• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月22日 13:50

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (19)山口銀行に近かった関係者談(続き)

 Net I・B Newsで連載中の第一生命保険西日本マーケット統括部徳山分室(山口県周南市)を舞台にした架空金融詐欺事件では、当時80代の女性元営業社員(特別調査役)の正下文子被疑者が、架空の金融取引を顧客にもちかけて不正に資金を集めていた。被害者21名、被害総額は19億円とされているものの、今後さらに被害総額が増えることは必至である。
 山口フィナンシャルグループに極めて近かった関係者Aの話の続きである。

 ──今回のような詐欺事件がなぜ発生したとお考えですか。

 A 実をいうと、このような話は生命保険業界では珍しい話ではなく、時々耳にします。しかし、被害者が営業社員を信用し、訴えようとはしないため、詐欺事件として表に出ないこともあります。今回の詐欺事件にしても、長期間明るみにならなかったのは、このような事情によるものではないかと推察されます。

 今回の事件の被疑者は、山口県の政財界とも太いつながりのある人物であったことから、より信用を得やすかったことが想像できます。また、被害金額の大きさから、被害者には銀行から紹介を受けた顧客が含まれていると推測できます。一昔前であれば、銀行の紹介ということで顧客から信頼されたと考えられます。事実であれば、山口銀行の責任は重いと言わざるを得ません。
 このような状況であったため、第一生命としても疑問をもたなかったのでしょう。あるいは、不審に思っても手を付けられなかったのではないかと考えられます。

 さらにいうと、この事件は金融庁も一度は尻尾をつかみかけた事件であり、もみじ銀行との統合を条件にお目こぼしをした金融庁にも責任の一端はあるのではないでしょうか。山口銀行に対して厳正に対処することにより、その閉鎖的な体質を変革するチャンスでしたが、田中耕三元頭取が権力を維持したまま、今につながる『モノをいえない』雰囲気が残ってしまいました。

 小さな詐欺事件で済んだものが、地元国会議員、大手地銀、監督当局が絡んだり忖度したりするなかで、被害が大きくなっていったように感じます。悔やまれるのは、山口銀行は正下文子氏と手を切る絶好の機会を逃し、ここ10年程、被害を拡大させてしまったことです。

 相応規模の銀行トップを取り込み、銀行の営業網を使って保険販売をさせ、銀行の人事にも口を出すという前代未聞の事態が発端となったことを考えると、正下氏を異常なまでに増長させた田中元頭取の存在がなければ起きていなかった事件のように思います。少なくとも被害はここまで大きくなっていなかったでしょう。

 ──正下被疑者のように、高齢でも相応のポジションで仕事をする存在は、生保業界では普通なのでしょうか。

▼第一生命多額詐取事件
記事一覧はコチラ

 A 定年のない業界なので、国内大手ではほかにも実例はあります。以前は街中の営業拠点に1~2名は高齢のベテラン職員がいたと聞きますが、OA化が進んだり、コンプライアンスなどの業務品質を求められたりするなかで、数は減ってきているはずです。第一生命にはほかに80代で名誉調査役という肩書をもつSもいます。何人もの秘書が付いており、役員人事にも口を出すと聞きます。Sの娘2人も同社の営業職員として働いており、もはや世襲みたいなものです。数字を挙げれば厚遇するというのは、この会社の体質なのかもしれません。


 生保業界特有の風土と第一生命の人事…正下被疑者の暴走とともに、第一生命の企業体質によって引き起こされた今回の詐欺事件。闇は深い。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死NEW!

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

2020年11月25日 16:29

「日米関係はトランプ政権時よりも強固に」~ケネディ元駐日米国大使が「fabbit Conference全国大会2020」で講演NEW!

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は25日、第29代駐日米国大使・キャロライン・...

2020年11月25日 15:27

九州地銀の2021年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する (2)NEW!

   【表1】を見ていただきたい。九州地銀18行(含むFG・FH)の2021年3月期第2四半期(中間期/9月期)の(親会社株主に帰属する)中間純利益順位表である。 ...

2020年11月25日 15:14

マークイズ、ホークス日本一で全館をあげてセール実施NEW!

 Pay Payドームに隣接する大型商業施設「MARK IS 福岡ももち」は、福岡ソフトバンクホークスが日本一を決めた翌日から5日間、全館をあげて日本一記念セールを実...

ポスト・コロナの世界情勢 未来を見据えた「中堅」国家としての日本NEW!

 現在進行形で世界を覆うコロナ禍は今後、「Withコロナ」の時期を経て、「Afterコロナ」「Post(ポスト)コロナ」の時代へと変化していきます。ポスト・コロナの時...

2020年11月25日 13:52

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(1)

 「国際アジア共同体学会(ISAC)年次大会」が11月7日(土)、「ポスト・コロナを生きる日本の道」をメインテーマとして、東京・日比谷の現地会場とオンラインのハイブリ...

2020年11月25日 12:03

(株) 24PICKS(東京)/仮想通貨関連事業

 同社は、11月9日、東京地裁より破産手続開始決定を受けた...

2020年11月25日 12:03

(株)KTPフーズ(旧・(株)京都タンパク)(京都)/豆腐・油揚げ製造

 同社は11月10日、京都地裁から特別清算開始決定を受けた...

2020年11月25日 10:59

クイーンズヒルゴルフ場「重鎮登場」で局面変化か

 民事再生法の可否をめぐり裁判所の調査が進むなか発足した「クイーンズヒルゴルフ場を守る会」。申立人側と創業者の長男側の争いを静観してきた前理事の8名中6名が同会の発起...

2020年11月25日 10:49

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(2)

 コロナ禍の影響はロイヤルホールディングス(HD)グループ事業全体に波及し、すべてのセグメントで減収減益になった。もっとも打撃が大きかったのは、創業事業である機内食事...

pagetop