• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月15日 10:29

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(1)

 ネット上などで「修羅の国」などと表現されることの多い福岡県。国内最多、5つの指定暴力団組織が本拠地とすることを揶揄してのもので、その際に修羅の国の首都として名指しされるのは北九州市であることが多い。しかし、暴力団捜査のプロの見方は少し違うようだ。

 「北九は経済規模も大きいうえに工藤(会)が派手なこともあって目立つが、暴力が地域に溶け込んでいるという意味では筑豊のほか、〈あそこ〉のほうが修羅の国という呼び方にしっくりくる」(福岡県警OB)

 県警OBが「あそこ」と名指ししたのは、指定暴力団・浪川会が本拠地とする大牟田市だ。

■リアル「修羅の国」

 大牟田市は熊本県荒尾市に隣接する福岡県最南端の市。かつては国内最大の炭鉱のまちとして活気に溢れ、三井三池炭鉱を中心に石炭工業や化学工業などで栄えた。

 しかし、石炭需要の落ち込みとともに人口は減り続けており、1960年ごろには20万人超を記録した人口もいまでは11万人台を維持するのがやっと。市は近代化産業遺産をPRするなどしてイメージ回復を図っているが、2017年に公開された映画『全員死刑』のモデルとなった「大牟田4人殺害事件」では、暴力団組長の父親を筆頭に加害者家族4人に死刑判決が下されており、この衝撃的結末が「大牟田」という地名にまた新たなスティグマ(烙印)を与えていた。

 浪川会は大牟田市を拠点とする比較的新しいヤクザ組織。2006年ごろ、久留米市を本拠地とする指定暴力団・道仁会の人事をめぐって脱退した九州誠道会との間で激しい抗争が起こり、2012年には道仁会と九州誠道会ともに特定抗争指定暴力団に指定された。九州誠道会はその後2013年に解散するものの、その後継組織「浪川睦会」を経て結成されたのが現在の浪川会だ。

 実話誌系の表現を借りるならば「超武闘派組織」ということになろうか。大牟田という小さな町をルーツとする組織ながら経済活動の中心は拠点を置く首都・東京とされており、浪川会(前身は浪川睦会)の創設者である浪川政治氏の特異なキャラクターから、全国的にも一目置かれる存在として近年特に存在感を増している。

 「浪川さんのところは組織の規律や統制力が半端ではない。(暴力団組織に対しての)お金の取り立てもきちんとできるし、神戸(山口組)や関東の大組織との関係も深い。そういう意味では、いま最も〈舐められていない組織〉といえるのではないか」(元山口組関係者)

■幻の「浪川会壊滅作戦」

 浪川会は大牟田市周辺で生きていく者にとって避けて通れぬ存在であり、その名を軽々しく口にすることはできぬ最大のタブー(禁忌)のはずだった。しかし今年4月、浪川会を中傷するような内容を含むネット上の書き込みによる名誉毀損事件で、同市内でネット通販を営む経営者男性が逮捕され罰金刑を受けていた。

 加害者も被害者も同じ大牟田出身の同級生。被害者の出自や経歴をあげつらったネット上の書き込みをめぐる名誉毀損事件が逮捕にまで至ったのはなぜなのか。背景を探ると、大牟田独特の閉じたコミュニティーが生んだ負の絆と、さらに福岡県警による「幻の」浪川会壊滅作戦が複雑に絡み合った構図が見えてきた。

諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)
諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)

 今年4月15日、名誉毀損罪で20万円の罰金刑(略式命令)を受けたのはカー用品などのネット販売を手掛ける「有限会社くるまドットコム」の代表である諸藤壮一氏(44)。諸藤氏は、同級生である中嶋全克(まさよし)氏(45)について「公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損」(刑法230条第1項)するような内容をネット掲示板(爆サイ.com)に書き込んだため3月6日にJR博多駅近くで逮捕されていた。

 ちなみに2018年に名誉毀損罪で起訴された件数は236件、例年起訴率は20%台にとどまっており、2005年から2014年までは起訴件数が200件にとどかないことがほとんどだった。最近ではヘイトスピーチについて刑事事件として名誉毀損を適用されることがあるものの、ネット上の書き込みが逮捕まで伴う刑事事件になるのは非常に稀(まれ)なケースといえる。

くるまドットコムはネットショッピングモール「楽天市場」にも出店している
くるまドットコムはネットショッピングモール「楽天市場」にも出店している
有限会社くるまドットコムの代表を務める諸藤氏
有限会社くるまドットコムの代表を務める諸藤氏
※クリックで拡大

 「爆サイ.com」は、「日本最大級のローカルコミュニティ掲示板」を謳い文句に運営されるネット掲示板で、インターネットが広く世界に開かれた情報拡散技術であるにも関わらず、「爆サイ」は地域密着型であるのが特徴だ。

