• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月23日 11:03

【虎党記者の食べある記】7月27日閉店「中洲ちんや」~創業70余年、老舗の味を噛みしめる

 博多区中洲3丁目にある「中洲ちんや」は、九州産黒毛和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキなどを堪能できる老舗名店。中でもすき焼きは、割烹着姿の仲居さん自らお客さんの目の前で調理する。丁寧な接客サービスも好評で、地元民のみならず、某有名歌手や大物俳優、人気お笑い芸人も、福岡に立ち寄る際はお忍びで来店していたという。

 記者は福岡にきてから、まだ一度も足を運んだことがなく、恥ずかしながら閉店の報に触れるまで、同店の存在すら知らなかった。もはや予約を取ること自体が至難の業ということもあり、半ば行くのをあきらめていたが、せめてランチだけでも堪能したいとの思いから、お店へと向かうことにした。

閉店を惜しむ長蛇の列が続く

 記者がお店の前に着いたのは、ちょうど午前11時を回ったころ。「中洲ちんや」の屋号が書かれた老舗感漂う看板のすぐ上には、「71年間ありがとうございました」と書かれた横断幕が・・・。そして店の前には、閉店を惜しむ人たちが長い行列をつくっており、行列の長さは優に50mに達するかというものだった。列の長さから推測すると、早い人で9時台、遅くとも10時台から並び始めているものと思われる

 行列の顔触れに目を向けると、古くからの常連と思われる老夫婦とその家族、おそらくこの日のために午前中の仕事を早く切り上げてやってきたであろうサラリーマンやOL、閉店の噂を聞きつけてやってきた一見と思われる観光客や外国人の姿もあり、みな一様に開店を今か今かと待ちわびていた。

 普段、わざわざ行列に並んでまで店に入ろうという気にならない記者は、いつもならこの長蛇の列を見た瞬間、あきらめてほかの店を探すところだ。しかし、この日は違った。この光景を見ても、胃袋が「並んででも、ちんやの肉を食さないことには納得できない」と叫んでいたので、1時間以上待つのを覚悟の上で、あえて並ぶことを決意した。

 行列に並び始めて間もなく、知人がたまたま行列の近くを通りかかり、記者に声をかけてきた。聞くと彼も同じく、中洲ちんや閉店の話を聞きつけ、最後にその味を堪能しようと仕事の間を縫って訪れたらしい。お互い意気投合し、一緒に並ぶことにした。

開店30分も経たないうちに品切れが…。予想を超える盛況ぶり

 並び始めてから1時間もしないうちに、幸運にも1階のレストランに入ることができた。昭和を感じさせるレトロなたたずまいの店内はすでに満席で、カウンターの後ろには数名の待ちが出るほどの盛況ぶり。従業員から、「相席になりますがよろしいですか?」と確認があり、問題ないと伝えたところ、ほとんど待つことなく奥のテーブル席へと案内された。

 レストランということもあり、メニューは全10種類の洋食が並ぶ。お腹を空かせた記者と知人は、焼肉定食のお肉大盛り、記者はプラスしてご飯を大盛りで注文した。隣のカップルは別のメニューを注文していたが、「すでに品切れ」だとか。開店30分も経たないうちに品切れが起こるとは…予想を超える盛況ぶりで従業員も忙しそうだった。

 注文してから10分も経たないうちに、厨房から焼肉定食が運ばれてきた。卓に置かれた瞬間、まず驚いたのは、メインとなるお肉の「これでもか」というほどのボリュームと、辺りに漂う肉汁とタレの絡まった香ばしい香り――。記者の食欲をそそり、胃袋が「早く早く」と急かしているのがわかった。

絶品&ボリューム満点の焼肉ランチ

 すぐにでも肉を口に頬張りたい気持ちを落ち着けるため、まずは味噌汁を軽くすする。一呼吸置いた後、肉に箸を付け、そのまま口に運んだ。特製のタレで炒められた牛肉は味が染みこみ、すぐに噛み切れるほどの柔らかさで、肉質は申し分ない。噛むと口中に肉汁が広がっていくのがわかった。「この肉がご飯と合わない訳がない!」――すぐさま口のなかに白いご飯を掻き込む。その瞬間、芳醇な肉と御飯のハーモニーが口いっぱいに広がった。

