• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月22日 07:30

競争激化の調剤市場に新風 「未病予防」で新事業参入 一樹百穫 

調剤薬局、健康食品通信販売
(有)堤薬局

堤薬局外観
堤薬局外観

人材確保・職場環境の向上に注力

専務取締役 堤 滋隆 氏
専務取締役 堤 滋隆 氏

 (有)堤薬局は1989年に元製薬大手の協和発酵工業(株)(現・協和キリン(株))の社員だった堤滋久氏が佐賀県神埼郡で創業。神崎地区を中心に鳥栖エリアまでの調剤薬局事業を展開している。

 同社では昨今の人手不足を背景に、薬剤師の人材確保に注力。30歳前後の若年層の薬剤師が多いことが特長で、2店舗で8名の薬剤師が在籍。専務取締役を務める堤滋隆氏は「地場の環境では人材確保は難しいので福岡を中心に採用活動に注力した」と言い、若年層が多いことについて「高齢者の顧客が多いことから、若いスタッフで元気を与えられる組織づくりを意識した」としている。たとえば白衣の着こなし方や身だしなみ、接客作法に至るまで、調剤業界ではそれほど注力していない、飲食や宿泊、アパレルなどといった異業者サービス業を参考にした、独自の職場環境を意識しているという。

 また、業務円滑化を目的とした設備投資を積極的に行っており、自動分割、散薬分包機、自動水剤機、印字、POSレジに至るまで最新の機器を導入。「最新設備の導入は、利便性だけでなく、薬剤師を確保することに必要な投資であり、より良い職場環境を提供できていることになる」と言い、働きやすい環境を完備することが重要であり、それが多くの人材確保につながっているとしている。

薬剤師が販売する健康食品通販事業

 今、同社が新たに取り組んでいるが、健康・美容関連の新事業の立ち上げだ。同社はその経緯として「2016年の診療報酬改定で、患者が事前に選択した薬局・薬剤師が、複数の医療施設から処方されている薬を一元管理する「かかりつけ薬剤師・薬局制度」を受け、大手薬局はかかりつけの獲得に注力しているが、中小は処方薬だけでなく市販薬や健康食品なども含め、複数の病院などから出されている薬についても飲み合わせの相談もあり、店舗の張り付きにならざるを得ないので、制度で求められている24時間対応や在宅対応できないのが現状」とし、中小の薬業界が生き残り医薬・調剤以外に新たな収益の確保を目指す動きがある潮流から、「未病と健康」をキーワードに、自社で健康食品や化粧品の販売事業に参入。今年11月に(株)HIGGS Organicを設立した。

 薬剤師が行う通販事業として、機能性・安全性において、確かなエビデンスをもつ商品を開発。第1号商品として、マヌカハニーと乳酸菌を配合した健康食品「エイトプラス」を19年12月から販売開始。

 使用されているマヌカハニーは、特産地のニュージーランド産で、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、酵素などが豊富に含まれており、現地では「復活の木・癒しの木」として、先住民族から生薬として使われている健康素材。また一般食品のみならず、健康食品市場でも一大カテゴリーに成長した乳酸菌は22種類を配合「菌数の多さで訴求する商品が多いなか、差別化を図った」と話す。

健康食品「エイトプラス」
健康食品「エイトプラス」

健康サポート事業の多角化を推進

 調剤薬局業界はこれまで、医薬分業推進の潮流で拡大したものの、近年は処方箋枚数の伸び悩みや、2年に1度改定される調剤報酬改定や薬価改定、消費増税の影響などを受け、明暗を分けている。

 とくに16年と18年の薬価改定時は、業界にとって利益率は約2ポイント下がり、中小は大幅な減益となったところも少なくない。そうした影響から、新規出店は減少傾向であるうえ、大手調剤企業の傘下による出店や高齢化や人手不足を理由にM&Aも増加している。後継者問題や薬剤師獲得競争の激化に加え、先行き不透明な調剤報酬改定など、事業継続への不安感から事業譲渡を検討する企業が増加傾向にある。

