• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月23日 07:00

総合士業グループの中核となる司法書士法人 「問題解決力」「提案力」高い人材を 一樹百穫 

司法書士法人
司法書士法人みつ葉グループ

「家族信託」でトップクラスの実績

代表司法書士 宮城 誠 氏
代表司法書士 宮城 誠 氏

 (司)「みつ葉グループ」は、2012年、創業者・島田雄左氏が23歳で開いた個人事務所がスタート。翌年法人化し、東京・大阪・広島・沖縄・札幌などに拠点を広げ、司法書士から行政書士、税理士、土地家屋調査士さらには弁護士が連携しワンストップサービスを提供する総合士業グループ「みつ葉グループ」に発展している。

 グループ全体の年商は、いまや8億円を見込んでおり、スタッフも100人以上を抱えている。グループの中心である司法書士法人の現在のトップ(代表)を務める宮城誠氏は、昨年2月に転職してきて、10月から就任している。

 司法書士の主たる業務は登記、相続、債務整理だが、同法人の特徴は、民事信託、とりわけ「家族信託」というニッチな分野で業績を上げている点だ。

 家族信託とは、簡単にまとめると、元気なうちに自分の財産を信頼できる家族に託して、管理・運用してもらうという財産管理制度である。高齢者や核家族の増加にともない、新たな「終活」の選択肢の1つとして、近年、注目を集めている。遠隔地に住む高齢の親のために利用する人も増えてきているという。

 みつ葉グループの特徴は、大手金融機関や専門の信託会社の手の届かない、きめの細かいサービスを提供していることだ。

若く、風通しの良い職場

 宮城代表以下、「若さ」が同法人の特色。博多駅近くの近代的な福岡オフィスには約30人のスタッフがいるが、主力は30代前半。6割は女性。司法書士の有資格者は法人全体で21人(女性6人)という構成だ。

 「資格取得へ勉強中のスタッフには、勤務時間で配慮するなど資格取得に向けたサポート体制を整えている。有資格者になれば手当を支給する」(宮城氏)という。

賑やかなバーベキュー大会
賑やかなバーベキュー大会

 また、「みつ葉グループ」では、年1回、約100人の全スタッフが東京に集まる全社交流を実施しているほか、バーべキュー大会や社員旅行も頻繁に開催。上下間、そして横のコミュニケーションの円滑化を図りつつ、組織としての一体感の創造にも役立てている。

 それが功を奏してか「風通しの良さ、意見のいいやすさ」も宮城氏は強調する。いかにも勢いのあるベンチャーらしいところだ。「シエスタ」というユニークな試みも実施している。勤務時間中に数十分程度の昼寝がとれる。「頭をすっきりさせて、業務を行ってもらうため」とのこと。

士業支援分野にも参入

 現在、司法書士法人の売上比率は、登記と相続で25%ずつ、債務整理で50%。この現状でも、相続に関連した家族信託の扱い件数では、全国トップレベルだ。これをさらに進展させ、「登記を15%、相続を35%、債務整理を50%としていきたい」と宮城氏は展望を語る。

 家族信託の一般への普及・啓発も重要だ。近年、徐々に広まりつつあるとはいえ、まだまだ多くの人にとってはなじみが薄い制度だ。同法人では、そのメリットを最大限にPRしていきたい考えだ。それに向けたスタッフの育成も重要。「法律で規定されている事項に限ることなく、さまざまな提案を顧客にできる人材が必要となってくるだろう」という。

 また、新たな展開も視野に入れる。「これまで培ってきたノウハウやスキルを生かし、ほかの士業法人をサポートするビジネスにも参入していきたい。士業法人の『集客効果』に貢献する人材派遣なども考えている」(宮城氏)という。

 社内的にはIT(情報技術)の活用による業務の効率化を進める。債務整理分野では、コールセンターで電話発信にRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)を試験的に導入中。さらに文書のペーパーレス化も順次行っていく。

市場価値の高い人材を

エントランス

 同法人の新たな発展を支えてくれる新戦力の獲得にも怠りはない。インターン・シップによる若い学生の受け入れ、有望な新卒者の採用に積極的だ。来年度採用内定者は、すでにアルバイトとして働いている。「早く業務と職場に馴染んでほしいから」との配慮だ。

 新卒者を始め若い人材には、「常に自分の市場価値を考えて行動するように」と説く。「問題解決力」「提案力」を磨くことによるスキルアップをアドバイスする。

 士業を志向するような人は、もともと独立心と開拓心が強い。能力がアップしてその人の「市場価値」が高まれば、会社の利益になるし、将来的に会社を離れて独立・開業することになっても「高められた価値」が大きな武器になる。こうしたWin-Winの関係こそ理想的。

 それは「みつ葉グループ」創業者の島田氏が歩んできた道でもある。

<COMPANY INFORMATION>
代 表:宮城 誠
所在地:福岡市博多区博多駅前1-1-1
設 立:2013年9月
資本金:4,950万円
TEL:092‐432‐9911
URL:https://mitsubagroup.co.jp

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月23日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(10)NEW!

 中川氏は「米中貿易戦争」に関して、ソ連や日本が経験した「トゥキディデスの罠」に言及した...

2020年09月23日 07:00

独自性を高める事業構築NEW!

 2015年1月に設立された総合建設業(株)スエナガ。同社は設立して5年の新鋭企業である。同社の企業スローガンとして『土地に夢を、建物に想いを』を掲げ、賃貸マンション...

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

pagetop