 再び味の染み込んだ肉を口に運び、すぐさま白いご飯を掻き込む――この繰り返しを、記者も知人も黙々と続けた。みるみるうちに膨らむ胃袋。いつもならご飯のお代わりを要求するが、今回はせっかく味わった肉の余韻を残したかったのか、腹八分でストップがかかった。記者も知人も、「いうことなし」「大満足」でお店を後にしたのはいうまでもない。

7月27日をもって閉店、老舗の味をいつまでも人々の記憶に

 既報の通り、中洲ちんやは7月27日をもって閉店することが決まっている。今回の来訪時には、前回見られなかった横断幕が掲げられていたほか、入口付近には「閉店のお知らせ」と書かれた看板を目にした。改めて、中洲ちんやの閉店が事実だということを再認識させられた。記者にとっては前回叶わなかった味を堪能することができたが、ほかのお店とは違い、「最初で最後になるかもしれない」という特別感が、老舗の味をより一層深い味わいにした。

 閉店が迫るにつれ、多くの人が訪れるのは、創業以来70余年もの間、老若男女・国籍問わず多くの人に愛されたことの証明であろう。

 営業もいよいよ残り数日。中洲の名店がまた1つなくなってしまうのは名残惜しくもあるが、多くの人々に感動をもたらした同店の味とサービスは、人々の記憶にいつまでも残り続けることだろう。

【長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年08月18日 07:30

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(中)

 中国のシリコンバレーと呼ばれる深圳市にはファーウェイ、テンセント、ドローン製造のDJIなど技術系企業が集積する。ファーウェイ本部の広さは約60万坪。ヤフオクドーム2...

2019年08月18日 07:00

流通業界イマドキの「人材確保事情」 人手不足が小売企業の経営を揺るがす(前)

 人手不足が各業界で深刻化するなか、小売を始めとする流通業界もご多分に漏れず同じ様相を呈している。もともと利益幅が薄い小売業界では、労務問題を起因として赤字転落する企...

2019年08月18日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(中)

 6月26日、静岡県沼津市に本拠を置くスルガ銀行の株主総会が大混乱の下で行われた。株主から多数の反対動議が出され、怒号が飛び交う中での「強行採決」だった。そこには、か...

2019年08月17日 08:00

モダンプロジェが大名に本社移転

 モダンパラッツォシリーズの賃貸マンション企画会社・モダンプロジェが17日、本社を移転した。新本社は今年2月に完成していた「モダンパラッツォ大名」の10階。2階はテナ...

2019年08月17日 07:30

寝室が変われば人生が変わる 健康住宅専門店、早稲田ハウス

 「睡眠負債」という言葉がある。毎日の睡眠不足が借金のように積み重なり、心身に悪影響をおよぼすおそれのある状態だ。これを放っておくと、肥満や2型糖尿病などの代謝疾患の...

2019年08月17日 07:10

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(前)

 東京、ニューヨーク、サンフランシスコが世界3大港湾都市圏とされている。中国は今、これらを凌駕する世界一の港湾エリアを建設している。香港、マカオ、そして深圳などを含む...

2019年08月17日 07:05

LINE、ANA、福岡市が共同で「ドローンで産地直送」の実証実験

 バーベキュー会場から、LINEでアワビやサザエを注文すると、玄界島から産地直送の新鮮食材がドローンで届ける実証実験が8月1日に福岡市西区で行われた。実証実験は、LI...

2019年08月17日 07:00

【夏期集中連載】金融機関を取り巻く現状(前)

 日銀のマイナス金利政策が3年以上続く中、金融機関は依然として厳しい経営環境にある。しかも、少子高齢化が進展する日本では、国内産業全体の大きな発展は今後も望むべくもな...

2019年08月16日 08:00

【企業研究】老舗百貨店の矜持と覚悟

 創業84年の(株)井筒屋。これまで北九州・小倉を拠点に福岡・大分・山口において店舗展開を行い、九州地場百貨店の代表格としての地位を有していたが、時流とともに栄枯盛衰...

2019年08月16日 07:30

田舎がアニメに「出る」理由~地方の疲弊とアニメ会社の収益改革

 7月28日、所用で唐津に行くと、駅の改札のすぐ近くで「ゾンビ」に遭遇した。といっても、本物ではない。アニメ「ゾンビランドサガ」のキャラクターに扮した同作のファン、い...

pagetop