• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月16日 17:17

中国経済新聞に学ぶ~中国の自動車市場が6カ月連続で成長

「北京国際モーターショー2020」が10日間の会期を終えて、10月5日に閉幕した。当初の予定より5カ月遅れての開催で、世界中の注目を集めた。中国自動車市場の回復により、世界の自動車産業の回復にも信頼感が得られた。

 今年に入ってから、ジュネーブ、北米、パリなどの国際モーターショーが相次いで中止になり、北京国際モーターショーは世界で唯一開催されたトップレベルのモーターショーとなり、以前にも増して大きな期待が集まった。

 フォルクスワーゲン(VW)、ベンツ、トヨタ、レクサス、ポルシェ、ベントレーなどの世界的ブランドに関係する責任者が相次いで述べたところによると、新型コロナウイルス感染症の影響を受けるなか、世界の自動車工業の産業チェーンとサプライチェーンは大きな打撃を受け、各国の自動車市場もそれぞれ異なる程度の影響を受けた。

 しかし中国の自動車市場は徐々に回復して、4月からはその減少幅が日を追って縮小し、6カ月連続で単月の生産・販売量のプラス成長を達成した。

 産業チェーンとサプライチェーンを維持し、自動車市場の回復を促進し、対外貿易を安定させていることも多くの自動車メーカーの見どころだ。

 注目される点は、今回の北京国際モーターショーでは世界初公開車が82台に上り、この数字は前回よりは少ないものの、実質的な価値が下がったわけではないことだ。慣例に照らせば、多国籍自動車メーカーが世界で新車種を発表する場合、自国で最初に発表するのが一般的であるが、今回の北京国際モーターショーは多くの多国籍メーカーが世界で初めて新車を発表するプラットフォームになった。

 それだけではない。北京国際モーターショーに登場した新車と新技術は、世界自動車工業の最先端とトレンドを十分に体現しており、産業全体が質の高い発展のタイミングを新たに迎えつつある。

 電気自動車を代表とする新エネルギー車だけでなく、車の未来を代表する自動運転をめぐって、VWは今年9月から、安徽省合肥市において総延長80kmの開放道路で自動運転のドライブテストを実施している。中国の自動車産業は勢いよく発展しており、北京モーターショーは中国の自動車市場の強靱さと活力を示した。

 開催期間中、主催者は「上海国際モーターショー」を来年2021年4月19~28日、「変化を抱擁せよ」という主題で開催すると発表した。

メイド・イン・チャイナのテスラ車 まもなく欧州市場へ

 米電気自動車(EV)大手のテスラは10月19日、このたび輸出する「Model3」のスタンダード航続距離モデルは、中国市場に供給する車種と同じモデルを維持し、輸出先にはドイツ、フランス、イタリア、スイスなど欧州の十数カ国が含まれることを明らかにした。

 テスラの上海ギガファクトリーの製造・運営ディレクターを務める宋鋼氏は、「現在、上海ギガファクトリーはModel3のための生産能力の向上をほぼ達成した。テスラは世界の工場から世界の消費者にサービスを提供したいと考えており、メイド・イン・チャイナのテスラ車の輸出は、テスラのグローバル展開における重要な一歩だ」と述べた。

 宋氏は、「将来、私たちは中国から輸出するテスラ製品が、中国で製造されただけでなく、さらに中国で設計され、中国で開発されたものになり、中国で高品質の先進的な製品を製造し、その恩恵を世界中の消費者におよぼしたいと考えている。

 テスラの中国設計・開発チームが拡大し充実し続けることにともなって、上海ギガファクトリーはこれからより多くの製品のオリジナル設計・開発業務を担い、中国の消費者のニーズにより合致した製品を製造することになるだろう」と述べた。

 欧州全体の自動車市場は非常に成熟しており、自動車製品に対してはこれまで一貫して極めて厳しい態度で臨んできた。自動車業界アナリストの張翔氏は、「このたびメイド・イン・チャイナのModel3が中国から欧州各国へ輸出されることは、中国が製造する新エネルギー車製品の品質が欧州市場に認められたということを意味する」と指摘した。


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

2020年11月25日 16:29

「日米関係はトランプ政権時よりも強固に」~ケネディ元駐日米国大使が「fabbit Conference全国大会2020」で講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は25日、第29代駐日米国大使・キャロライン・...

2020年11月25日 15:27

九州地銀の2021年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する (2)

   【表1】を見ていただきたい。九州地銀18行(含むFG・FH)の2021年3月期第2四半期(中間期/9月期)の(親会社株主に帰属する)中間純利益順位表である。 ...

pagetop