• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月15日 14:54

【特別連載】断たれた絆~幻の「浪川会壊滅作戦」の舞台裏(2)

■ゴト師を経て「白いタイヤキ」チェーンで成功

諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)
諸藤壮一氏(有限会社くるまドットコム代表)

 名誉毀損書き込みを繰り返した動機について、有限会社くるまドットコム代表の諸藤壮一氏は、「中嶋(全克氏)に対して抱いていた感情が抑えられなくなった」と語っている。早朝や深夜など時間帯を問わずに、病的ともいえる執拗さで悪質な書き込みを連ねた暗い情念の源は何だったのか。

 加害者である諸藤氏と被害者である中嶋氏、2人の関係について大牟田市で取材すると、2人を含めた同年代の「元ワルガキたち」を包み込む、大牟田独特の「負の絆」が見えてきた。

 諸藤氏と中嶋氏は大牟田市内の隣接する中学校の同級生で、中嶋氏の表現によると「お互いヤンチャしていた」ため面識があったという。もっとも中嶋氏がその後「道仁会村神一家村神総業組長」という〈本職〉の道に進んだのに比べれば諸藤氏のグレ方は麻疹(はしか)のようなものだったようだ。「諸藤はタバコ吸うたりしながら中学校にはちゃんと通っていた。大牟田では普通の中学生の部類に入ると思う」(諸藤氏の同級生)。

 諸藤氏をよく知る同級生によると、諸藤氏は高校卒業後にパチンコのゴト師(いかさま賭博師)として全国をまわっていたという。「あいつ(諸藤氏)は2004年頃に大分県警にゴト行為で逮捕、起訴され、執行猶予判決を受けてるんです。この逮捕が正業へ進むキッカケになったんじゃないですか」と指摘するのは、諸藤氏の中学時代の同級生だ。

 「ゴトはもちろん悪いことやけれど、あいつ(諸藤氏)の偉かったのは、ゴトで貯めた金を正業に投資しようとしたところ。普通のゴト師だったら稼いだ日銭を夜の店などでその日のうちに使ってしまうものだが、諸藤は抜け目のないところがあった」(同)

 諸藤氏は大牟田市内の市立中学校を経て、県立三池工業高校を卒業。三池工業高野球部は、現・巨人監督の原辰徳氏の父である原貢氏(故人)が監督としてチームを率いた1965年に甲子園初出場初優勝を飾った「甲子園勝率10割」の伝説のチームとして知られている。

 三池工業高を卒業した諸藤氏はゴト師の世界に足を踏み入れると、2002年ごろに大牟田市内で中古車販売店をオープンさせ、現在の主力事業であるネット通販に乗り出す。

 「諸藤がネット通販と並行してやっていたのが、2008年ごろに大ブームになった〈白いタイヤキ〉です。もともとは大川市の小さな店から火が付いたものをフランチャイズでやりだし、すぐに喧嘩別れして、自分で粉を仕入れて『藤家』という商号でチェーン化しました。最盛期は100店舗以上の加盟店があったはずです」(諸藤氏の同級生)

 白いタイヤキは、いま流行中のタピオカを粉にしてタイヤキの生地に練りこむことで生まれる白い色と柔らかな触感が珍しかったため、大流行した。始まりはゴト師という裏稼業だったものの、諸藤氏には確かに商才があったようで、白いタイヤキの大ヒットによって徐々に、大牟田の同年代の若者たちの中で目立つ存在になっていった。

 近年マイルドヤンキーと呼ばれる地方在住の若者たちの習性にもつながるものだが、諸藤氏にとって「大牟田の仲間内でデカい顔をすること」が最大の行動原理であり、この時期、大牟田の同年代の若者には考えられないほどの大金を手にしていた諸藤氏はまさに我が世の春を謳歌していた。

■浪川会幹部に「ケツもち」を依頼

飲食店で楽しむ諸藤壮一氏(左の男性)と岡野勝英氏(奥の座席)。2016年から2017年にかけて撮影されたもので、岡野氏はこのころ浪川会吉田組の幹部だった
飲食店で楽しむ諸藤壮一氏(左の男性)と岡野勝英氏(奥の座席)。2016年から2017年にかけて撮影されたもので、岡野氏はこのころ浪川会吉田組の幹部だった

 ゴト師を振り出しに、次々に事業を展開させていく諸藤氏。しかし、大牟田市内で金回りの良さが目立ち始めることは、じつは良いことばかりとは限らない。羽振りがよくなるとトラブルに巻き込まれる可能性が高くなることを、大牟田で育った諸藤氏はよく心得ていたはずだ。ゴト師の過去を持つ諸藤氏ならなおさら、いわゆる「みかじめ料」(トラブルを防ぐため、暴力団に納める金銭)の支払いを含め、反社会的勢力がすぐに足元に食らいつき、悪くすれば骨までしゃぶられるようになるのは時間の問題だった。

