• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年10月21日 16:32

【特別連載】反社勢力に利益供与の「くるまドットコム」に融資か~大牟田柳川信金、西日本シティ銀行ら金融機関の責任〈「断たれた絆」番外編・前〉

■「データ・マックスを訴える」から一転、代理人辞任までのドタバタ劇

 これまで4回の連載で明らかにしてきた、有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏のさまざまな疑惑について、諸藤氏は1回目の記事(15日付)を掲載後、代理人経由で記事の削除などを求めてきた。1回目記事の内容を「事実無根」とするもので、削除・訂正されない場合は刑事・民事で法的措置をとると、一方的にファックスを送り付けてきたのだ。

 代理人に就いたのはワイドショーなどにも出演する若手弁護士。取材班が電話で「事実無根とする部分はどこか」の説明を求めたところ、「取材には応じない。粛々(しゅくしゅく)と進める」などと高圧的な物言いで訴訟をにおわせるなどしていた。

 しかしその2日後の17日、またしても唐突にファックス送信されてきたのは、同弁護士による「代理人を降りた」とする通知書だった。「諸藤氏の件につきまして、代理人として就くことがなくなりました」とする短い一文。諸藤氏側が明らかに混乱していることを示すドタバタ劇だった。

■「記事の見立てはほとんど正しい」大牟田警察署

怪文書には、指定暴力団・浪川会の、偽造されたとみられる代紋印が押されている
怪文書には、指定暴力団・浪川会の、偽造されたとみられる代紋印が押されている

 浪川会幹部に対して長期間にわたって利益供与を行ってきた諸藤氏は現在、九州を中心に活動する大物事件屋「X氏」に金銭を渡して怪文書作成などを依頼している可能性が高い。X氏は関西を拠点とする指定暴力団の庇護下にあるとされ、こうした反社会的勢力(反社)との密接度をみれば、諸藤氏はすでに「半グレ」というより「反社そのもの」ともいえるだろう。

大牟田市内の中嶋氏の関係先には、大物事件屋「X氏」の関係者とみられる不審な人物が訪れていた
大牟田市内の中嶋氏の関係先には、大物事件屋「X氏」の関係者とみられる不審な人物が訪れていた

 怪文書の作成をX氏に依頼したとすれば、浪川会の代紋を偽造して怪文書を作成したのはX氏やその関係者ということになるが、「筋を通すのにこだわる」(元山口組関係者)という浪川会の好戦性を熟知する福岡県警は、ある事態を懸念しているという。

 「大牟田署の連中は諸藤氏に関するデータ・マックスの連載をすべて読んでおり、記事中の見立ても大筋で正しいとみているようです。大物事件屋『X氏』もすでに特定しており、今は〈代紋を使われた浪川がX氏に対して何かアクションを起こすのでは〉と、むしろそちらを心配しているようですね」(福岡県警関係者)

■粉飾決算をもとに融資を実行か

有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏(タイの性風俗店で撮影されたもの。隣に座る女性は、まだ10代前半の「少女」だ)
有限会社くるまドットコム代表・諸藤壮一氏(タイの性風俗店で撮影されたもの。隣に座る女性は、まだ10代前半の「少女」だ)

 取材を進めるうちに、諸藤氏が経営する企業のひとつで経理業務を担当していた人物から話を聞くことができた。諸藤氏が経営する企業で行われている「粉飾決算」をめぐるもので、後日改めて取材を申し込むと、元経理担当者の代理人を務める弁護士から次のような回答を得た。

 「諸藤氏の経営する会社では粉飾決算、不正借り入れをしている恐れがあり、元経理の方から『不正行為の手伝いをさせられていたかもしれないので心配です』と相談を受けています。すでに内部告発があった会社の管轄税務署や、粉飾決算後に不正融資を受けている銀行へは調査依頼をしており、諸藤氏の顧問税理士へも聞き取りを完了しています。これまで得た証拠や聞き取りなどを総合すると、諸藤氏は粉飾決算したうえで、それを基に借り入れを行ったとみています」

 こうした粉飾決算や反社勢力との深いつながりを知りながら、諸藤氏に対して融資を行っていた疑惑があるのが、三井住友銀行と西日本シティ銀行(それぞれ大牟田支店)、さらに地場の大牟田柳川信用金庫の3金融機関だ。特別取材班は3行それぞれに、反社勢力に利益供与疑惑のある諸藤氏や「くるまドットコム」を含む諸藤氏が経営に関与する企業と取引があるか、口座の有無や融資状況などについて取材を申し込んだ。

(つづく)
【特別取材班】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月25日 16:38

スーパーゼネコン決算好調も受注は減少傾向 コロナ影響も不透明

 清水建設は25日、延期していた2020年3月期の決算発表を行った。同期は売上高1兆6,982億円、経常利益1,379億円を計上...

2020年05月25日 16:31

「広報いとしま」、全国広報コンクールで初の入選2席

 糸島市の広報紙「広報いとしま(2019年5月15日号 / No.225)」が、「令和2年全国広報コンクール広報紙市部」(日本広報協会主催)で入選2席に選定された...

2020年05月25日 16:23

中国外相が全人代で記者会見~香港への統制強化を正当化、米国からの新型コロナ損害訴訟をはねつけ

 24日、全国人民代表大会(全人代)で王毅・国務委員兼外交部長(外相)による記者会見が行われた。外相の記者会見は全人代でとくに注目されるイベントの1つ。今年は新型コロ...

2020年05月25日 16:11

【政界インサイダー情報】安倍一強政権末期、またまた墓穴を掘る

 エリート中のエリートである黒川弘務・東京高検検事長の「賭けマージャン」発覚に加え、卓を囲んだメンツが検察担当の新聞記者という癒着の発覚。さらに、黒川氏の辞任騒動に伴...

2020年05月25日 15:33

コロナで明暗 サイバーが電通の時価総額を上回る

 5月20日、(株)サイバーエージェント(東証一部、藤田晋代表)の時価総額が、終値ベースで(株)電通グループ(東証一部、山本敏博代表)を初めて上回った。サイバー社の6...

2020年05月25日 15:11

ゼロから農福連携を目指す 福の浦ファーム

 新たな挑戦に年齢は関係なし――70歳を目前にして農業経営をはじめた、福の浦ファーム代表の高木教光氏。高木代表は家業のガソリンスタンド経営に携わったのち、病気のためや...

2020年05月25日 14:52

ロイヤル・ボックスの藤堂和子ママ~中洲の灯の「復活宣言」

 自粛解除により、いよいよ6月1日から中洲のクラブも一斉に営業を再開する。そこで5月22日、弊社取材ルームにて「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子ママにインタビューを行っ...

2020年05月25日 14:44

経産省、新型コロナウイルスに有効な洗剤120商品を公表

 経済産業省と(独)製品評価技術基盤機構(NITE)は22日、新型コロナウイルスに有効と判断した界面活性剤を含む家庭用洗剤の商品リストを公表した...

2020年05月25日 14:06

カテキンや緑茶による新型コロナの効果についての根拠なし~標ぼうする広告宣伝に注意!

 (国研)医薬基盤・健康・栄養研究所は21日、お茶などに含まれるカテキンに、新型コロナウイルス感染症があるといった広告宣伝に対し、現時点でそのような効果は確認されてい...

2020年05月25日 13:24

コロナ禍で大量失業の“泥沼”にはまった世界経済(前)

 目に見えない小さな存在でありながら、ウイルスが人々を混乱に陥れ、既存の制度を崩壊させ、新しい制度にとってかわるような結果を招くこともある。歴史を振り返ってみると、伝...

pagetop