• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月16日 17:22

日本の対韓輸出制限で急激に注目が集まっている半導体素材

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 日本政府が今月の4日から半導体製造に必須である化学製品3品目の対韓輸出制限を発動したことにより、韓国政府をはじめ、産業界に大きな衝撃が走っている。この対応策をめぐって、韓国政府は腐心しているが、これといった対応策は見つかっていない。

 経済を知らない政治界では、強硬な対応を主張する一方、経済界では冷静なスタンスが多く、今回の問題はあくまでも政治絡みの問題であるため、両国の政治的な妥協によって、問題が解決されることが望まれている。

 日本のことをよく知っている一部の人は、今回の件をとても深刻に受け止めている。しかし、その反面、参議院選挙が終われば、米国の仲裁などによって、事態が収拾に向かうだろうとしている。

 今回の日本の対韓輸出制限は、韓国で毎日マスコミに取り上げられ、対日感情が悪化しているので、筆者としては今後の日韓関係が懸念される。一方、今回の件で、素材などが半導体製造において、どれほど大事であるかを教えてくれたような気がする。今回は半導体製造の原型ともいえるシリコンウェーハについて取り上げてみよう。

 半導体は産業のコメと呼ばれているほど、私たちの日常生活と密接に関わっている。スマホを始め、テレビ、自動車、ノートパソコン、家電製品、クレジットカードなど、半導体なしでは実現できない製品を上げるとしたら、いくらでもある。そのような半導体の製造に使われる基盤素材は何かといえば、シリコンウェーハである。

 シリコンウェアから半導体の製造はスタートする。ニュースなどでよく目にする銀色の円盤がシリコンウェーハで、この円盤のなかに印刷・撮影技術を使って、回路を書き込んでいき、半導体が出来上がる。

 ほとんどのシリコンウェーハの材料は、砂から採取したケイ素、すなわちシリコンでできている。 ウェーハの製造に使用されるシリコンは、純度99.999999999%以上で、非常に純度の高いシリコンでできている。9が11個も並ぶので、別名でイレブンナインと呼ばれたりもする。 シリコンは地球上に豊富に存在しているため、安定的な供給が可能で 、毒性もないので、環境にも優しい材料である。ところが、シリコンウェーハが薄ければ薄いほど製造コストは安くなり、またウェーハのサイズが大きければ大きいほど、1枚のウェーハからたくさんの半導体チップがつくられるので、シリコンウェーハの大口径化の競争が繰り広げられている。

 シリコンウェーハのサイズは20mm(0.75インチ)からスタートし、現在は、300mm(12インチ)のシリコンウェーハが主流となっており、450mm(18インチ)のシリコンウェーハを開発する動きも出てきている。しかし、シリコンウェーハのサイズが大きくなればなるほど、半導体メーカーの初期投資は大きくなり、財政的な負担は重くなる。なぜかというと、サイズが変わると、既存の製造装置はそのまま使えず、装置を始め、搬送ロボットなど、そのサイズに合わせて新しい製造装置に入れ替えるため、投資額が増えていくからだ。

 巨額の投資が必要であるため、半導体製造に簡単に参入できないので、ファウンドリー(受託専業企業)ビジネスが繁盛するようになるわけだ。ところが、第4次産業革命などで、世界的に自動走行Iot、AIなどの進展を背景に、半導体需要の大きな伸びが予想されている。半導体製造に欠かせないシリコンウェーハの需要も伸び続けている。ここ数年はシリコンウェーハの需要が供給を上回っていた。

 それでは、シリコンウェーハはどのようにつくられているだろうか。原料のシリコンを高温の熱で溶かし、高純度のシリコン溶液をつくり、これを結晶成長させて、シリコン円筒をつくる。このシリコン円筒をインゴットという。ウェーハをつくるためには、この円筒形のインゴットをダイアモンドののこぎりで、均一な厚みに、切る作業が必要である。

 ウェーハは薄ければ薄いほど、製造コストが安くなり、口径が大きければ大きいほど、一回に生産できる半導体チップの数が増加するので、ウェーハはだんだん薄く、サイズが大きくなる傾向がある。薄く切られたウェーハの表面はまだきれいになっていないため、研磨液と研磨装置を使って磨きをかける。このような過程を経て、一枚のウェーハが誕生するようになる。

