わらび座ミュージカル「ジパング青春記」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月19日 09:50

香港、マカオ、深圳 視察報告 「世界一港湾都市」奪取計画の現在地(後)

QRコードで入店・決済する無人コンビニ
無人コンビニ外観
香港伝統の竹製足場

香港自治行政への「浸食」

 香港国際空港のマカオ行きバスターミナルは大陸(珠海市)方面行の団体客が溢れ、長時間の待機を余儀なくされた。この際、我々日本人には何も言わない職員が、中国人団体客に対してわずかな列の乱れでも声を荒げて整列を促す場面があった。

 10年ほど香港に在住する日本人は「あり得る」と指摘する。同氏は移住当初、大陸なまりで話していたことから何度も冷たくあしらわれたという。その後、自身が日本人と判明すると口調が柔らかくなり親密になったという。香港と中国や近隣都市との関係に変化が生じている。中国GDPの多くを担っていた香港は深圳ら大陸側の急成長により存在感が低下した。また、大陸からの移民や経済進出は不動産高騰の一因となっており、マンション価格の高騰を招いている。香港人や在留日本人は経済の活性化を喜ぶ一方で「政治面だけでなく、生活コストが上がったことに不快感をもっている」と口をそろえる。

 政治・行政面でも明らかに中国政府の影響力が高まっている。深圳(福田駅)から香港(西九龍駅)までは延伸した高速鉄道を利用した。中国側の出国手続きと香港への入国手続きが香港側の駅で同時になされていたのだ。中国政府は向こう50年間の「1国2制度」の維持を示すが、中国政府により新設された行政機関による香港自治行政への「浸食」は既成事実化されている。

 中国政府への反発や経済面での存在感低下があるとはいえ、海外と中国を結ぶ要衝には違いない。今後、香港・マカオ・広東省深圳市の3都市は政治体制の壁はあるものの、特徴や役割の棲み分けや役割分担で規模的にも機能的にも世界No.1の港湾都市エリアを実現しそうな気配だ。

デモの期間でも通常通りの香港

(了)
【鹿島 譲二】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

今国会最大焦点日米FTA承認を黙認した野党NEW!

 臨時国会最大の焦点である日米FTA(自由貿易協定)批准案が参議院本会議で可決され、承認された。安倍自公の与党が議会多数を握っており、もとより野党が批准案成立を阻止す...

2019年12月06日 09:20

【『I・B TOKYO』発刊にあたって】NEW!

 今回「I・B TOKYO」発刊に漕ぎつけたのは、この激変時代に対応するにあたって企業の皆様方や自立・自覚を求める個人の方々に核心となる情報を提供するという使命感から...

2019年12月06日 07:00

「様子見多く、高止まり」も 宗像が上がったことで下落局面へ(前)NEW!

 不動産価格は、高止まりの状態にあります。それが明らかな下げに転じる時期は正確にはわかりませんが、オリンピック終了や首相交代によって、その時期が訪れる可能性は高いでし...

2019年12月06日 07:00

芸術・文化のまち復権へ 副都心・池袋の再開発(前)NEW!

 2014年5月、豊島区は東京23区で唯一「消滅可能性都市」であると指摘されたことで、衝撃が走った。「池袋にあれほどの賑わいがあるのに、そんな馬鹿な話はない」という声...

2019年12月05日 18:10

【横田一のSAKURA〈桜〉front row】前田晋太郎・下関市長~取材メモ(12月2日、4日)

 ――市長、どういう枠で行かれたのか、前回答えられなかったのですが、「桜を見る会」。 前田市長=どちらさまですか。 ――(名刺を差し出した後)どういう立場で参加な...

美談の裏で─ライオンズクラブ337-A地区と朝倉災害支援─(14)

 ライオンズクラブ(以下LC)337-A地区からの朝倉市立松末小学校体育館床改修工事の寄贈をめぐって、これまでNet IB Newsで13回連載してきた。大きな疑問点...

2019年12月05日 16:10

香港が中国経済にとって重要である理由

 香港の反政府デモに対し、中国政府がいずれ力ずくで抑えつけるのではないかと懸念される。しかし、一国二制度の下で中国大陸とは異なる法制度が適用される香港は、中国のほかの...

2019年12月05日 15:54

福岡市が入札 石城町や鳥飼などの市有地売却へ

 福岡市博多区石城町の474坪、城南区鳥飼7丁目の467坪など4カ所の市有地が入札により売却される。いずれも建物は解体されており、更地となっている。

2019年12月05日 15:54

【交通取締情報】12月6日、柳川市で実施

 福岡県警は12月6日(金)柳川市で可搬式オービスによる交通取り締まりを実施する。

2019年12月05日 14:19

(株)AIコーポレーション(旧・T.F.K)(東京)/生保・損保代理店業ほか

 AIコーポレーションは12月5日、東京地裁に民事再生法の適用を申請した。

pagetop