• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月19日 16:32

62%の鉄筋不足。マンション全体で7,000本以上の鉄筋不足!区分所有者が西鉄らを提訴~恐怖のマンション「パークサンリヤン大橋」(1)

 九州の私鉄の雄・西日本鉄道(以下「西鉄」)は、鉄道・バス事業、ホテル事業などの他、福岡都市圏などに分譲マンション「サンリヤン」シリーズを展開し、176棟計8,890戸(2020年4月1日時点)の供給実績を誇る。西鉄が分譲した福岡市南区のマンション「パークサンリヤン大橋」(01年3月竣工)において、違法で不適切な設計に起因する耐震強度不足と、柱の鉄筋不足(マンション全体で7,137本)が判明した。

区分所有者が提訴

 マンションの耐震強度不足や鉄筋不足を知らされずに購入した区分所有者の1人は、設計を行った福永博建築研究所、施工を行った西鉄建設、分譲を行った西鉄などを相手取って、11月19日、5,031万円を求める損害賠償請求を提訴した(原告代理人は小橋総合法律事務所・小橋弘房弁護士)。

 被告は、元請設計事務所の(株)福永博建築研究所および代表者で管理建築士の福永博(以下、敬称略)、構造設計を行った(有)松藤構造設計および代表者の松藤嗣寛、施工を行った西鉄建設(株)、分譲を行った西日本鉄道(株)の6者。

 訴状によれば、鉄骨鉄筋コンクリート造(以下、SRC造)である「パークサンリヤン大橋」の耐震壁方向には鉄骨が配置されていないので、構造計算(保有水平耐力計算)は鉄筋コンクリート造(以下、RC造)の係数を用いなければならないところ、不正なSRC造の係数を用いたため、耐震強度が不足する違法な状態となっている。

 また、建築基準法施行令に定められた RC造の柱に最低限必要な鉄筋量に対して62%もの鉄筋量不足となっている。

驚愕の鉄筋量不足

 このマンションの裁判に関して、今後詳細に報じていく。今回は驚愕の鉄筋量不足について報じたい。

 耐震壁方向に鉄骨が配置されていない柱においては、当然のことながら、柱の鉄筋量も鉄筋コンクリート造の基準を満たさなくてはならない。このマンションの柱符号2C4(2階)を例に挙げれば、柱断面が115cm×115cm、柱主筋が8-D25(鉄筋D25・1本の断面積:5.07cm2)となっている。

 建築基準法施行令第77条6項は「主筋の断面積の和は、コンクリートの断面積の0.8パーセント以上とすること」定めている。

 日本建築学会「鉄筋コンクリート構造計算基準」においては「コンクリート全断面積に対する主筋全断面積の割合は0.8%以上とする。ただし、コンクリートの断面積を必要以上に増大した場合にはこの値を減少させることができる」と定めている(緩和規定は一般的には0.5%以上と解される)。

本件マンション柱2C4のコンクリート断面積は
 115cm×115cm=13,225cm2、主筋断面積の和は 5.07cm2×8本=40.56cm2
 40.56cm2/13,225cm2=0.307% < 0.8%・・・NG
 0.307/0.8=0.38 ← 62%もの鉄筋不足!
となり、建築基準法施行令第77条6項に違反しており、緩和規定さえも大幅に下回っている。これは、法令違反・注意義務違反の不適切な設計である。

 この柱に本来必要な鉄筋量は105.8cm2であり、同じ鉄筋径(D25)とした場合の本数としては21本以上となるので、21本-8本=13本も不足している。このマンションは4棟(15階建て~12階建て)から構成されており、単純に不足する鉄筋本数に階ごとの柱本数と階数を乗じると、マンション全体で実に7,137本も鉄筋が不足していることになる。7千本以上の鉄筋が不足しているマンションに205世帯の住人が暮らしているのである。

 今回の提訴により、マンションの区分所有者は耐震強度・鉄筋量不足の事実を知ることになる。万が一、このマンションが倒壊するようなことがあれば、近隣の住民や前面道路の歩行者・自動車にも被害をもたらし、マンション区分所有者が加害者となってしまう可能性もある。驚愕の事実を知った区分所有者たちが西鉄に対し何らかの行動を起こす可能性も高く、今後の行方が注目される。

【桑野 健介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月18日 07:00

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(後)NEW!

 今市場にバブルがあるとすれば、それは債券である。今後、金利が上昇し、価格下落は避けられないであろう(国債は時価評価されないため、満期以前の評価損を計上する必要がなく...

2021年01月18日 07:00

コロナ禍でも日中の絆を再確認、2021年は人的交流の全面復活を(後)NEW!

 中国人、中国政府は日本に対して、平和的、友好的、協力的な日中関係を構築していきましょうという気持ちを共通して抱いています。私たちは人類の運命共同体であると提唱してい...

2021年01月17日 07:00

『脊振の自然に魅せられて』感謝状授与と活動紹介記事(後)

 昨年9月末から、ワンゲルOBが主体となり設置を開始した。最終設置に西日本新聞のS記者が同行。S記者はスニーカーでの登山であった...

2021年01月17日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(6)

 「気候正義とは、気候変動は人為的に引き起こされた国際的な人権問題であり、この不公正な事態を正して地球温暖化を防止しなければならないとする考え方です。「気候の公平性」...

2021年01月16日 15:15

中洲の灯は絶えない、必ず復活する(1)意外としぶとい

 中洲を専門とする不動産業者は14日にも顧客から17件の休業申し出の連絡を受けたようだ。しかし、暗い感じはまったくない。関係者は「経験こそが財産、数億円の価値をもつ力...

2021年01月16日 07:00

コロナ禍でも今後に向けた協力を促進、九州-ベトナム関係の全面的な発展を(後)

  コロナという逆風が吹き荒れるなか、ベトナムは九州との人的・経済交流を質的に発展させるために、IC・ICT商談会やベトナム人労働者の技能向上などに注力している。ヴー...

2021年01月16日 07:00

「人間の経済」を基軸に、環境問題を考察する!(5)

 「新聞、雑誌などで地球市民(グローバルシチズン)という言葉がよく躍っているのを、読者の皆さまもお気づきのことかと思います。私たちには、特定の国・地域に限られる権利と...

2021年01月15日 18:37

【福岡県に緊急事態宣言】(8)福岡県下の主な商業施設の営業時間変更(15日時点)

 福岡県への緊急事態宣言発令を受け、対象区域内の商業施設の営業時間の変更が続々と発表されている。現時点では休業ではなく、利用者への注意を促したうえでの営業時間短縮で対...

2021年01月15日 18:16

大和エネルギー、風力発電事業から糸島市を除外

  大和ハウスグループで再生可能エネルギー関連事業を手がける大和エネルギー(株)(大阪市)は14日、福岡県糸島市二丈と佐賀県唐津市七山の脊振山系西側で計画する大規模風...

2021年01月15日 18:13

次世代のデジタルバンク「みんなの銀行」、24時間スマホで口座開設が可能に~ふくおかフィナンシャルグループ

 (株)ふくおかフィナンシャルグループ(福岡市、柴戸隆成会長兼社長、以下、FFG)の子会社の(株)みんなの銀行(横田浩二頭取)は14日、インターネット専業銀行「みんな...

pagetop