やまや食工房が運営していた同店は、福岡最大のもつ鍋店で全国45店舗を展開するほか、海外でも別会社が4店舗を運営する。

 やまやとは対照的に、ベトナムや韓国など海外に出店しながらも、福岡市内での拡大を目指し、「もつ鍋以外は提供しない」という姿勢を崩さないのが77年設立の(有)楽天地が手がける「楽天地」だ。仕入を生産者から直接行うことで費用を抑え、また内臓肉全般を使うミックスもつによるもつ鍋の提供を行っている。経営面では、店舗の予約や混雑状況を本部で一括して行い、空いている店舗を照会し、顧客を誘導するなどのマネジメントを行っている。

 「もつ鍋しか提供しない」(つまり店ごとで大きな差異がない)というサービスの均一化を行っていることで、顧客自身にとっても、提供される商品自体はどの店舗でも「福岡の楽天地のもつ鍋」であれば問題ないため、少しの時間がかかっても来店するケースは多い。

 同社は早くから地元客のリピーターを増やす方向から全国集客へと切り替えた。そのため当初はネットを活用していたほか、現在も広告では国内外の観光客や出張などで来る県外者を意識。「博多のもつ鍋といえば楽天地」と連想させるような戦略を図ってきた。

 また、飲食店にとって人材確保はついて回る問題だが、その点については評価基準を「前向きであること」と明確化することで単純にし、社員同士が評価し合うなど互いに切磋琢磨できる環境を整えるなどして良い人間関係を構築できる職場づくりを行い、天神を中心として「福岡の楽天地」の地位確立を目指している。

福岡で生きる「戦前期の遺産」

 ラーメン、明太子、もつ鍋には共通点として「日本以外の食文化に由来する」という点がある。

 (株)テレビ西日本が製作したドラマ「めんたいぴりり」は、博多座での舞台化や映画版の全国公開など人気を集めたが、同作の主人公のモデルは明太子製造業者(株)ふくやの創業者である川原俊夫氏。川原氏は現在の釜山市で生まれ、大陸で育ったが、日本本土に住んだのは戦後からだった。日本が敗戦で「外地」(いわゆる植民地はこう呼ばれていた)を失ったことは、日本へやってきた引揚者たちにとって「ふるさと」の喪失を意味し、彼らの慣れ親しんだ食文化との断絶が起こった。

 その喪失を埋めるため―であったかは定かではないが、少なくとも同じ味覚を共有する人々が一定数、日本の国内に生まれたことで、食文化として定着する素地が生まれた。たとえば戦後に人気食となったラーメンも、日本で食べられるようになったのは戦前期といわれているが、『ラーメンの語られざる歴史』(2015)の著者、同志社大学教授のジョージ・ソルト氏によれば、その当時は「シナそば」と呼ばれ、外地からわたってきた学生や貧しい労働者が中華料理屋で食べる安価な食品の1つだったという。戦後、闇市を中心に「安価な食事」というかたちで広まったラーメンは、のちのカップラーメンの登場で日本人にとって身近な食品になった。

 ラーメンや辛子明太子と同じく、もつ鍋料理もまた大陸からの文化として受容しつつ、日本人の舌に合わせて変化した食文化の1つといえる。その文化背景がアジア圏と共通していることもあり、観光客の増加とともに受け入れられ、また、若年層が中心となって旧来の「郷土料理」から「九州のソウルフード」という位置づけに変化したことも奏功した。

拡大する「食のコンテンツ」

ラーメン、明太子市場は共に成長しきっている

 一方、取材中には「福岡にしばらく新しい商品が生まれていない」といった悲観的な声も聞かれた。ラーメン、明太子、もつ鍋はたしかに戦後以来の福岡の主要な食文化だが、もうそれ以外のものは見い出せないのではないかという意見だ。

 日本社会の高齢化は、ほかの産業同様に食品産業にとっても暗い影を落としている。加齢とともに食が細るため、外食産業や食料品のマーケットが縮小しているという。

 全国的には「クラフトビール」や「タピオカ」といった、かつて隆盛を極めた食料品が、みたびブームを迎えているという。いずれも若年層がそのブームの中心にいることから将来性があると見込まれている。

 福岡市では人口と観光客の増加が続いている。そのため、もつ鍋業界はこのような“流入者”のおかげで拡大しているだけだとする見方もある。しかし、内臓肉の食文化をもつアジア諸国の経済成長が見込まれるほか、ソウルフードという新たなブランドとしての地位を獲得したもつ鍋の人気が衰えることはしばらくないだろう。

(了)
【小栁 耕】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月21日 10:10

【相続セミナー】弁護士が「65歳からの遺言・相続対策」を解説NEW!

 福岡市中央区に事務所を構える岡本綜合法律事務所が10月26日、相続セミナーを開催する。

2019年10月21日 09:55

「たまねぎ男」辞任の韓国 大統領のレームダック化は必至(前)NEW!

 チョグク法相の突然の辞任は、韓国社会に衝撃を与えている。無理もない。「検察改革」を掲げていた人物が、あえなく敗退したからだ。なぜ、辞めたのか。理由は簡単だ。世論調査...

2019年10月21日 09:36

ラグビーW杯、日本代表健闘するも…─日本代表vs南アフリカ代表─NEW!

 ラグビーワールドカップ2019日本大会(W杯)で日本代表は10月20日、東京スタジアムで南アフリカ代表(スプリングボクス)と対戦し、3-26で敗れた。この結果、日本...

2019年10月21日 09:06

【『I・B TOKYO』発刊にあたって】NEW!

 今回「I・B TOKYO」発刊に漕ぎつけたのは、この激変時代に対応するにあたって企業の皆様方や自立・自覚を求める個人の方々に核心となる情報を提供するという使命感から...

2019年10月21日 08:44

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(5)NEW!

 関電疑獄事件に関して、社内コンプライアンス委員会の委員による内部報告書が平成30年9月11日付で作成され(同書)、一年後の本年10月、それを基に記者会見が開かれた。...

2019年10月21日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(2)NEW!

 18年6月15日に閣議決定された「統合イノベーション戦略」および「未来投資戦略2018」において、トクホ等の保健の用途に係る表示の拡大についてその可能性を検討するこ...

2019年10月21日 07:00

「放射能でおもてなし?」~安全性を疑問視する国内外からの声が急増!(3)NEW!

 「東京オリンピック」の安全性を疑問視する国内外からの声が急増しています。今のところは、安全性を疑問視する声は海外からの声が大きいのが現状です。しかも、今年に入って急...

2019年10月20日 07:00

疾病リスク低減表示拡大と公正競争規約はトクホの救世主となるのか?(1)

 2015年4月1日に誕生した機能性表示食品制度は、それまでの「特定保健用食品(トクホ)」や「栄養機能食品」の行政主導の動きから、官邸主導の決定となり、食品の機能性表...

2019年10月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(4)

 関電の取締役会は機能不全となってしまった。かかる場合、虞犯取締役は辞任する他なく、また、関電は直ちに仮役員の選任を裁判所に申請し、適法な取締役で構成された取締役会に...

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

pagetop