わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月14日 07:00

住友不動産 違法欠陥マンション「シティタワー大濠」の欠陥(4)

同じ住友不動産でありながら横浜のマンションとの対応の違い

 ――住友不動産販売が分譲した横浜市内の「パークスクエア三ツ沢公園」(設計・施工は熊谷組)においては、杭工事のデータ改ざんと建物の傾斜が発覚し、住友は建替えの方針を表明しました。

 仲盛 パークスクエア三ツ沢公園では、基礎杭の長さ不足に加えて、梁のスリーブを後工事した際に鉄筋を切断したことが判明し、傾斜した棟以外の棟も含めて 全棟を建て替えることになりました。横浜でずさんな工事を行った熊谷組が施工した福岡のシティタワー大濠においても同じレベルの手抜き工事が行われていたということです。

 ――横浜と福岡での住友不動産販売と熊谷組の対応の違いの理由は何でしょうか?

 仲盛 首都圏と比べて地方を見下すのは、大企業に見られる傾向だと思います。たとえば、福岡県久留米市の新生マンション花畑西というマンションの裁判では、施工業者である鹿島建設は、マンション区分所有者に対し不誠実な対応を続けていました。しかし、鹿島建設は、東京の南青山のマンションにおいて施工の不具合(鉄筋の切断)が発覚した際には、すぐに建替えを表明しました。このときの鹿島建設の対応に、首都圏と地方の違いを強く感じました。新生マンション花畑西の裁判は、最終的に鹿島建設が和解金を支払うことで合意しました。

 ――シティタワー大濠の管理組合や区分所有者も大きな声を挙げるべきですね。

 仲盛 シティタワー大濠の区分所有者たちが、なぜ、横浜などほかのマンションの例を突き付けて住友らを追及しないのか 不思議に思いますが、建築紛争の場合、業者側に専門知識があるのと比べ、区分所有者側は建築の知識がない場合がほとんどですから、弱者が泣き寝入りとなるケースが多いのです。専門知識がないことについては、実績のある専門家を起用すれば良いのではないかと思います。

 ――住友不動産販売や熊谷組の対応に不満がある区分所有者に対しては、熊谷組による買い取りも提示され、現在、5戸が買い取りを希望しているそうです。

 仲盛 「買い取ってもらえれば、それでいい」と考えている区分所有者が、買い取り価格に納得すれば、買い取ってもらえばいいと思います。しかし、このマンションは、その立地や眺望の素晴らしさから、中古で売りに出された場合、かなり高額になり、分譲時の価格を上回るという話も聞いています。熊谷組の買い取り価格が分譲時の価格を超えることはないと思われます。

 このマンションに人気があり相場が高くても、欠陥が明らかになれば価値も下落してしまいます。その原因をつくったのは住友不動産販売と熊谷組ですから、買い取りという方法よりも、適法で安全なマンションに建て替えるということが本筋ではないかと思います。

 ――建築基準法は震度6強以上の地震に対して、建物に多少の損傷があっても倒壊せずに建物内の人間が避難できることを目指しています。シティタワー大濠の現況は、建築基準法が定めた最低限のレベルを下回っていますが、住友不動産販売や熊谷組は、「建築基準法を満たしていないが安全」と説明しています。

 仲盛 日本の地震の震度は震度0から震度7までの10段階に区分されています。注意しなければならないのは、震度7以上の揺れであっても震度7にひとくくりにされることです。熊本地震では、前震も本震も震度7でしたが、本震の揺れは前震の何倍も強く、震度7より上の区分があったならば震度8だったかもしれません。震度6強を想定した建築基準法を満足していないマンションが震度8の地震に耐えられるとは考えられません。

 住友不動産販売や熊谷組、建振協が「建築基準法を満たしてなくとも安全」と説明していることにはまったく説得力がありません。根拠のない説明に惑わされることなく、区分所有者たち自らが事の本質を見極めるべきです。

【桑野 健介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月06日 13:47

2022年以降の世界経済秩序~米中激突と日本の最終選択(7)NEW!

 『三島由紀夫氏は自決前夜(1970年11月24日)に、毎日新聞とNHKの記者に電話をかけ、「楯の会」事務所に明日午前8時30分にきて、関係者から封筒を受け取ってほし...

2021年05月06日 11:57

【IR福岡誘致開発特別連載36】バイデン政権と全国IRを含む日米経済安全保障NEW!

 先日、米国バイデン大統領は就任100日目にあたり、国民に向けて演説した。新型コロナウイルスのワクチン接種の実績や、440兆円規模の成長戦略を柱とする経済再生策を強調...

2021年05月06日 11:50

建設業界1-3月のM&A、10年で件数最多も金額伸びず~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライクは、1-3月の建設業界におけるM&A動向を集計した。同期間のM&A発表件数は17件で、1-3月としては2012年以降の10年間では19年(9件...

2021年05月06日 11:34

【福岡県】時短要請の対象を県内全域の事業者に拡大、福岡市・久留米市は午後8時までに変更、感染拡大防止協力金の支給額も調整NEW!

 福岡県は5日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、飲食店などに対する営業時間短縮の要請の範囲を6日から県内全域に変更することを発表した。期間は19日までで従来から変...

2021年05月06日 11:05

【久留米】AMED 医療ベンチャー「ボナック」のコロナ治療薬開発を支援NEW!

 バイオ医薬ベンチャー「ボナック」と福岡県が進めている次世代医薬「核酸医薬」による新型コロナ感染症治療薬の開発を、国立研究開発法人「日本医療研究開発機構」が支援事業に...

2021年05月06日 10:19

景品表示法の措置命令 20年度は41件、除菌・殺菌関連で多発NEW!

 消費者庁はこのほど、2020年度の景品表示法に基づく法的措置件数を取りまとめた。「措置命令」は国が33件、地方自治体が8件の合計41件。課徴金納付命令(国のみ)は1...

2021年05月06日 07:00

【特別対談】ピエトロ新工場を起点に、賑わい&活力を古賀市全域へ――(後)

 『この地区にある「古賀グリーンパーク」周辺ではもともと、道の駅の整備に向けての調査・検討を行ったうえで、19年8月末に道の駅の整備は行わないという決断をしました。と...

2021年05月06日 07:00

【熊本】暮らしに付加価値を、ミリーヴグループが提案する「よりよい住まい」

 『15年以上前になりますが、ミリーヴグループ(当時は明和グループ)各社が宅建業許可を取得し、不動産売買の仲介を行っていた時期があります。グループの中核企業である(株...

2021年05月06日 07:00

熊本トップクラスの管理戸数、豊かなまちづくりに貢献するコスギ不動産

 『私の叔父が不動産売買を目的に小杉不動産を創業したのが、当社の始まりです。その後、当時熊本県警に勤めていた父が退職後に合流し、法人化をはたしました。同時に、売買中心...

2021年05月06日 07:00

【熊本】城下町の面影残す中心市街地、九州第3位・熊本市の今昔――(5)

 戦後、熊本市では戦災復興計画基本方針に基づいて、恒久的復興計画を策定した。これは、都市機能の向上や衛生面および都市美の増進など、近代都市としての形態を整えながら急速...

pagetop