• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入 一樹百穫 

調剤薬局、健康食品通信販売
(有)堤薬局

堤薬局外観
堤薬局外観

人材確保・職場環境の向上に注力

専務取締役 堤 滋隆 氏
専務取締役 堤 滋隆 氏

 (有)堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展開している。

 同社では昨今の人手不足を背景に、薬剤師の人材確保に注力。30歳前後の若年層の薬剤師が多いことが特長で、2店舗で8名の薬剤師が在籍。専務取締役を務める堤滋隆氏は「地場の環境では人材確保は難しいので福岡を中心に採用活動に注力した」と言い、若年層が多いことについて「高齢者の顧客が多いことから、若いスタッフで元気を与えられる組織づくりを意識した」としている。たとえば白衣の着こなし方や身だしなみ、接客作法に至るまで、調剤業界ではそれほど注力していない、飲食や宿泊、アパレルなどといった異業者サービス業を参考にした、独自の職場環境を意識しているという。

 また、業務円滑化を目的とした設備投資を積極的に行っており、自動分割、散薬分包機、自動水剤機、印字、POSレジに至るまで最新の機器を導入。「最新設備の導入は、利便性だけでなく、薬剤師を確保することに必要な投資であり、より良い職場環境を提供できていることになる」と言い、働きやすい環境を完備することが重要であり、それが多くの人材確保につながっているとしている。

薬剤師が販売する健康食品通販事業

 今、同社が新たに取り組んでいるが、健康・美容関連の新事業の立ち上げだ。同社はその経緯として「2016年の診療報酬改定で、患者が事前に選択した薬局・薬剤師が、複数の医療施設から処方されている薬を一元管理する「かかりつけ薬剤師・薬局制度」を受け、大手薬局はかかりつけの獲得に注力しているが、中小は処方薬だけでなく市販薬や健康食品なども含め、複数の病院などから出されている薬についても飲み合わせの相談もあり、店舗の張り付きにならざるを得ないので、制度で求められている24時間対応や在宅対応できないのが現状」とし、中小の薬業界が生き残り医薬・調剤以外に新たな収益の確保を目指す動きがある潮流から、「未病と健康」をキーワードに、自社で健康食品や化粧品の販売事業に参入。今年11月に(株)HIGGS Organicを設立した。

 薬剤師が行う通販事業として、機能性・安全性において、確かなエビデンスをもつ商品を開発。第1号商品として、マヌカハニーと乳酸菌を配合した健康食品「エイトプラス」を19年12月から販売開始。

 使用されているマヌカハニーは、特産地のニュージーランド産で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素などが豊富に含まれており、現地では「復活の木・癒しの木」として、先住民族から生薬として使われている健康素材。また一般食品のみならず、健康食品市場でも一大カテゴリーに成長した乳酸菌は22種類を配合「菌数の多さで訴求する商品が多いなか、差別化を図った」と話す。

健康食品「エイトプラス」
健康食品「エイトプラス」

健康サポート事業の多角化を推進

 調剤薬局業界はこれまで、医薬分業推進の潮流で拡大したものの、近年は処方箋枚数の伸び悩みや、2年に1度改定される調剤報酬改定や薬価改定、消費増税の影響などを受け、明暗を分けている。

 とくに16年と18年の薬価改定時は、業界にとって利益率は約2ポイント下がり、中小は大幅な減益となったところも少なくない。そうした影響から、新規出店は減少傾向であるうえ、大手調剤企業の傘下による出店や高齢化や人手不足を理由にM&Aも増加している。後継者問題や薬剤師獲得競争の激化に加え、先行き不透明な調剤報酬改定など、事業継続への不安感から事業譲渡を検討する企業が増加傾向にある。