 同社ではそうした業界環境から、企業として・業界としての将来を見据えた事業展開を推進。厚生労働省が進める「健康サポート薬局」という制度施行のもと、薬局は調剤事業だけでなく、本来は医療や健康増進に関わる多くの役割がある。「健康サポート薬局」は、調剤のほか、相談を含めたOTC(大衆薬)の拡充に加え、薬局内で地域住民のための健康に関する勉強会を開くなど、コミュニティ活動も行うというもの。かつては相談薬局や薬店など、細かなカテゴリーがあったが、今は横断的な対応が求められている。

 病院と同様に、直接患者の健康的な生活を支えているという位置づけにあるほか、地域密着における連携体制の構築が必要とされる。同社はそうした制度対応だけでなく、同社ならではの健康サポートにおける多角化を進めており、未病の段階で病気を防ぐ取り組みを推進。同社は今後について「健康食品通販事業以外に、化粧品などの健康・美容に関わる事業を拡大させていくほか、将来的に教育やサービス事業にも進出したい」と、さらなる業容拡大を進めていくとしている。

堤薬局外観

<COMPANY INFORMATION>
代 表:堤 由美子
所在地:佐賀県神埼市神埼町神埼318-1
設 立:1989年10月
資本金:300万円
TEL:0952-53-6100

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月01日 17:48

福岡で人気のお弁当をドライブスルーで提供~医療施設への寄付もNEW!

 福岡の外食、食品販売企業の有志で構成する「ドライブスルーふくおか実行委員会」が、5月30~31日、お弁当の提供サービス「ドライブスルーふくおか in PayPayド...

2020年06月01日 17:32

新型コロナウイルスの患者が首都圏で急増(前)NEW!

 前回の記事で、梨泰院(イテンウォン)のナイトクラブ発の新型コロナウイルスの感染拡大で、韓国政府が神経を尖らせていることにはすでに触れた。 5月28日、新型コロナウイ...

2020年06月01日 17:07

【福岡県】北九州市以外の外出自粛要請、休業要請を解除NEW!

 福岡県は6月1日から北九州市を除く地域での外出自粛要請、休業要請を解除した。しかし、依然として感染リスクがあることから以下の対応を行う...

2020年06月01日 17:02

(株)豊田ほか1社(東京)/寿司店チェーン「寿し常グループ」運営NEW!

 同社と関連の益子食品(株)は、6月1日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った...

2020年06月01日 16:36

九州地銀の20年3月期決算を検証する(2)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の当期純利益順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位は福岡銀行...

2020年06月01日 16:29

【銀座・秋葉原・渋谷・東京など】賑わいを取り戻しつつある東京~エリアごとの違いもNEW!

 政府は5月25日、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言を東京など主要都市でも解除した。4月7日の宣言から約7週間、企業、店舗、自治体、教育機関など多くの...

2020年06月01日 15:33

新型コロナウイルスで工事現場は変わるのか(前)NEW!

 建設業界に目を向けると、感染拡大の発端となったのが「世界の工場」中国だったこともあり、建築資材の流通が一部で停滞。工事を中断せざるを得ない現場が頻出した...

2020年06月01日 14:30

【政界インサイダー情報】安倍政権急激な支持率低下で内部崩壊の危機NEW!

 過去なら支持率回復のターニングポイントになる筈のコロナ"緊急事態宣言の解除会見"と自信満々のそれに対する"二次補正予算"内閣決定会見...

2020年06月01日 14:00

ふくや、アイスキャンデーに大腸菌検出で自主回収NEW!

 (株)ふくやは29日、同社が販売する「アルプスアイスキャンデー ミルク味」の一部商品に微量の大腸菌群が検出されたとして、対象商品牡の自主回収を行うと発表した...

2020年06月01日 13:18

福岡の中学校、高校 新型コロナウイルスの影響による修学旅行の見通しNEW!

 今年度の修学旅行実施の見通しについて、福岡市立中学、福岡県立高校、県内の私立高校の担当者に聞いた...

pagetop