• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月21日 11:30

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発(16)山口銀行に近かった関係者談

 Net I・B Newsで連載中の第一生命保険西日本マーケット統括部徳山分室(山口県周南市)を舞台にした架空金融詐欺事件では、当時80代の女性元営業社員(特別調査役)の正下文子被疑者が、架空の金融取引を顧客にもちかけて不正に資金を集めていた。被害者21名、被害総額は19億円とされているものの、今後さらに被害総額が増えることは必至である。
 今回は、山口フィナンシャルグループに極めて近かった関係者Aに取材した。

 ──山口銀行と第一生命の関係には、田中耕三氏と吉村会長は関与していますか。

 A 山口銀行と第一生命に直接の関係はありません。あくまで田中耕三元頭取と正下文子氏の個人的な関係です。むしろ、山口銀行としては第一生命とは距離を取っておきたいですよ…。
 吉村会長は(事件の)全容を知っているかもしれませんが、まったく関与していないと思われます。

 ──正下文子被疑者は、山口銀行から資産家情報などの提供を受けていましたか。

 A 田中元頭取時代、山口銀行では正下氏への(銀行顧客の)紹介が営業店支店長のノルマとなっていました。協力の度合いで出世が決まり、非協力的と見られ左遷させられた支店長もいます。
 このような状況で銀行から第一生命への顧客の紹介が行われていました。情報提供というよりも実質的には営業活動であり、今回の事件の資産家の方は銀行からの紹介ではないでしょうか。

 ──浜崎裕治著『実録頭取交替』のなかでも、甲羅頭取派の役員が積極的に(第一生命の)保険を勧誘している様子が描かれています。今回の詐欺事件は、正下被疑者の単独によるものではなく、第一生命の役員クラスが関わっているのではないでしょうか。

▼第一生命多額詐取事件
記事一覧はコチラ

 A 第一生命の役員は不審に思いながらも、見て見ぬふりをしていた可能性はありますが、積極的な関与はなかったものと見ています。おそらく、(正下氏は)山口県の政財界と太いパイプを持つ人物であり、このようなことを起こすとは夢にも思ってもいなかったのではないでしょうか。

 正下氏の用意周到さ、狡猾さを考えれば、第一生命の上層部も騙されていたと考える方が自然なように思います。歩合制でない保険会社の正社員、ましてや幹部クラス(第一生命の部長級の年収は約2,000万円)が関与するにはリスクが高く、割に合わない気がします。

 ──正下被疑者の存在は、山口フィナンシャルグループの銀行では周知の事実ですか?

 A 若い行員を除けば周知の事実であり、一定程度の年齢であれば(正下氏のことを)知らない行員はいないでしょう。ただ、(正下氏は)もはや過去の人だったため、今頃になってこのような事件となり驚いています。

(つづく)

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

2020年11月27日 14:18

(株)レナウン(東京)/アパレル

 10月30日に民事再生手続廃止決定を受けた同社は11月27日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた...

支離滅裂・悪行三昧菅義偉内閣

 安倍晋三前首相の虚偽答弁が明らかになった。桜疑惑について、安倍前首相は国会で再三、次のように述べていた...

pagetop