 そこで、諸藤氏が何かあった際の保険・後ろ盾として頼ったのが、同じ中学校を卒業した同級生で、当時浪川会吉田組の幹部を務めていた岡野勝英氏だった。

 「もともと、諸藤がゴト師をしていたころに挨拶に来て、『なんかあったらお願いします』と言うてきたんですよ。こちらとしたら同級生からの頼みということで他意はなかったつもりだが、よそから見たら私が諸藤の〈ケツもち〉をしていたように見えたでしょうね」(岡野氏)

沖縄の海でジェットスキーを楽しむ諸藤壮一氏(前)と岡野勝英氏(後部座席)
沖縄の海でジェットスキーを楽しむ諸藤壮一氏(前)と岡野勝英氏(後部座席)

 それ以降、諸藤氏と岡野氏はプライベートで沖縄旅行に行くなど、親密な付き合いを重ねるようになっていく。

 この時期、諸藤氏から岡野氏に渡っていた金額は年間400万円ほどだったとみられる。昨年も、諸藤氏は現役の浪川会幹部だった岡野氏を含む浪川会の組員数人らと沖縄旅行に行くため飛行機チケットを用意するなどしたことがわかっている。これは明らかな反社会的勢力への利益供与にあたり、諸藤氏個人だけでなく企業経営者として重大なコンプライアンス違反にあたる(昨年の沖縄旅行は、岡野氏が公務執行妨害で逮捕されたためキャンセルされた)。

 特別取材班は諸藤氏に対し名誉毀損事件の詳細部分や、暴力団関係者に利益供与を行ったかなどの事実確認を含む取材を申し込んだが、諸藤氏はいっさいの取材対応を拒否した。

元浪川会吉田組若頭、岡野勝英氏(今年6月に引退)
元浪川会吉田組若頭、岡野勝英氏(今年6月に引退)
大牟田市内にある、諸藤氏の自宅。規模や造りで周辺の住宅を圧倒する「豪邸」だが、いま、諸藤氏が立ち寄ることはほとんどないという
大牟田市内にある、諸藤氏の自宅。規模や造りで周辺の住宅を圧倒する「豪邸」だが、いま、諸藤氏が立ち寄ることはほとんどないという

(つづく)
【特別取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年11月12日 07:00

日本橋川に「青空を取り戻す」 首都高の地下化プロジェクト(前)NEW!

 日本橋の直上を通る首都高速道路(以下、首都高)の地下化プロジェクトがついに始動する。今年9月、東京都の都市計画審議会は、都心環状線の日本橋区間約1.8km(トンネル...

2019年11月12日 07:00

五ケ山ダムにみるインフラツーリズムNEW!

 水害や渇水に対応するために、1983年に事業着手し、2018年3月に竣工した「五ケ山ダム」が今、脚光を浴びている。ヤフオクドーム約22杯分という福岡県内最大の総貯水...

2019年11月11日 17:01

【業界ウォッチ】スポーツオーソリティ アーバンステージ

 イオンのスポーツ専門店「スポーツオーソリティ」は、新業態の「スポーツオーソリティ アーバンステージ 」を10月25日開業した広域型ショッピングセンター「テラスモール...

2019年11月11日 15:31

【12/7】「マンション資産を守るセミナー」開催

 一般社団法人200年価値あるマンション研究会は、分譲マンションなどの建築物所有者・居住者の生命と生活の安全と保護を目的とした、研究・啓蒙そして瑕疵の調査、専門的技術...

2019年11月11日 15:02

【注目!高知県知事選】福岡出身の野党統一候補と下村博文・元大臣支援のカジノ推進官僚が激突――れいわ旋風で奇跡の勝利あるか

 11月7日に告示された高知県知事選(24日投開票)が「大都会優先・地方冷遇」の安倍政治に対するイエスかノーかを問う与野党激突の決戦となりつつある。自公推薦の元総務省...

2019年11月11日 13:55

日本の政治の何が問題か(4)

  拓殖大学大学院地方政治行政研究科 特任教授 濱口 和久 氏 「安全保障関連法案」審議と民主主義  平成27年9月19日未明に安全...

2019年11月11日 13:30

土木技術者が語る日本の防災のあるべき姿(後)

  (株)共同技術コンサルタント 福岡支店長 松永  昭吾  氏 危険な臨海部になぜ人が集まったのか  東日本大震災では2万人...

2019年11月11日 13:00

九州地銀の2020年3月期 中間決算発表~今日11日は6行

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の第二四半期(中間期/9月期)決算の発表日の推移表である。 ※クリックで拡大 ...

2019年11月11日 12:29

業法違反で熊本県の貨物運送会社に行政処分~九州運輸局

   九州運輸局は11月8日、熊本県天草市の貨物運送業者に対し、輸送施設の使用停止命令(240日車)のほか、運行管理者に資格証の返納を命じた。ドライバーに健康診断を実...

11/15午後5時「いま消費税を問う!」緊急院内集会

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回はすべての人が「しあわせ」を感じて生きてゆける社会を構築するためには現...

pagetop