• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月18日 07:00

なぜグランドメゾンは福岡で圧倒的ブランドなのか(後)

積水ハウス(株)

旧⼤名⼩学校跡地活⽤事業 イメージ

なぜグランドメゾンは福岡市で強いのか

 グランドメゾンの特徴はその外構にあるといっても過言ではない。植栽などで深く覆われた外観は、歩行者からは一見してマンションに見えない場合もあるほどだ。

 たとえば百道浜Ocean&Forestでは、駐車場の上部が木々で覆われ、さながら里山の森のようになっている。年月を経るほど風格を増す“経年美化”を意識した外構は、その土地固有の在来種の木々だけでなく自然石の石積みにも現れている。戸建事業から始まった同社の住宅事業を象徴するように、「グランドメゾンは戸建の集合体である」という設計理念のもと予算をかけ、高級感を演出しているのだ。とくに福岡では百道浜以降、脈々とこの思想は受け継がれており、「グランドメゾン=高級」というブランドイメージを見事根付かせた。

 「地場が強い」といわれてきた福岡市のマンション開発市場において、積水ハウスが強固なブランドイメージを継続してきたのは、福岡マンション事業部・吉崎道夫執行役員の存在が大きい。同氏は百道浜の開発のころから福岡でグランドメゾンブランドに関わってきた。19年1月期(連結)の売上高に対するマンション事業売上はわずか4.14%、営業利益では3.38%にとどまるセグメントでしかないが、とくに福岡市においては「グランドメゾン」の存在感が数値で圧倒する戸建、賃貸住宅、賃貸管理事業をしのぐのはこれまでの福岡での歴史がそうさせるのであろう。

 ブランディングは一朝一夕にはできない。30年にわたって「外構を生かしたマンションづくり」を徹底してきたことが福岡で強固なブランドイメージをつくり上げたのだ。また、徹底できた要因は、その間、吉崎執行役員が福岡マンション事業部を牽引してきたことだろう。結果を評論するのは簡単だが、アイランドシティのように辛抱強く継続するには資金力も必要だ。積水ハウスが福岡でブランドイメージをつくり上げることができたのは、資金力、地元の責任者の両輪がうまく噛み合ったからであり、それを辛抱強く続けることができたからだ。

 16年1月に用地を取得していた田中ビル跡地(福岡市中央区大名2丁目)は、1月に大和ハウス工業(株)が完成させたプレミスト天神赤坂タワー(220戸)にも近く、福岡都心に両社のマンションが建ち並ぶかと思われたが、プレミストと比べて用地が狭いことなどから、マンション開発ではなく、収益物件の開発に切り替えたようだ。これも「グランドメゾン」ブランドを保つための戦略だといえる。

 計画中のものでは、グランドメゾン大濠公園2020(20戸)、さらに明治通り沿いを歩いて数分のところでも広い用地を確保しており、間もなくプロジェクト化されるとみられる。福岡市中央区、早良区の一部、南区、アイランドシティで数多くのマンションを供給してきた同社は、とくに大濠公園周辺で数多くのグランドメゾンを供給してきたことも高級・高品質なイメージをつくり上げた要因だろう。「1haあれば、まちはつくれる」と同社の吉崎執行役員は過去の取材で語っていたが、大濠公園周辺では、公園の植栽を借景とすることで、グランドメゾンのブランド力に活用した。

 長く続く低金利やリーマン・ショックの反動などによって、福岡のマンション販売市況は活況を呈してきた。しかし、すでに「動きが鈍ってきた」という声も多く聞かれるようになっており、数カ月先の動向は読めない状況だ。販売物件についての広告はせずとも紹介などで早期完売をはたしてきたグランドメゾンだが、間もなく到来するであろう販売不況に対し、多数の供給を予定している同社がどのように対応するのか、それは結果も含めて地場のマンションデベロッパーとは異なるのか、注目したい。

※クリックで拡大

(了)
【永上 隼人】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:仲井 嘉浩
所在地:大阪市北区大淀中1-1-88
設 立:1960年8月
資本金:2,025憶9,120万円
売上高:(19/1連結)2兆1,603億1,600万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop