• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月11日 11:26

構造改革の成果、現れる トライアル、増収大幅増益(前)

 (株)トライアルカンパニーの2019年3月期決算は、分社化による経費構造改革の成果が現れ、前期比で営業収益は7.7%増、経常利益は22.8%増と増収大幅増益となった。一時の足踏み状態を脱し、成長軌道を取り戻しつつあるが、居抜き店のスクラップ&ビルド(S&B)や物流効率の悪さ、低い自己資本比率など課題は多い。経常利益率は1.77%にとどまる。ドラッグストアなどが先行する小商圏市場への対応も急ぐ必要がある。

改装オープンの新宮店

九州の旗艦店、新宮店

 4月中旬、改装オープンしたトライアル新宮店。旧ニコニコ堂跡の居抜き店で、築後約30年経過し老朽化が進んでいたが、建替えずに約2カ月をかけて大型改装した。

 6月下旬の日曜午後。鮮魚売場は品定めの客十数人が群がっていた。以前のトライアルでは見られなかった光景だ。ガラス越しに見える調理場では男性従業員がマグロの解体作業をしている。ガラスには「調理受け付けます」の張り紙も。外から見ただけで5人の従業員がいた。

 九州のフラッグショップ(旗艦店)にするという意気込みは随所に見える。焼きたてパン(阪急ベーカリー)やレストラン、ファーストフードなどを導入し、安さ目当てで買い物を終えるとさっさと帰っていた客に、買い物を楽しんでもらおうという意図がうかがえる。食品売り場は木質床材を敷き詰め高級感さえ感じさせる。古くて汚かったトイレは面目を一新した。

 新たに導入したスマートレジカート。10分間観察してみたが、客が途切れることはなかった。若い家族だけでなく高齢の夫婦も目立つ。慣れると完全セルフレジより精算時間は短いのがメリットだ。もっとも、男性従業員3人を慣れない客のために常時配置しており、レジ要員の人手不足対策にはなりそうにない。

経常利益、過去最高に

 トライアルの2019年3月期決算は売上高が6.8%増の3,688億2,300万円、不動産賃貸収入などの営業収入を加えた営業収益が3,948億7,600万円(7.7%増)だった。純増ベースで24店(うち小型店7店)を出店し期末店舗数は238店となった。純増数は前年度の18店を上回り過去5年間では最高。

 同社は年15~20店の大型店出店を基本としている。「トライアル・クイック」などの店名で展開する小型店はほとんどが居抜き。

 営業利益は25.1%増の62億5,400万円、経常利益は22.8%増の69億9,800万円で、分社化以前を通じて過去最高となった。当期純利益は法人税の戻りがあり、35億7,800万円(37.4%増)と2期ぶりに増益を計上した。

 増益の主因は子会社から受け取る家賃地代収入の増加。18年3月期の148億円から185億円に、営業収入全体では261億円と22.3%増加した。店舗増で受取賃貸収入が増えたのが大きい。

 一方で、小売子会社への売上から原価を差し引いた粗利益(売上総利益)は95億円と22億円減少、率では2.59%と0.81ポイント低下した。差益である粗利益はいわば帳合料で、これを引き下げたのは子会社の取り分を多くし負担を減らすためだろう。

 販管費は293億円で4.6%増だった。これは商品部などの本社管理費と、減価償却費およびグループの物流会社(株)ティー・エル・エス(TLS)に支払う物流費などを含むと見られる。営業収益に対する販管費率は7.43%と0.22ポイント低下した。

※クリックで拡大

分社化で経費構造改革

 前期決算では人件費高で流通企業が軒並み収益を悪化させたなかで、見かけ上は増収大幅増収を達成したのは、分社化によるコスト構造の改革によるものだ。

 トライアルは15年9月持株会社に移行するとともに分社化を導入。流通企業では前例のない小売事業を独立させただけでなく、本社間接部門の一部や店舗開発、カード事業を分離した。狙いはコストの明確化と独立採算性による経費削減だ。

 荒療治を断行したのは、販管費の上昇で収益性の悪化に直面し始めたため。14年3月期は販管費が13.2%増と2ケタ台で増加、これが原因で経常利益は約40%減少、経常利益率は0.95%と一気に0.82ポイント悪化した。同社は構造的な高コスト体質に陥りかねないと危機感を深めた。どの企業も社歴を重ねるうちに人件費などの経費が増加。やがてそれが高止まりし収益を圧迫する。そうならないうちに早めに手を打ったのだった。

(つづく)
【宗像 三郎】

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込み下さい。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大NEW!

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催NEW!

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープンNEW!

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定NEW!

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際NEW!

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店NEW!

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

2019年07月19日 13:35

ドンキ福重店、開店から1カ月 「遊び心」で客つかむNEW!

 MEGAドン・キホーテ福重店(福岡市西区)がオープンして1カ月余りの17日午後、同店を訪れてみた。業績不振のユニーを繁盛店に蘇らせたというだけあり、ダイエー・イオン...

2019年07月19日 11:46

アンチ・エイジングからリバース・エイジングへの発想転換(後編)NEW!

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から...

悪魔の消費税増税に警鐘鳴らす株式市場

 反ジャーナリストの高橋清隆氏が指摘するように、マスメディアが日本をダメにしている元凶である。2001年の小泉純一郎内閣誕生のころから、この傾向がとりわけ顕著になって...

2019年07月19日 10:14

アイスクリームが主食のイベント「アイスクリーム万博 あいぱく」がマリノアシティで開催~濃厚、風変わり……全国から100種以上のアイスが集結

 「アイスを食べる取材がある」と聞いて、甘いもの好きの筆者がウキウキ気分でやってきたのがマリノアシティ福岡(福岡市西区小戸)。九州最大級と称されるこのアウトレットモー...

pagetop