わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年07月23日 11:03

【虎党記者の食べある記】7月27日閉店「中洲ちんや」~創業70余年、老舗の味を噛みしめる

 博多区中洲3丁目にある「中洲ちんや」は、九州産黒毛和牛のすき焼きやしゃぶしゃぶ、ステーキなどを堪能できる老舗名店。中でもすき焼きは、割烹着姿の仲居さん自らお客さんの目の前で調理する。丁寧な接客サービスも好評で、地元民のみならず、某有名歌手や大物俳優、人気お笑い芸人も、福岡に立ち寄る際はお忍びで来店していたという。

 記者は福岡にきてから、まだ一度も足を運んだことがなく、恥ずかしながら閉店の報に触れるまで、同店の存在すら知らなかった。もはや予約を取ること自体が至難の業ということもあり、半ば行くのをあきらめていたが、せめてランチだけでも堪能したいとの思いから、お店へと向かうことにした。

閉店を惜しむ長蛇の列が続く

 記者がお店の前に着いたのは、ちょうど午前11時を回ったころ。「中洲ちんや」の屋号が書かれた老舗感漂う看板のすぐ上には、「71年間ありがとうございました」と書かれた横断幕が・・・。そして店の前には、閉店を惜しむ人たちが長い行列をつくっており、行列の長さは優に50mに達するかというものだった。列の長さから推測すると、早い人で9時台、遅くとも10時台から並び始めているものと思われる

 行列の顔触れに目を向けると、古くからの常連と思われる老夫婦とその家族、おそらくこの日のために午前中の仕事を早く切り上げてやってきたであろうサラリーマンやOL、閉店の噂を聞きつけてやってきた一見と思われる観光客や外国人の姿もあり、みな一様に開店を今か今かと待ちわびていた。

 普段、わざわざ行列に並んでまで店に入ろうという気にならない記者は、いつもならこの長蛇の列を見た瞬間、あきらめてほかの店を探すところだ。しかし、この日は違った。この光景を見ても、胃袋が「並んででも、ちんやの肉を食さないことには納得できない」と叫んでいたので、1時間以上待つのを覚悟の上で、あえて並ぶことを決意した。

 行列に並び始めて間もなく、知人がたまたま行列の近くを通りかかり、記者に声をかけてきた。聞くと彼も同じく、中洲ちんや閉店の話を聞きつけ、最後にその味を堪能しようと仕事の間を縫って訪れたらしい。お互い意気投合し、一緒に並ぶことにした。

開店30分も経たないうちに品切れが…。予想を超える盛況ぶり

 並び始めてから1時間もしないうちに、幸運にも1階のレストランに入ることができた。昭和を感じさせるレトロなたたずまいの店内はすでに満席で、カウンターの後ろには数名の待ちが出るほどの盛況ぶり。従業員から、「相席になりますがよろしいですか?」と確認があり、問題ないと伝えたところ、ほとんど待つことなく奥のテーブル席へと案内された。

 レストランということもあり、メニューは全10種類の洋食が並ぶ。お腹を空かせた記者と知人は、焼肉定食のお肉大盛り、記者はプラスしてご飯を大盛りで注文した。隣のカップルは別のメニューを注文していたが、「すでに品切れ」だとか。開店30分も経たないうちに品切れが起こるとは…予想を超える盛況ぶりで従業員も忙しそうだった。

 注文してから10分も経たないうちに、厨房から焼肉定食が運ばれてきた。卓に置かれた瞬間、まず驚いたのは、メインとなるお肉の「これでもか」というほどのボリュームと、辺りに漂う肉汁とタレの絡まった香ばしい香り――。記者の食欲をそそり、胃袋が「早く早く」と急かしているのがわかった。

絶品&ボリューム満点の焼肉ランチ

 すぐにでも肉を口に頬張りたい気持ちを落ち着けるため、まずは味噌汁を軽くすする。一呼吸置いた後、肉に箸を付け、そのまま口に運んだ。特製のタレで炒められた牛肉は味が染みこみ、すぐに噛み切れるほどの柔らかさで、肉質は申し分ない。噛むと口中に肉汁が広がっていくのがわかった。「この肉がご飯と合わない訳がない!」――すぐさま口のなかに白いご飯を掻き込む。その瞬間、芳醇な肉と御飯のハーモニーが口いっぱいに広がった。