 同社ではそうした業界環境から、企業として・業界としての将来を見据えた事業展開を推進。厚生労働省が進める「健康サポート薬局」という制度施行のもと、薬局は調剤事業だけでなく、本来は医療や健康増進に関わる多くの役割がある。「健康サポート薬局」は、調剤のほか、相談を含めたOTC(大衆薬)の拡充に加え、薬局内で地域住民のための健康に関する勉強会を開くなど、コミュニティ活動も行うというもの。かつては相談薬局や薬店など、細かなカテゴリーがあったが、今は横断的な対応が求められている。

 病院と同様に、直接患者の健康的な生活を支えているという位置づけにあるほか、地域密着における連携体制の構築が必要とされる。同社はそうした制度対応だけでなく、同社ならではの健康サポートにおける多角化を進めており、未病の段階で病気を防ぐ取り組みを推進。同社は今後について「健康食品通販事業以外に、化粧品などの健康・美容に関わる事業を拡大させていくほか、将来的に教育やサービス事業にも進出したい」と、さらなる業容拡大を進めていくとしている。

堤薬局外観

<COMPANY INFORMATION>
代 表:堤 由美子
所在地:佐賀県神埼市神埼町神埼318-1
設 立:1989年10月
資本金:300万円
TEL:0952-53-6100

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月23日 17:59

【読者ご意見】山口FG・吉村会長への内部告発状について(12)NEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。

ワクチン接種は税金の無駄遣いNEW!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「リスクが未知数のワクチンに巨額の税金を投入することは税金の無駄遣いだ。ワ...

2021年06月23日 16:56

華僑、日本へ移住NEW!

 「日本人はちょろい、カモカモ」と大声で喋りながら我がもの顔で闊歩する中国系アメリカ人。つまり資産をアメリカに持ち逃げして米国籍を得た中国系である。

2021年06月23日 16:23

コーセーアールイー、大橋駅徒歩30秒の用地にファミリーマンション建設へNEW!

 (株)コーセーアールイーは西日本シテイ銀行大橋支店の跡地を2年前に購入しており、この地は西鉄大牟田線大橋駅徒歩30秒という交通の要所に位置する。

2021年06月23日 16:13

大幅増益で「攻めの姿勢」へ 面積、戸数ともに九州トップクラスNEW!

 20年の「全国分譲マンション 売主・事業主別供給占有面積ランキング」(※)では、1位が野村不動産で供給面積は27万4,276m2、2位がプレサンスコーポレーションで...

2021年06月23日 15:30

【凡学一生の優しい法律学】民間学術研究団体のお粗末な憲法論(前)

 米国のマーク・ラムザイヤー教授の「従軍慰安婦≠性奴隷」説に対する韓国と中国からの批判論に対して、民間団体「国際歴史論戦研究所」(杉原誠四郎会長)は「学問の自由に対す...

2021年06月23日 14:45

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(32)~新福岡空港島(案)への高速道「新空港アクセス道」の検討

 新福岡空港への道路アクセスは、前回述べた鉄軌道と同様に、地下トンネルでのアクセスとする必要がある。

2021年06月23日 14:00

元労働基準監督官・中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』プレゼント~先着で5名さまに

 元労働基準監督官という経歴を有する「労働事件のスペシャリスト」中野公義弁護士の著書『同一労働 同一賃金 裁判所の判断がスグわかる本』が6月20日に発刊された...

2021年06月23日 13:15

【福岡県警】新型コロナ休業支援金の不正受給で3人逮捕 全国初の摘発

 福岡県警は22日、新型コロナウイルスの影響により休業し、休業中に休業手当を受けとれていない労働者に国が支給する「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」をめ...

2021年06月23日 12:01

主要12社の経常利益率、コロナで軒並み急上昇 ナフコ8%、MrMax4.36%、マルキョウ4.09%

 主要12社の2021年2~3月期決算によると、期間の儲け具合を示す経常利益率(経常利益÷営業収益)はコロナ特需でほとんどの企業で急上昇した。巣ごもり消費による好売れ...

pagetop