• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月12日 18:23

七隈線延伸工事、陥没箇所の工事再開

 7月12日午前9時、「博多駅前陥没事故」現場での再掘削工事が始まった。工事は安全面に最大限の配慮がなされ、Ⓐ地盤改良による人工岩盤の形成・Ⓑ掘削手順の細分化(2分割→4分割)・Ⓒ補助工法(AGF工法)の増強(450mmピッチ→300mmピッチ)・計測箇所の追加などが主な安全策として図られている。

 博多駅前陥没事故は、2016年11月8日未明に発生。福岡市博多区の博多駅前2丁目交差点付近で、片側2車線の道路が大きく陥没し、大きな話題となった。

 該当箇所で行われていた掘削作業には、トンネル工事で多く採用されている「シールド工法※(1)」ではなく、「ナトム工法※(2)」が用いられており、事故当時はこのナトム工法に対して疑問をもたれることもあった。

「安全策イメージ図」

 工事の予定期間は約3カ月間で、開業は当初の計画より2年遅れとなる、22年度を見込む。また、追加工事費などの発生により、総事業費は約137億円増となる約587億円となった。

(1)シールド工法:「シールド」と呼ばれるトンネル掘削機を前進させるとともに、土砂の崩壊を防ぎながらシールド後方に壁面を構築。その内部で安全に掘削作業、覆工作業を行いトンネルを築造していく工法。

(2)ナトム工法:トンネル周囲の地盤がトンネルを支えようとする保持力を利用し、掘削した岩盤の緩みが小さいうちに早期にコンクリートを吹き付け、岩盤とコンクリートとを固定するロック
ボルトを岩盤奥深くにまで打ち込み、地盤の安定を確保しながらトンネルを掘進する工法。

【代 源太朗】

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年07月19日 17:44

ザ・ビッグ久留米すわの店オープン ドミナント強化へNEW!

 マックスバリュ九州(株)(本社:福岡市博多区、佐々木勉社長)は19日、福岡県久留米市に「ザ・ビッグ久留米すわの店」をオープンした。

2019年07月19日 16:59

M&Aブームに陰り?世界的にM&Aによる減損が拡大NEW!

 世界的に活況を呈しているM&Aだが、中国においても例外ではない。2015年前後、中国当局は金融緩和、規制緩和を実施。その結果、M&Aブームが起こることとなった。

2019年07月19日 16:54

モデルハウスで民泊収入~モデルハウス民泊運用プロジェクト説明会&セミナー開催NEW!

 建築業界専門のホームページ制作などを手がける(株)D-gripシステム(東京都新宿区)を中心とした9社による「モデルハウス民泊運用プロジェクト」の説明会とセミナーが...

2019年07月19日 15:23

ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店、26日(金)にオープンNEW!

 JR九州ドラッグイレブンは26日(金)に「ドラッグイレブンPRALIVA(プラリバ)店」を福岡市営地下鉄西新駅直結の商業施設「PRALIVA(プラリバ)」の地下2階...

2019年07月19日 15:00

令和で最初(福岡労働局管内)のユースエール認定NEW!

 (社福)信愛会(糟屋郡篠栗町)が6月20日にユースエール認定を受けた。福岡労働局管内では2019年(令和元年)度で初の認定となる。

2019年07月19日 14:38

宗像市の塗装業者を排除通報 代表者が暴力団と密接交際NEW!

 福岡県警は7月18日、福岡県宗像市田熊の塗装業者「森下悟塗装店」(森下悟代表)が指定暴力団神戸山口組系組員と密接に交際していたとして通報した。

2019年07月19日 14:09

「アルゾひびきの店」9月オープン 万惣が九州4号店NEW!

 万惣の「アルゾひびきの店」は9月オープンの見通しとなった。九州では飯塚、甘木、吉野ヶ里店に続く4号店。大和ハウス工業子会社の建設した2階建ての建物の1階に出店する。

2019年07月19日 13:35

ドンキ福重店、開店から1カ月 「遊び心」で客つかむNEW!

 MEGAドン・キホーテ福重店(福岡市西区)がオープンして1カ月余りの17日午後、同店を訪れてみた。業績不振のユニーを繁盛店に蘇らせたというだけあり、ダイエー・イオン...

2019年07月19日 11:46

アンチ・エイジングからリバース・エイジングへの発想転換(後編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から...

悪魔の消費税増税に警鐘鳴らす株式市場

 反ジャーナリストの高橋清隆氏が指摘するように、マスメディアが日本をダメにしている元凶である。2001年の小泉純一郎内閣誕生のころから、この傾向がとりわけ顕著になって...

pagetop