 このウェーハは半導体のそれぞれの製造装置に移動されていき、そこに露光装置そのほかで回路を焼き付けていくことにより、半導体が完成する。今まで半導体の原型であるシリコンウェーハがどのようなものなのかを見てきたが、市場はどのようになっているだろうか。

 半導体用シリコンウェーハの市場は、日本企業が世界シェアの60%以上を握っている。信越化学工業の子会社である信越半導体が世界シェア30%で、世界トップ企業となっており、それについでSUMCOが世界シェア27%で、世界第2位となっている。

 日本の会社以外には、世界3位のドイツのシルトロニック、世界4位の台湾のグロバルウェーハズ、世界5位の韓国のSKシルトロンのトップ5社が世界市場の85%を占めている。

 

 最近中国の企業も半導体を内製するためにシリコンウェーハの製造に力を入れており、急成長している。

 このような中、シリコンウェーハの出荷量は5年連続最高値を更新し続けている。18年の年間売上高は113億8千万ドルで、17年の87億8千万ドルに比べて、約31%も成長している。しかし、今年はメモリ市場の価格下落、米中貿易戦争の影響などで、市場はピークから下り坂に向かっている。

 最後に今後の予想だが、今後、さまざまなモノがインターネットにつながっていくことで、データ処理を行うメモリーやロジック、各種センサー、それから省電力化に必要なパワー半導体など、半導体の需要が増加していくことは間違いない。そうなると、シリコンウェーハの需要も増加するのは必至である。自動車、医療、ウェアラブル、データセンターなど、半導体は日常生活を支える重要なキーデバイスとなっていくだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月25日 07:00

【交通取締情報】26日、北九州市戸畑区で実施

 福岡県警は26日(月)、北九州市戸畑区で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年08月25日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~中国人が見た日本人若者の消費観

 「お金と気力を貯めて、自分の好きな事に使う。これこそ自分に対して責任ある態度だと思う」。咲さんという名前の日本人女性が、このところ日本と中国のSNSで注目を集めてい...

2019年08月24日 07:00

西日本新聞の柴田建哉社長殿、貴方は社を復活させる覚悟がありますか?(6)~西広OBが西日本新聞社の未来を宣託

 柴田社長殿、西広OBからのご意見を紹介してこのシリーズを完結します。この後のことは経営者として柴田社長がいかに西日本新聞社をすばらしい会社として再生させるかどうかに...

2019年08月24日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~増税で日本旅行はどれくらい値上がりするか(後)

 消費税率が8%から10%に上がると、この2ポイント分の変化が外国人観光客に一体どれほどの影響を与えるだろうか。ショッピングについては、2016年5月1日以降、日本の...

2019年08月23日 17:34

オンワード 南青山の社宅を38億円で売却

 (株)オンワードホールディングスは23日、東京都港区南青山7丁目の土地建物を東急不動産(株)に売却すると発表した。土地建物は、オンワードHDの社宅として利用されてい...

2019年08月23日 17:29

NYダウと日経平均株価の連動性について

 NYダウ平均株価が上昇すれば、日経平均株価も上昇するといわれているが、はたして、それは本当に根拠があるのか。検証してみることにする。NYダウと日経平均株価の推移表で...

2019年08月23日 16:56

意外と守られていない道路法とそのワケ

 車両は普通車両と特殊車両に大別され、ある一定の基準(サイズや重さなど)を超えた車両は特殊車両とみなされる。トレーラーや海上コンテナ、クレーン車などがその代表だが、こ...

2019年08月23日 15:56

「福岡東総合庁舎敷地有効活用事業」の優先交渉権者~JR九州を代表企業とする企業グループに

 福岡県が実施した「福岡東総合庁舎敷地有効活用事業」の優先交渉権者に九州旅客鉄道(JR九州)を代表企業とし、福岡地所、麻生を構成員とする企業グループが選定された。同グ...

2019年08月23日 15:25

(株)エステートジャパン(京都)/不動産売買・仲介

 エステートジャパンは、8月9日、京都地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年08月23日 15:15

“人間中心”のAI戦略とブロックチェーンの可能性(前編)

 わが国の内閣府は昨年、「未来投資戦略2018」を作成し、次世代モビリティとヘルスケア・システムの確立に向けた本格的な取り組みを始めた。世界が注目するように、日本は「...

pagetop