 再び味の染み込んだ肉を口に運び、すぐさま白いご飯を掻き込む――この繰り返しを、記者も知人も黙々と続けた。みるみるうちに膨らむ胃袋。いつもならご飯のお代わりを要求するが、今回はせっかく味わった肉の余韻を残したかったのか、腹八分でストップがかかった。記者も知人も、「いうことなし」「大満足」でお店を後にしたのはいうまでもない。

7月27日をもって閉店、老舗の味をいつまでも人々の記憶に

 既報の通り、中洲ちんやは7月27日をもって閉店することが決まっている。今回の来訪時には、前回見られなかった横断幕が掲げられていたほか、入口付近には「閉店のお知らせ」と書かれた看板を目にした。改めて、中洲ちんやの閉店が事実だということを再認識させられた。記者にとっては前回叶わなかった味を堪能することができたが、ほかのお店とは違い、「最初で最後になるかもしれない」という特別感が、老舗の味をより一層深い味わいにした。

 閉店が迫るにつれ、多くの人が訪れるのは、創業以来70余年もの間、老若男女・国籍問わず多くの人に愛されたことの証明であろう。

 営業もいよいよ残り数日。中洲の名店がまた1つなくなってしまうのは名残惜しくもあるが、多くの人々に感動をもたらした同店の味とサービスは、人々の記憶にいつまでも残り続けることだろう。

【長谷川 大輔】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年12月11日 18:01

私服警官に違法な客引きで御用

 福岡県警は12月10日、風営法違反(客引き行為の禁止)の疑いで、久留米市日吉町にあるキャバクラ店「CLUB G(クラブ・ジー)」の経営者ら2人を逮捕した。

2019年12月11日 17:57

中村哲さんの告別式 参列者に配布された最後の言葉

 アフガニスタンで殺害された福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」現地代表の医師、中村哲さんの葬儀が12月11日午後1時、福岡市中央区の斎場で営まれた。

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(19)〜337-A地区が正しい組織に改革されることを願うのみ〜

 当サイトで、これまで18回連載したライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市松末小学校床改修工事寄贈の件について、LC内だけでなく、外部の方々からも、連...

2019年12月11日 17:13

【政界インサイダー情報】セガサミー里見会長、横浜IRへの参戦を表明

 皆さん、筆者が以前より指摘していたことがまたまた実証されました。いよいよ「安倍・トランプ密約」が具体的に始まります。セガサミーホールディングスの里見治会長は先日、報...

(株)アーム・レポ(福岡)/不動産仲介・販売代行

 アーム・レポは11月28日、福岡地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁より監督命令を受けた。

2019年12月11日 14:21

レギュラーガソリン、全国平均価格147.6円~6週連続の値上がり・福岡は148.2円

 資源エネルギー庁が12月11日に発表した石油製品小売市況調査によると、12月9日時点でのレギュラーガソリン1Lあたりの全国平均価格は147.6円で、前週から0.3円...

2019年12月11日 12:25

【鹿児島県知事選】九州経済産業局の塩田康一局長が出馬表明へ~〈ラ・サール→東大〉県出身エリート官僚

 来年夏に予定されている鹿児島県知事選挙に、九州経済産業局の塩田康一局長(54)が出馬する意向を固めた。関係者に対して、今月中に退職する意向を伝えたとみられる。

2019年12月11日 12:00

「インボイス制度」導入前における財務体質強化

 10月は消費増税や幼児教育無償化など、経済環境に影響を与える変化が大きい事象がありました。軽減税率やポイント還元制度など、消費者視点からの情報がメディアを賑わせてい...

2019年12月11日 11:59

不動産ローン申請書類 コーセーREでも改ざんの疑い

 コーセーアールイー(東証一部)は、投資用分譲マンションを販売する子会社において、投資家の源泉徴収票や物件の賃料を改ざんしていた疑いがあると発表した。

2019年12月11日 11:50

消費者庁、定期購入告げずに販売した財宝に特商法違反で是正指示

 消費者庁は10日、電話勧誘で定期購入する契約であることを告げずに健康食品を販売していたとして、(株)財宝(本社:鹿児島県垂水市、水迫邦夫社長)に特定商取引法違反によ...

pagetop