 掲示板のテーマが「九州」「関東」や「福岡県」さらに「福岡市~区」などと細かく地域分けされており、書き込みする者も閲覧する者もその地域在住者や出身者に偏る傾向があるとされる。匿名性が特徴だったネットの世界で、あえて地域を限定することでアクセスする者をふるいにかけ、時に顔見知り同士がなれ合いのように書き込みを連ねていく。より実態に即していえば地元の井戸端会議の拡大版であり、地元密着であるがゆえに、そこに書き込まれる内容はその地域に縁のある者にとって大きなダメージとなることもある。

■「まさか逮捕されるとは」~名誉毀損では異例の逮捕劇

諸藤氏は、「爆サイ」上に中嶋氏を中傷するスレッドを乱立させた
諸藤氏は、「爆サイ」上に中嶋氏を中傷するスレッドを乱立させた
※クリックで拡大

 諸藤氏はこのネット掲示板にどんな内容を書き込んだのか。書き込みは読むに堪えない内容ばかりのため、スレッド一覧だけを掲載する(個人情報にはモザイクをかけた)。

 諸藤氏は爆サイ掲示板内部の「大牟田市雑談」に中嶋氏関連のスレッドを乱立させ、中嶋氏の出自(父親が韓国籍)や中嶋氏の経歴(元暴力団組長)に加え中嶋氏の家族の情報などを書き込み、さらに中嶋氏が経営する企業の従業員の死(自死)について、中嶋氏が関与していることを想起させるような膨大な量の書き込みを続けていた。

 この手の掲示板ではありがちなことだが、書き込みは在日朝鮮人に対する差別用語や中嶋氏や家族(未成年の子どもを含む)の日常生活にも影響を及ぼしかねない情報も含まれている。諸藤氏は逮捕後の取り調べで爆サイへの書き込みについて「間違いありません」と認めており、同時に「これが犯罪になるとは思っていなかった」「逮捕など大きな事件になるとも思っていなかった」などと述べている。

(つづく)
【特別取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月16日 07:00

監訳者に聞く 「MMT(現代貨幣理論)」とは何か?(5)NEW!

 『MMT入門』のなかにも、地方分権の話は出てきます。それぞれの地域に合った政策を地域に根ざした人々が主導的に行うことは必要なのですが、それとお金の話は別なんです。J...

2019年11月16日 07:00

「健康コンサル」も担う 佐賀の鍼灸師、長尾良一氏(後)NEW!

 長尾院長はいつも朗らかに口ずさむ。「1日1日消えゆく毎日、健康で楽しく生きなければもったいない、もったいない」。1人ひとりの健康の重要さを説いてくれる。そして「1人...

2019年11月15日 17:43

「第10回スポーツひのまるキッズ北信越小学生柔道大会」開催

 (一社)スポーツひのまるキッズ協会(永瀬義規理事長)が運営する柔道大会『第10回スポーツひのまるキッズ北信越小学生柔道大会』が11月3日、富山県射水市のアルビス小杉...

2019年11月15日 17:01

【西部ガス】1,000億円投資、事業の多角化とグループ基盤の底上げに邁進~ガス小売自由化などの逆境を乗り越えられるか

 西部ガス(株)の代表取締役社長・道永幸典氏は14日、福岡市の本社で記者会見を開き、グループ中期経営企画「スクラム2022」を発表した。同社は16年に策定した中期経営...

2019年11月15日 16:10

日本の近未来を左右するアジアの新潮流:その源流はインドにあり!?(中編)

 ロシアからの援助や協力がなければ、中国はアメリカやその同盟国との軍事的な対立に勝てる見込みはない。本音の部分ではロシアと中国はともに世界的な覇権を目指している国同士...

2019年11月15日 15:42

武蔵商事(株)(東京)/空調機器リースほか

 武蔵商事は11月6日、東京地裁から破産手続開始決定を受けた。

2019年11月15日 15:42

37号店「次郎丸店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 揚げ立てアツアツ&ジューシーな唐揚げが大人気で、店舗網を急拡大中の唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」。同店の37号店目となる「次郎丸店」が、11月14日にオ...

2019年11月15日 15:21

CSW勝部麗子さんと大阪府豊中市社会福祉協議会(前)

 「社会福祉協議会」とは社会福祉のことを専門に行う民間の福祉団体(社会福祉法人)のことである。法律(「社会福祉法」第10章 第2節社会福祉協議会)に位置づけられている...

2019年11月15日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」11月8日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

2019年11月15日 14:36

福岡市中央区のサイト運営者、窃盗容疑で再逮捕

 福岡県警は11月8日、窃盗(すり)の容疑で、福岡市中央区居住の自営業・森繁裕騎容疑者(25)を再逮捕した。森繁容疑者は10月18日にも、別の窃盗容疑で逮捕されている。

pagetop